ボブ・アンダーソン (フェンサー)

ボブ・アンダーソンRobert James Gilbert "Bob" Anderson1922年9月15日 - 2012年1月1日[1])は、 イングランドハンプシャーゴスポート生まれのフェンシング選手・西洋剣術ファイト・コレオグラファー

ボブ・アンダーソン
生誕 (1922-09-15) 1922年9月15日
イングランドハンプシャーゴスポート,
死没 2012年1月1日(2012-01-01)(89歳)
イングランドウェスト・サセックス
職業 フェンシング選手, ファイト・コレオグラファー

第二次世界大戦時にはイギリス海兵隊に入隊[1]。終戦後はフェンシング選手として、ヘルシンキオリンピック、1950年と1953年の世界選手権で英国代表チームに選ばれている[1]

引退後は剣を使った殺陣の演技指導をするファイト・コレオグラファーに転身した。

『スター・ウォーズ』シリーズの『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』と『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』で、剣劇の苦手なデヴィッド・プラウズに代わってダース・ベイダースタント、殺陣を演じた[1]。またエピソード5では端役としても出演している。

その他に007 ロシアより愛をこめてホビットロード・オブ・ザ・リングシリーズ暗黒の戦士 ハイランダーなどでスタントや剣技指導を担当している[2]

出典編集

  1. ^ a b c d ボブ・アンダーソンさん死去、剣闘シーンでダース・ベイダーのスタント - AFP
  2. ^ Sword Master F. Braun McAsh, in Russell, Maureen (1998). Highlander: The Complete Watcher's Guide. New York: Warner Books. p. 82. ISBN 0-446-67435-4. OCLC 38898097. 

資料編集

  • Reclaiming the Blade』 - 映画の剣劇指導を記録したドキュメンタリー。アンダーソンが指導する映像も含まれている。

関連項目編集