ロバート・レナード・「ボブ」ボーグル (Robert Lenard Bogle, 1934年1月16日 - 2009年6月14日) は、アメリカ合衆国出身のベーシストギタリストザ・ベンチャーズ結成時からのオリジナルメンバーだった。

ボブ・ボーグル
出生名 Robert Lenard Bogle
生誕 1934年1月16日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オクラホマ州ワグナー
死没 (2009-06-14) 2009年6月14日(75歳没)
ジャンル インストゥルメンタル
職業 ベーシスト
ギタリスト
担当楽器 エレクトリックベース
コーラス
共同作業者 ザ・ベンチャーズ
著名使用楽器
本文参照

略歴編集

1934年1月16日、オクラホマ州ワグナー出身。ザ・ベンチャーズ結成時のオリジナルメンバーである。当初はリードギターを担当していた。ある建設会社に勤務していた頃にたまたまドン・ウイルソンと出会い、音楽の話で盛り上がっていつしか2人でギターを演奏するようになり、1959年ベンチャーズの歴史が幕を開ける。やがてベンチャーズが2人のユニットからドラムホーウィー・ジョンソン、ベースにノーキー・エドワーズを迎え、バンドとして歩み始める。程なくノーキーがリードギターに、ボブがベースに交代し、ホーウィー・ジョンソンが交通事故に見舞われ止む無く脱退、メル・テイラーに交代するが、それ以降の輝かしい歴史はロックの歴史の一ページとなった。1993年には日本人女性と結婚し、愛用のギターには夫人のプリクラが貼られていたことも。長年患っていた腰痛の悪化によって2005年からツアーからは引退した状態(後任はボブ・スポルディングが参加。その後も他界するまでレコーディングには参加していた)になっていたが、2009年6月14日非ホジキンリンパ腫のため死去、同時に余命10年と宣告されながら12年間闘病していたことが明らかになった[1]

音楽性編集

元々ギタリストであっただけあり、彼が奏でるベースラインは独特の物である。ノーキー・エドワーズがベースを弾いていた"Walk Don't Run"の原曲では普通のウォーキングベースであるが、ボブの演奏はむしろ「リードベース」とも言える豪快でメロディアスなフレーズが次々飛び出す。特にライヴではその傾向が一層強くなり、ルート音だけではない経過音を盛り込んだランニングベースや、ベースで「テケテケテケ・・・」を弾いたり、チョーキングを加えるなどのアドリブを加えることで、豪快かつドライヴ感満点のフレーズを引き出す。晩年はチョーキングを絡めた速弾きのベースソロを"Wipe Out"で加えるなど、単に「ベース」の領域に留まることの無いユニークさを見せていた。彼曰く「他のベーシストをあまり聴かなかったしコピーもしなかった。本当に自己流」と語るように、後述のエピソードの通り必要に迫られてベースを担当するようになったために生まれた結果であり、それが彼ならではのベースの演奏スタイルとなっている。

リードギター・パートも数曲披露するが、こちらは極めてオーソドックスなプレイスタイルとなっている。愛器フェンダー・ジャズマスターのピックアップセレクター・スイッチは常にミドルポジションに設定し、トレモロアームを握った状態で弾くのが特徴である。そのため微妙な音程の揺らぎが生じるのだが、それが却って彼ならではの味となっている。またライヴでは"Caravan"のドラムソロで見せる、ドラマーがベースの弦を叩いて鳴らす「スティック・オン・ベース」が見せ場となっている。ドラムとベースの二人の呼吸が合わないと成立しないテクニックである。ドラムソロだけではつまらないから、もっとエキサイティングにしたい、とメル・テイラーとアイデアを出し合った末に出来たものだと生前のインタビューで語っている。

使用機材編集

  • フェンダー・ジャズマスター
  • フェンダー・ジャズベース
  • フェンダージャパン・ボブ・ボーグル・シグネチャー・モデル・ジャズベース
  • フェンダー・プレシジョンベース
  • モズライト・ベンチャーズモデル
  • カール・ヘフナー・ヴァイオリンベース
  • アリアAP・ボブ・ボーグル・シグネチャー・モデル・ベース
  • アリア・ベンチャーズモデル
  • ブギーボディーズ製プレシジョンベースタイプ
  • ピーヴィー・ベースアンプ
  • フェンダー・ベースマン
  • アンペグ・ベースアンプ

エピソード編集

  • ギターやベースの改造や修理は大抵自分で行ってしまうという。村下孝蔵は、ボブが真鍮のブロックから削りだしたジャズマスター用のブリッジサドルを贈られたが、村下本人は「勿体無くて使えない」と語っていた。1999年に村下が死去した際は、日本ツアー中であったがスケジュールを割いて通夜に参列した。
  • ロサンゼルスの老舗ライヴハウス"House Of Blues"で、ナンシー・シナトラジョニー・リヴァースが飛び入りでゲスト参加したライヴを行ったときのこと、たまたまグラミー賞のプレゼンターとしてロス入りしていたエアロスミスのメンバー全員が訪れ、ライヴ後楽屋に表敬訪問した際、ベースのトム・ハミルトンがボブの所に来て、「ボブさん、ベースを教えて下さい!」と言って来たという。ライヴでボブが弾いていた幾つかのフレーズを教えて欲しいと熱心に聴いてきたという。その後もエアロスミスとはライヴに招待するなどの交流が続いている。
  • ベースを演奏したのは何とベンチャーズのステージだったと語っていた。リハーサルの時にノーキー・エドワーズから「次のステージでリードギターをやるからベースを弾いてくれないか?」と頼まれ、渋々弾いたところ、リードギターよりも自由に弾くことが出来、更に上手く行ったため、ギタリストとしてのスタイルを既に確立していたノーキーとポジションチェンジしたということである。「これが意外と上手く行って、ベースを弾くのが楽しくなった。ベースは自分に自由を与えてくれた」と述懐している。その後もレコーディングやライヴではリードギターを披露していた。[2]
  • 過去のパンフレットなどのプロフィールにはオレゴン州ポートランド出身と誤って記載されているケースが多いが、ポートランドは彼が幼少期に転居した地であり、正式な出身地はオクラホマ州ワグナーである。彼自身インタビューでオクラホマ出身であることを明言している。
  • ミュージシャンを志していなかったら、映画俳優になりたかったらしい。
  • ファンからは「ボブさん」の愛称で親しまれた。
  • 生前、ベンチャーズがとある週刊誌の特集記事に掲載された時ボブは好きな日本の食べ物としてカレーライスと答えていた。「カレーなら一週間、いや毎日でもいいよ」と語っていたとのこと。

出典編集

  1. ^ “ボブ・ボーグル氏死去 ベンチャーズのメンバー”. CNN.co.jp. (2009年6月17日). http://www.cnn.co.jp/showbiz/CNN200906170006.html 2009年6月19日閲覧。 
  2. ^ シンコーミュージックムック「エレキギターブック・ザ・ベンチャーズ50周年記念号」の再録インタビューより