ボボ・ブラジルBobo Brazil、本名:Houston Harris1924年7月10日 - 1998年1月20日)は、アメリカ合衆国プロレスラーアーカンソー州リトルロック出身のアフリカ系アメリカ人[1]

ボボ・ブラジル
ボボ・ブラジルの画像
1972年
プロフィール
リングネーム ボボ・ブラジル
ブー・ブー・ブラジル
ヒューストン・ハリス
本名 ヒューストン・ハリス
ニックネーム 黒い魔神
身長 195cm
体重 127kg(全盛時)
誕生日 1924年7月10日
死亡日 (1998-01-20) 1998年1月20日(73歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
アーカンソー州の旗 アーカンソー州
プラスキ郡リトルロック[1]
トレーナー ジョー・サボルディ英語版
デビュー 1948年[2]
引退 1985年
テンプレートを表示

20世紀を代表する黒人プロレスラーの1人。アメリカではNWAの主要テリトリーをはじめ、WWWFWWANWFインディアナ版WWAなどの各団体で、絶対的なベビーフェイスとして活躍した[3]

人種差別が現在以上に激しかった時代において、貧しい階層の多かった黒人ファンの動員に貢献し、黒人レスラーの地位向上を果たした功績から、アメリカでは「プロレス界のジャッキー・ロビンソンJackie Robinson of sports-entertainment)」とも評された[4][5]

日本では「黒い魔神」と呼ばれて人気を博し、日本プロレス全日本プロレスに通算15回来日。力道山ジャイアント馬場と名勝負を展開した[6]

来歴 編集

少年期に父親を亡くし、家計を支えるための職を求めて、出生地である南部リトルロックを離れて北部の工業都市を転々とする[2]1942年頃、生涯の居住地となるミシガン州ベントンハーバーに移住し、鉄工所で働きながらYMCAのジムで体を鍛えた[2]。そこで邂逅したプロレスラーの "ジャンピング" ジョー・サボルディ英語版に素質を見込まれ、サボルディのトレーニングのもと、1948年3月29日、ミシガン地区のインディー団体でデビュー[2]

当初は本名のヒューストン・ハリスHouston Harris)として試合に出場していたが、1949年よりサボルディの発案で[7]ブー・ブー・ブラジルBoo Boo Brazil[4]と改名。南米からやってきた巨人(The South American Giant)というギミックでメジャーテリトリーに進出するが、1950年2月にシカゴにブッキングされた際、プログラムに "Bo Bo Brazil" と印字され、その誤表記が最終的にボボ・ブラジルBobo Brazil)のリングネームとして定着した[4][7]

1950年代 編集

1950年代初頭はモントリオールトロントなどカナダの主要テリトリーを転戦して、ウラデック・コワルスキーフレッド・アトキンスドン・レオ・ジョナサンスカイ・ハイ・リーなどと対戦。トロント地区のレジェンドとなるホイッパー・ビリー・ワトソンのパートナーにも起用された[8]

1953年より太平洋岸に進出。ロサンゼルス地区(後のWWA)では1954年ウイルバー・スナイダーサンダー・ザボーとタッグを組み、インターナショナルTVタッグ王座を再三獲得[9]1955年4月13日にはオリンピック・オーディトリアムにおいて、ルー・テーズNWA世界ヘビー級王座に挑戦した[7]サンフランシスコ地区ではエンリケ・トーレスをパートナーに、1956年7月13日にシャープ兄弟からNWA世界タッグ王座を奪取している[10]

1957年8月には日本プロレスに初来日(日本での活躍は後述)。その後も黒人レスラーのメインイベンターとして各地を転戦、1959年にはアップステート・ニューヨークオハイオ、トロントやナイアガラフォールズなど、アメリカとカナダの五大湖エリアを股に掛けてフリッツ・フォン・エリックと抗争を繰り広げた[11]

1960年代 編集

1961年1月28日、後の主戦場となる地元ミシガン州のデトロイトにて、ディック・ザ・ブルーザーを下してアメリカン・レスリング・アライアンス認定のUSヘビー級王座を獲得(同王座は1965年よりNWAの認定タイトルとなる)[12]

1962年8月18日、ニュージャージー州ニューアークにて、バディ・ロジャースの保持していたNWA世界ヘビー級王座に挑戦。試合には勝利したが、ロジャース側がブラジルの反則による負傷を訴えてタイトルの移動は無効となり、「黒人初のNWA世界ヘビー級王者」は実現しなかった[13]。しかし、ノースイースト地区の一部ではロジャースの訴えを退けてブラジルの戴冠を認め、後にブラジルは「USヘビー級王者」としてNWAより認定され[13]1963年より同地区で発足したWWWFでもタイトルは継承された[14]

WWWFには頻繁にゲスト参戦しており、1964年6月20日にはペンシルベニア州フィラデルフィアにおいて、ブルーノ・サンマルチノWWWF世界ヘビー級王座に挑戦、ベビーフェイスの人気スター同士のドリームマッチが行われている[15]ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンではファビュラス・カンガルーズアル・コステロ&ロイ・ヘファーナン)、ハンス・モーティアキラー・コワルスキーゴリラ・モンスーンジェリー・グラハムフレッド・ブラッシーワルドー・フォン・エリックビル・ワットビル・ミラーケンタッキー・ブッチャーなどのヒールと対戦[16]ドリー・ディクソンアート・トーマスアーニー・ラッドなど、後輩の黒人レスラーともタッグを組んだ[16]

NWA圏の各テリトリーにおいても、1965年7月3日にトーマスとの黒人コンビでデトロイト版の世界タッグ王座を獲得[17]。同年10月16日にはキンジ渋谷からサンフランシスコ版のUSヘビー級王座を奪取[18]。全米規模の人気スターだったため特定の地区に定着できず、いずれも戴冠期間は短かったものの、各地で主要タイトルを獲得した。

1966年9月2日、ロサンゼルスにてバディ・オースチンを破り、WWA世界ヘビー王座を獲得[19]。シングルの世界王者としてはベアキャット・ライトに次ぐ2人目のチャンピオンとなった[6]1968年1月12日に再びオースチンを下して2度目の戴冠を果たし、以降はロサンゼルス地区に一時定着して、ブラッシー、ジョン・トロスザ・コンビクトルーク・グラハムマッドドッグ・バションらを相手に防衛戦を行った[20]。しかし、同年10月1日にWWAはNWAの傘下団体となり、WWA世界ヘビー級王座はブラジルがジン・キニスキーのNWA世界ヘビー級王座に挑戦するために返上したという設定のもと、12月11日をもって封印された(キニスキーには12月18日に挑戦して引き分けている)[19]

なお、WWAがNWA傘下となった3日後の10月4日、ブラジルは後継タイトルとなるNWAアメリカス・ヘビー級王座を獲得したが、翌1969年2月21日にザ・シークに敗れて陥落[21]。以降、ロサンゼルス地区へのレギュラー参戦を終了している。同年8月からはカナダのマリタイム地区に参戦し、ザ・ストンパーと北米ヘビー級王座を争った[22][23]

1970年代 編集

 
ザ・シークとの流血の抗争劇は十数年間に渡って繰り広げられた。

1970年5月より、NWAのデトロイト地区を主戦場として活動。同年8月8日、ロード・レイトン英語版と組んでテキサス・アウトローズから世界タッグ王座を奪取[17]1971年5月29日には、ロサンゼルス時代から因縁の続くザ・シークを破り、フラッグシップ・タイトルのUSヘビー級王座を獲得する[12]。以降1976年にかけて、シークをはじめパンピロ・フィルポアブドーラ・ザ・ブッチャーを相手にUSヘビー級王座を巡る抗争を展開した[12]。タッグ戦線においてはガイ・ミッチェルトニー・マリノをパートナーに、ブッチャー&キラー・ブルックスクルト・フォン・ヘス&カール・フォン・ショッツなどのチームと世界タッグ王座を争った[17]

他地区へも精力的に参戦し、NWFではハンス・シュミットブル・カリージョニー・バレンタインらを挑戦者にデトロイト版USヘビー級王座の防衛戦を行い、シークやブッチャーとの抗争も再現した[24]。NWAの総本山だったセントルイスキール・オーディトリアムにも頻繁に出場しており、1973年から1975年にかけて、テリー・ファンクハーリー・レイスとも対戦[25][26]1974年3月15日にはジャック・ブリスコのNWA世界ヘビー級王座に挑戦し、60分時間切れ引き分けの戦績を残している[27]

WWWFへは、1970年代前半はフィラデルフィアやボルティモアでのハウス・ショーを中心に出場し、キング・イヤウケアバロン・シクルナスタン・スタージャックプロフェッサー・タナカジミー・バリアントジョージ・スティールブラックジャック・ランザスパイロス・アリオンなどと対戦。1976年には久々にマディソン・スクエア・ガーデンのリングに登場し、バグジー・マグロークラッシャー・ブラックウェルに勝利[28]1977年7月16日にはボルティモアのシビック・センターにおいて、スーパースター・ビリー・グラハムWWWFヘビー級王座に挑戦した[29]

1977年は、2月6日にトロントでシーク、7月7日にミッドアトランティックブラックジャック・マリガンを破り、各地区のUSヘビー級王座を獲得[30][31]。ミッドアトランティック版のUS王座(現在のWWE US王座)は、当時売り出し中だったリック・フレアーとも争った[31]。すでに全盛期は過ぎていたものの、アンドレ・ザ・ジャイアントなどと同様に大物フリーランサーの立場で各地の主要テリトリーに参戦し、1979年12月1日にはシカゴでニック・ボックウィンクルAWA世界ヘビー級王座に挑戦[32]。デトロイトにおけるシークとの抗争も、1979年まで十数年間に渡り継続させた[33]

1980年代 編集

1980年フロリダを主戦場に、ダスティ・ローデスバリー・ウインダムと共闘して、イワン・コロフニコライ・ボルコフドン・ムラコマサ斎藤ドリー・ファンク・ジュニア、テリー・ファンク、ディック・スレーターボビー・ジャガーズハンス・シュローダーバロン・フォン・ラシクなどと対戦。9月15日のウェストパームビーチでのハウス・ショーでは、ハーリー・レイスのNWA世界ヘビー級王座に挑戦した[34]

インディアナ州インディアナポリスを本拠地とするWWAではブルーザー・ブロディともテキサス・デスマッチで対戦[35]1981年7月24日にはジョニー・バリアントを破り、インディアナ版のWWA世界ヘビー級王座を獲得[36]。10月11日にブラックジャック・マリガンに奪取されるも、翌月にマリガンを下して奪回に成功[36]、現役最後のタイトル戴冠を果たした。1982年にセミリタイアしてからは、WWAやセントルイス・レスリング・クラブ、古巣のトロント地区などに単発出場した[3]

1984年5月から7月にかけては、ビンス・マクマホン・ジュニアの体制下で全米侵攻を開始したWWFに出場。ロッキー・ジョンソンS・D・ジョーンズと黒人ユニットを組み、ロディ・パイパーポール・オーンドーフデビッド・シュルツワイルド・サモアンズミスター・フジ&タイガー・チャン・リーなどと対戦[37]ビッグ・ジョン・スタッドグレッグ・バレンタインカウボーイ・ボブ・オートンディック・マードックとのシングルマッチも行われた[37]

1987年11月16日、WWFのニュージャージー州メドーランド大会におけるオールドタイマーズ・バトルロイヤルに参加[38]、これが公式での最後のリング出場となった[3]

晩年 編集

引退後は居住地のミシガン州ベントンハーバーにおいて "Bobo's Gril" と呼ばれるレストランを経営[1]する一方、黒人コミュニティのレジェンドとして講演やチャリティ活動を行っていた[39]1994年WWF殿堂に迎えられ、かつてのパートナーであり抗争相手でもあった黒人レスラーの後輩アーニー・ラッドがインダクターを務めた(翌1995年にラッドが殿堂入りした際は、ブラジルがラッドのインダクターを務めている)[4]

1998年1月14日、脳梗塞により入院したが、6日後の1月20日に死去[1]。73歳没。2013年にはNWA殿堂に迎えられた[40]

日本での活躍 編集

日本プロレス 編集

1957年8月、日本プロレスに初来日[41]。8月14日に東京都体育館で行われた力道山とのシングルマッチは「頭突き空手チョップ」として注目された。試合ではココバットの連打で力道山を大流血に追い込んだが、力道山のダメージが深刻であることを察知したブラジルは、これ以上の試合続行は危険と判断、リングを降りて控え室に戻り、試合放棄による判定負けを自ら選んだ[6][42]。当時のマスコミは、力道山の出血が止まらないため、血を見るのが嫌いなブラジルが戦意を喪失したなどと報じたが、この初参戦を最後に、力道山がブラジルを日本に招聘することはなかった[42]

1968年6月、WWA世界ヘビー級王者として、日本プロレスへの11年ぶりの再来日が実現(『ゴールデン・シリーズ』終盤戦への特別参加)[43]。来日第1戦となる6月25日、愛知県体育館において、ジャイアント馬場を破りインターナショナル・ヘビー級王座を獲得した[6][44]。シリーズ最終戦の6月27日、蔵前国技館において馬場に奪回されたが、力道山没後の日本プロレスのエースとして、強豪を相手に21回もの連続防衛記録を達成していた馬場にとっては、初の王座陥落となった[45]

以降も日本プロレスへの参戦を続け、1969年4月の3度目の来日時には『第11回ワールドリーグ戦』に出場[46]。外国陣営ではクリス・マルコフと同点の首位となり、5月16日の東京都体育館での優勝決定戦では、同じく日本陣営の同点首位だった馬場およびアントニオ猪木との4選手による決勝トーナメントが行われた(第1試合で馬場と引き分けとなり、第2試合でマルコフを破った猪木が優勝)[46]

馬場のインターナショナル・ヘビー級王座には、1970年2月2日に札幌中島スポーツセンター1972年1月6日に大阪府立体育館においても挑戦[45]。1972年12月、日本プロレスへの最後の来日となる『インター選手権シリーズ(インターナショナル・チャンピオンシップ・シリーズ)』への参戦時には、馬場の日本プロレス退団による返上で空位となっていた同王座を賭けて、12月1日に横浜文化体育館において大木金太郎と対戦[47]。「頭突き世界一決定戦」とも呼ばれたこの試合を制し、2度目の戴冠を果たした。12月4日に広島県立体育館で大木にタイトルを明け渡したものの、日本プロレスでインターナショナル・ヘビー級王座を2回獲得した外国人レスラーはブラジルだけである[6]

インターナショナル・タッグ王座にもパートナーを代えて度々挑んでおり、1970年1月5日には弟のハンク・ジェームスを従えて馬場&猪木のBI砲に、同年1月27日にはデール・ルイスと組んで同じくBI砲に、1972年6月8日にはボビー・ダンカンと組んで馬場&坂口征二東京タワーズに、同年12月2日と5日にはジン・キニスキーとの強力コンビで坂口&大木組に挑戦した[48]

全日本プロレス 編集

1973年2月27日、全日本プロレスに初参戦[49]。馬場の世界ヘビー級王座戴冠に向けての「王座争奪十番勝負」最後の相手として、日大講堂において馬場と対戦した(この試合に勝利した馬場は初代王者となり、タイトルは後にPWFの認定王座として「PWF世界ヘビー級王座」と改められた)[50]

その後も全日本プロレスに継続参戦し、1975年2月の来日時にはルーファス・ジョーンズと黒人コンビを結成[51]1976年9月9日には大阪府立体育館にて、ジャンボ鶴田の「試練の十番勝負」第5戦の相手を務めた[52]。日本プロレス崩壊後に馬場&鶴田が獲得したインターナショナル・タッグ王座には、1975年6月17日に弟のジェームス、1976年8月26日にタンク・パットン1977年10月21日にケン・パテラ、そして1978年10月25日と1979年9月13日にはアブドーラ・ザ・ブッチャーと組んで挑戦した[48]

1978年と1979年の来日時にはブッチャー軍団の客分的存在として参戦しており、北米の五大湖エリアで抗争を展開したブッチャーのパートナーとなって、花束を食いちぎるパフォーマンスを行うなどヒールに徹した[6]。最後の来日となった1979年の『ブラック・パワー・シリーズ』では、8月24日の帯広市大会にてカルロス・コロンと組み、グレート小鹿&大熊元司極道コンビが保持していたアジアタッグ王座にも挑戦している[53]。同シリーズでは、WWAで共闘していたミル・マスカラスとのタッグ対決や、日本プロレス以来の因縁のある大木との石頭コンビも実現した[53]

日本には日本プロレスに7回、全日本プロレスに8回参戦して、計15回の来日を果たしている(日本での最後の試合は前述の1979年9月13日、『ブラック・パワー・シリーズ』最終戦の大分市大会における、ブッチャーと組んでの馬場&鶴田とのインターナショナル・タッグ王座戦)。

1993年には、当時全日本プロレスが往年のレスラーを招聘して開催していたトークイベント "OLDIES BUT GOODIES" への来日が予定されていたが、体調不良のため実現しなかった[39]

得意技 編集

獲得タイトル 編集

日本プロレス
ワールドワイド・レスリング・アソシエーツ / NWAハリウッド・レスリング
NWAサンフランシスコ
NWAデトロイト
メープル・リーフ・レスリング
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
ワールド・レスリング・アソシエーション
  • WWA世界ヘビー級王座:2回[36]
イースタン・スポーツ・アソシエーション
  • ESA北米ヘビー級王座:1回[22]
NWAキャピトル・レスリング / WWWF / WWF
ナショナル・レスリング・アライアンス

追記 編集

参考文献 編集

  • 『週刊プロレスSPECIAL 日本プロレス事件史 Vol.6(ハンディ版)』ベースボール・マガジン社、2016年。ISBN 9784583109251 
  • 『週刊ゴング増刊 THE WRESTLER BEST 1000』日本スポーツ出版社、1996年。 
  • 『1945-1985 激動のスポーツ40年史 (6) プロレス 秘蔵写真で綴る激動史』ベースボール・マガジン社、1986年。 

脚注 編集

  1. ^ a b c d Ex-Pro Wrestler Bobo Brazil Dies”. Associated Press News (1998年1月24日). 2022年7月2日閲覧。
  2. ^ a b c d 『日本プロレス事件史 ハンディ版 Vol.6 』P126
  3. ^ a b c Bobo Brazil”. Wrestlingdata.com. 2022年7月1日閲覧。
  4. ^ a b c d e WWE Hall of Fame”. WWE.com. 2022年7月1日閲覧。
  5. ^ 『日本プロレス事件史 ハンディ版 Vol.6 』P127-128
  6. ^ a b c d e f g h i j k 『THE WRESTLER BEST 1000 』P14
  7. ^ a b c 『日本プロレス事件史 ハンディ版 Vol.6 』P127
  8. ^ The MLW matches fought by Bobo Brazil in 1952”. Wrestlingdata.com. 2022年7月1日閲覧。
  9. ^ a b NWA / WWA International Television Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2022年7月1日閲覧。
  10. ^ a b NWA World Tag Team Title [San Francisco 1950s]”. Wrestling-Titles.com. 2022年7月1日閲覧。
  11. ^ Bobo Brazil vs. Fritz Von Erich”. Wrestlingdata.com. 2022年7月1日閲覧。
  12. ^ a b c d NWA United States Heavyweight Title [Detroit]”. Wrestling-Titles.com. 2022年7月1日閲覧。
  13. ^ a b NWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2022年7月1日閲覧。
  14. ^ a b WWWF United States Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2022年7月1日閲覧。
  15. ^ WWWF at Philadelphia 1964/06/20”. Wrestlingdata.com. 2022年7月1日閲覧。
  16. ^ a b Madison Square Garden - The 60s”. The History of WWE. 2022年7月1日閲覧。
  17. ^ a b c d NWA World Tag Team Title [Detroit]”. Wrestling-titles.com. 2022年7月1日閲覧。
  18. ^ a b NWA United States Heavyweight Title [San Francisco]”. Wrestling-Titles.com. 2022年7月1日閲覧。
  19. ^ a b c WWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2022年7月1日閲覧。
  20. ^ The NWAHW matches fought by Bobo Brazil in 1968”. Wrestlingdata.com. 2022年7月1日閲覧。
  21. ^ a b NWA Americas Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2022年7月1日閲覧。
  22. ^ a b North American Heavyweight Title [Maritimes]”. Wrestling-Titles.com. 2022年7月1日閲覧。
  23. ^ The ESA matches fought by Bobo Brazil in 1969”. Wrestlingdata.com. 2022年7月4日閲覧。
  24. ^ The NWF matches fought by Bobo Brazil in 1972”. Wrestlingdata.com. 2022年7月1日閲覧。
  25. ^ The SLWC matches fought by Bobo Brazil in 1973”. Wrestlingdata.com. 2022年7月1日閲覧。
  26. ^ The SLWC matches fought by Bobo Brazil in 1975”. Wrestlingdata.com. 2022年7月1日閲覧。
  27. ^ Events Database: NWA St. Louis 1975/04/04”. Cagematch.net. 2022年7月2日閲覧。
  28. ^ The WWE matches fought by Bobo Brazil in 1976”. Wrestlingdata.com. 2022年7月1日閲覧。
  29. ^ Events Database: WWWF 1977/07/16”. Cagematch.net. 2022年7月2日閲覧。
  30. ^ a b NWA United States Heavyweight Title [Toronto]”. Wrestling-Titles.com. 2022年7月1日閲覧。
  31. ^ a b c NWA United States Heavyweight Title [Mid-Atlantic]”. Wrestling-Titles.com. 2022年7月1日閲覧。
  32. ^ Events Database: AWA 1979/12/01”. Cagematch.net. 2024年1月2日閲覧。
  33. ^ The BTW matches fought by Bobo Brazil in 1979”. Wrestlingdata.com. 2022年7月1日閲覧。
  34. ^ The CWF matches fought by Bobo Brazil in 1980”. Wrestlingdata.com. 2022年7月1日閲覧。
  35. ^ The WWA matches fought by Bobo Brazil in 1980”. Wrestlingdata.com. 2022年7月1日閲覧。
  36. ^ a b c WWA World Heavyweight Title [Indianapolis]”. Wrestling-Titles.com. 2022年7月1日閲覧。
  37. ^ a b The WWE matches fought by Bobo Brazil in 1984”. Wrestlingdata.com. 2022年7月1日閲覧。
  38. ^ Events Database: WWF House Show”. Cagematch.net. 2022年7月2日閲覧。
  39. ^ a b 『日本プロレス事件史 ハンディ版 Vol.6 』P135
  40. ^ a b NWA Hall of Fame”. Wrestling-Titles.com. 2022年7月1日閲覧。
  41. ^ JPWA 1957 International Competitions of the Fall”. Puroresu.com. 2022年7月4日閲覧。
  42. ^ a b 『日本プロレス事件史 ハンディ版 Vol.6 』P130
  43. ^ JPWA 1968 Golden Series”. Puroresu.com. 2022年7月3日閲覧。
  44. ^ a b NWA International Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2022年7月1日閲覧。
  45. ^ a b 『プロレス 秘蔵写真で綴る激動史』P153
  46. ^ a b JPWA 1969 The 11th Annual World League”. Puroresu.com. 2022年7月3日閲覧。
  47. ^ JPWA 1972 International Championship Series”. Puroresu.com. 2022年7月3日閲覧。
  48. ^ a b 『プロレス 秘蔵写真で綴る激動史』P154
  49. ^ AJPW 1973 Giant Series Total War”. Puroresu.com. 2022年7月3日閲覧。
  50. ^ PWF Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2022年7月3日閲覧。
  51. ^ AJPW 1975 Excite Series”. Puroresu.com. 2022年7月3日閲覧。
  52. ^ AJPW 1976 Black Power Series”. Puroresu.com. 2022年7月3日閲覧。
  53. ^ a b AJPW 1979 Black Power Series”. Puroresu.com. 2022年7月3日閲覧。
  54. ^ NWA Pacific Coast Heavyweight Title [Los Angeles]”. Wrestling-Titles.com. 2022年7月1日閲覧。
  55. ^ NWA Beat the Champ Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2022年7月1日閲覧。
  56. ^ NWA Canadian Open Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2022年7月1日閲覧。
  57. ^ NWA Florida Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2022年7月1日閲覧。
  58. ^ 『日本プロレス事件史 ハンディ版 Vol.6 』P129
  59. ^ Hank James”. Wrestlingdata.com. 2022年7月4日閲覧。
  60. ^ 『日本プロレス事件史 ハンディ版 Vol.6 』P134
  61. ^ 『日本プロレス事件史 ハンディ版 Vol.6 』P133

外部リンク 編集