メインメニューを開く

ボリス3世ブルガリア語: Борис III, ラテン文字転写: Boris III1894年1月30日 - 1943年8月28日[1])は、ブルガリアの国王(ツァール、在位:1918年10月3日 - 1943年8月28日)。父フェルディナンド1世の退位によって即位した。母はパルマ公ロベルト1世の長女マリア・ルイーザ

ボリス3世
Борис III
ブルガリア国王
BASA-3K-7-342-28-Boris III of Bulgaria.jpeg
ボリス3世(1929年)
在位 1918年10月3日1943年8月28日

全名 Борис Клемент Роберт Мария Пий Станислав
ボリス・クレメント・ロベルト・マリヤ・ピイ・スタニスラフ
Boris Klemens Robert Maria Pius Ludwig Stanislaus Xaver
ボリス・クレメンス・ローベルト・マリア・ピウス・スタニスラウス・クサーヴァー
出生 (1894-01-30) 1894年1月30日
Flag of Bulgaria.svg 大ブルガリア公国ソフィア
死去 (1943-08-28) 1943年8月28日(49歳没)
ブルガリアの旗 ブルガリア王国ソフィア
埋葬 ブルガリアの旗 ブルガリア王国リラリラ修道院
配偶者 イオアンナ・サヴォイスカ
子女 マリヤ・ルイザ
シメオン2世
王家 サクスコブルクゴツキ家
父親 フェルディナンド1世
母親 マリヤ・ルイザ・ブルボン=パルムスカ
宗教 キリスト教カトリック教会正教会
テンプレートを表示

生涯編集

 
ボリス3世とアドルフ・ヒトラー(1943年)

ブルガリア国王フェルディナンド1世の長男としてソフィアに生まれる。陸軍学校で教育を受け、第一次世界大戦に軍人として参加するが[1]、敗北に伴いフェルディナンド1世が退位したことから、1918年に24歳で即位した。

敗戦処理の中で農民運動や共産党の勢力が伸張し、これを排除するため1923年クーデターを決行。1934年にも再度クーデターを起こして全政党を解散、親ドイツ派軍人の支持を得て国王を頂点とする親政を確立した[1]

第二次世界大戦では中立を模索するが結局枢軸国側で参戦した。1943年ナチス・ドイツアドルフ・ヒトラーを訪問するが、その直後に急死。心臓発作とされているが、暗殺説もある[1]

王位は幼少のシメオン2世が継ぎ[1][2]、弟のキリルらが摂政となった。

家族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e ボリス3世(ボリスさんせい)とは”. コトバンク. 2019年2月8日閲覧。
  2. ^ 9歳で王位を追われた元国王、担がれて首相に ブルガリアの元君主、数奇な人生”. 朝日新聞GLOBE+. 朝日新聞 (2019年1月8日). 2019年2月8日閲覧。

関連項目編集