ボルツマン賞

熱力学や統計力学に関連する新しい成果を生み出した物理学者に授与される権威ある賞

ボルツマン賞(ボルツマンしょう、Boltzmann Award)は、熱力学統計力学に関連する新しい成果を生み出した物理学者に授与される権威ある賞である。統計力学の創始に貢献したことで有名な物理学者、ルートヴィヒ・ボルツマンにちなんで名付けられた。ボルツマン賞は3年に一度開かれる統計物理学国際会議において、国際純粋・応用物理学連合 (IUPAP, International Union of Pure and Applied Physics) の熱力学・統計物理学委員会によって授与される。

受賞は一人一回までであり、また既にノーベル賞を受賞している人は除外される[1]。ただしケネス・ウィルソンのように、ボルツマン賞受賞の後にノーベル賞を受賞することはある。

ボルツマン賞ではボルツマンメダル (Boltzmann Medal) が授与される。ボルツマンメダルは金メッキのメダルであり、その表にはボルツマンの肖像が刻まれている[2]

受賞者編集

参考文献編集

  1. ^ 森肇, ボルツマン賞について[1]
  2. ^ http://proj1.sinica.edu.tw/~statphys/links/IUPAP_C3/Boltz_Award/BA2004.html

外部リンク編集