ボルドール24時間耐久ロードレース

ボルドール24時間耐久ロードレースは毎年秋ごろにフランスポール・リカール・サーキットで開催されるFIM世界耐久選手権シリーズの一戦[1]。正式名称はボルドール(Bol d'or)のみであるが、日本では"24時間"などをつけるのが一般的である。

2005年のボルドール24時間

歴史編集

第1回は1922年に開催、当時はダートトラックを5100kmを走破するレースであった。その数年おきに開催地を変えて行われ、1971~1977年にはル・マンのサルテサーキットを使用していた。1978年にはル・マン24時間が別個に発足したため、それから1999年までポール・リカールに移った。2000年からマニクール・サーキットで開催されるようになり、2015年からは再びポールリカールに戻っている。

現在では世界耐久選手権シリーズの開幕戦として設定されル・マン24時間と並ぶビッグイベントになっている。

1953年以前はマシンごと一人のエントリーしか許されていないという過酷なものであった。

1938~1946年と1961~1968年の間は開催されなかった。

ボルドール(Bol d'or)はフランス語で「金杯」の意味である。

ホンダはこのレースの名をつけた「CB400スーパーボルドール」「CB1300スーパーボルドール」を発売している。

脚注編集

  1. ^ Claude Chevalier, Salmson. Histoire d'un nom, édition E.T.A.I.

外部リンク編集