ボルナ・チョリッチBorna Ćorić, クロアチア語発音:  [bôːrna t͡ɕǒːrit͡ɕ], 1996年11月14日 - ) は、クロアチアザグレブ出身の男子プロテニス選手。ATPランキング自己最高位はシングルス12位、ダブルス413位。これまでにATPツアーでシングルス3勝を挙げている。身長188cm。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

ボルナ・チョリッチ
Borna Ćorić
2022年全仏オープンでのボルナ・チョリッチ
基本情報
国籍 クロアチアの旗 クロアチア
出身地 同・ザグレブ
生年月日 (1996-11-14) 1996年11月14日(27歳)
身長 188cm
体重 75kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2014年
ツアー通算 3勝
シングルス 3勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 11,919,623 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2019)
全仏 3回戦(2015・16・18・19・23)
ウィンブルドン(英) 2回戦(2015)
全米 ベスト8(2020)
国別対抗戦最高成績
デビス杯 優勝(2018)
ホップマン杯 優勝(2023)
ATP杯 ラウンドロビン(2020)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 12位(2018年11月5日)
ダブルス 413位(2016年11月7日)
2024年4月19日現在

表記については、ボルナ・コリッチ等も見られる。

選手経歴 編集

ジュニア時代 編集

2013年全米オープンジュニア男子シングルス英語版決勝でタナシ・コキナキスを破り優勝。

大会 2012 2013
ジュニアグランドスラム
全豪オープン 2R SF
全仏オープン 1R SF
ウィンブルドン 2R QF
全米オープン 2R W
ジュニアグランドスラム決勝進出結果
結果 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 2013年 全米オープン ハード   タナシ・コキナキス 3–6, 6–3, 6–1

2014年 年間最優秀新人賞 編集

 
2014年年間最優秀新人賞受賞時のボルナ・チョリッチ

スイス・インドアにて1回戦で世界ランク13位のエルネスツ・グルビスに勝利。世界トップ20以内の選手に勝利したのは初。準々決勝にて世界ランク3位のラファエル・ナダルに6–2, 7–6(4)で勝利。2003年以降ナダルから勝利を上げた中ではもっとも若い選手となった[1]。10月27日初の世界ランク100位入り(93位)。11月、年間最優秀新人賞であるATP Star of Tomorrowを受賞。

2015年 トップ50入り 編集

2015年ドバイ・テニス選手権準々決勝にて世界ランク3位のアンディ・マリーに6–1, 6–3で勝利。同年の全仏オープンにてサム・クエリー、第18シードトミー・ロブレドに勝利しグランドスラム初の3回戦進出を果たした。

2016年 ツアー初の決勝進出 編集

 
2016年全仏オープンでのボルナ・チョリッチ

年始のチェンナイ・オープンでATPツアー初の決勝進出。10代での決勝進出は2008年の同郷の先輩マリン・チリッチ以来。決勝でスタン・ワウリンカに敗れ準優勝。 4月のハサン2世グランプリでは2度目の決勝進出。決勝でフェデリコ・デルボニスに2-6, 4-6で敗れ、初優勝はならず。 8月のシンシナティ・マスターズでは3回戦でラファエル・ナダルに6-1, 6-3で勝利し、マスターズ1000で初めてベスト8に進出する。準々決勝では同じクロアチアの先輩マリン・チリッチとの試合で第2セット開始時に棄権した。9月のデビスカップ準決勝後に膝の手術を受け、シーズンを終えた。

2017年 ツアー初優勝 編集

 
2017年ウィンブルドン選手権でのボルナ・チョリッチ

4月のハサン2世グランプリでは2年連続で決勝進出。決勝でフィリップ・コールシュライバーに5-7, 7-6(3), 7-5で勝利し、ツアー初優勝を果たす[2]全米オープンは2回戦で第4シードのアレクサンダー・ズベレフに3-6, 7-5, 7-6(1), 7-6(4)で勝利する。3回戦で第28シードのケビン・アンダーソンに4-6, 3-6, 2-6で敗れた。ネクストジェネレーション・ATPファイナルに出場し、ラウンドロビンを突破したが、準決勝で敗れた。

2018年 デビス杯初優勝 マスターズ準優勝 編集

 
2018年ウィンブルドン選手権でのボルナ・チョリッチ

カタール・エクソンモービル・オープンでは初戦で第2シードのパブロ・カレーニョ・ブスタを5-7 6-2 7-6で下すなどしてベスト8に進出。準々決勝でアンドレイ・ルブレフに敗退。全豪オープンでは1回戦でジョン・ミルマンに初戦敗退。ドバイ・テニス選手権では初戦で第5シードのリシャ―ル・ガスケを6-4 6-3で下すなど、ベスト8入りするも、準々決勝でロベルト・バウティスタ・アグートに敗れた。3月のBNPパリバ・オープンで4回戦で地元勢のテイラー・フリッツを6-2 6-7(8) 6-4で下し、準々決勝では第7シードのケビン・アンダーソンを2-6 6-4 7-6(3)で下し、ATPマスターズ1000初のベスト4入り。準決勝では世界ランキング1位のロジャー・フェデラーに善戦するも7-5, 4-6, 4-6で敗れた。マイアミ・オープンでは3回戦で地元の弟8シード、ジャック・ソックを下すなどしてベスト8入りし、アレクサンダー・ズベレフに4-6, 4-6で敗れた。

モンテカルロ・マスターズでは2回戦でノバク・ジョコビッチに敗退。マドリード・オープンでは初戦で地元の弟9シードパブロ・カレーニョ・ブスタを6-4 6-2で下すも、3回戦でドミニク・ティエムに敗退。BNLイタリア国際では1回戦のステファノス・チチパス戦で途中棄権。全仏オープンでは3回戦まで進出するも第11シードのディエゴ・シュワルツマンに5-7, 3-6, 3-6のストレートで敗れた。

6月のゲリー・ウェバー・オープンでは1回戦でアレクサンダー・ズベレフをストレートに勝利。決勝で芝の王者であるロジャー・フェデラーに7-6(6), 3-6, 6-2で勝利し、ATP500初優勝となるツアー2勝目を挙げる。迎えたウィンブルドン選手権では第16シードで出場するが、1回戦でダニール・メドベージェフに敗退。

ロジャーズ・カップではマリン・チリッチに、ウエスタン・アンド・サザン・オープンでは初戦でダニール・メドベデフを6-2 6-3で下すも、ニック・キリオスに2回戦でそれぞれ敗退。第20シードで出場した全米オープンでは3回戦でダニール・メドベデフを6-3 7-5 6-2で下し、グランドスラム初の4回戦進出。4回戦では第3シードのフアン・マルティン・デル・ポトロに4-6, 3-6, 1-6で圧倒された。

10月の上海マスターズでは初戦でスタン・ワウリンカを4-6 6-4 6-3で下し、3回戦ではファン・マルティン・デルポトロと対戦し第1セットを7-5で先取した後棄権により勝ち上がり、準決勝ではロジャー・フェデラーに勝利し、マスターズ1000で初の決勝進出を果たす[3]。決勝はノバク・ジョコビッチに3-6, 4-6で敗れて準優勝となった。年間最終ランキングは12位。パリ・マスターズでは初戦でダニール・メドベデフを6-4 6-4で下すも3回戦敗退。

デビスカップ2018決勝のフランス戦ではシングルス第1戦でジェレミー・シャルディーを6-2, 7-5, 6-4で下し、チームの優勝に貢献した[4][5]

2019年 グランドスラム4回戦進出 編集

 
2019年全仏オープンでのボルナ・チョリッチ

全豪オープンでは第11シードとして出場。3回戦でフィリップ・クライノビッチを破り、4回戦では第28シードのリュカ・プイユと対決したが、7-6(4), 4-6, 5-7, 6-7(2)で敗退した。

オープン13では1回戦でウゴ・アンベールに敗退。ドバイ・テニス選手権では2回戦でトマーシュ・ベルディヒを下すなどしてベスト4入りするも準決勝でロジャー・フェデラーに敗れた。BNPパリバ・オープンでは同胞の先輩のイボ・カロビッチに初戦敗退。モンテカルロ・マスターズでは初戦でフベルト・フルカチュを6-4 5-7 7-5で下すなどベスト8入りをし、準々決勝ではフェリックス・オジェ=アリアシムに敗れた。

マドリード・オープンでは1回戦でリュカ・プイユに連敗。BNLイタリア国際では初戦でフェリックス・オジェ=アリアシムを6-7(4) 6-3 6-4、2回戦でキャメロン・ノリーを6-2 6-2で下すも、3回戦でロジャー・フェデラーに敗れた。リベマオープンでは初戦でテイラー・フリッツを4-6 6-3 6-3で下すなどするも準決勝敗退。迎えた全仏オープンでは第13シードで出場して、1・2回戦を突破。3回戦ではヤン=レナード・ストルフと対決して、6-4, 1-6, 6-4, 6-7(1), 9-11のフルセットの熱戦の末に惜敗。

ロスマーレン・グラスコート選手権では準決勝でアドリアン・マナリノに敗退。ハレ・オープンではベスト8入りするも、背中を負傷したため、準々決勝を試合前に棄権。ウィンブルドン選手権も怪我のため欠場した。

地元のクロアチア・オープンで復帰するも初戦敗退。ロジャーズ・カップでは1回戦のペーター・ゴヨフチクを破るも、2回戦ではアドリアン・マナリノに敗れた。ウエスタン・アンド・サザン・オープンでは1回戦でライリー・オペルカに敗退。全米オープンでは第12シードで出場して1回戦を突破するも、怪我が悪化して2回戦のグリゴール・ディミトロフ戦を前に棄権した。

しかし、その後のサンクトペテルブルク・オープンでは準々決勝で第8シードのキャスパー・ルードを3-6 7-5 6-3で下すなどして決勝進出。ダニール・メドベージェフに敗れて、準優勝。珠海選手権ではベスト8入りするも、準々決勝でアレックス・デミノーに敗退。その後はジャパン・オープン上海マスターズエルステ・バンク・オープンパリ・マスターズの4大会で初戦連敗。シーズン終了。年間最終ランキングは28位。

2020年 全米ベスト8 編集

 
2020年全豪オープンでのボルナ・チョリッチ

ATPカップではクロアチア代表として出場し、グループステージでオーストリアドミニク・ティエムに打ち勝つも、ポーランドホベルト・ホルカシュアルゼンチンディエゴ・シュワルツマンに敗れ、クロアチア代表はラウンドロビン敗退。

全豪オープンでは第25シードとして出場するも1回戦でサム・クエリーに3-6, 4-6, 4-6のストレートで敗れた。アルゼンチン・オープンでも初戦敗退。リオ・オープンではベスト4入りをするも準決勝でクリスチャン・ガリンに敗れた。その後は新型コロナウイルス感染症の世界的流行により、ツアーが中断。

ツアー再開後のウエスタン・アンド・サザン・オープンでは2回戦でダビド・ゴファンに敗れたが、全米オープンでは第27シードとして出場し、3回戦で第4シードのステファノス・チチパスを6-7(2), 6-4, 4-6, 7-5, 7-6(4)のフルセットで破り、4回戦のジョーダン・トンプソン戦も7-5, 6-1, 6-3のストレートで勝利して、自身初のグランドスラムベスト8入りを果たした。準々決勝では第5シードのアレクサンダー・ズベレフに6-1, 6-7(5), 6-7(5), 6-3で敗退した。

BNLイタリア国際では2回戦でステファノ・トラヴァーリャに敗退。迎えた全仏オープンでは第24シードとして出場するも1回戦で敗戦を晒した。サンクトペテルブルク・オープンでは準決勝で第6シードのミロシュ・ラオニッチを1-6 6-1 6-4で下し今季初のATPツアー決勝進出。決勝ではアンドレイ・ルブレフに敗れた。エルステ・バンク・オープンでは初戦でテイラー・フリッツを6-4 6-4で下すも2回戦でノバク・ジョコビッチに敗れた。パリ・マスターズでは2回戦でジョーダン・トンプソンに敗れて、シーズン終了。年間最終ランキングは24位。

2021年 怪我に見舞われる 編集

メルボルンで開催されたマレー・リバー・オープンではベスト8入りするもダニエル・エバンスに敗れた。全豪オープンでは第22シードで出場。1回戦でギド・ペラをストレートで破るも、2回戦でマッケンジー・マクドナルドに敗戦。ABNアムロ世界テニス・トーナメントでは準々決勝で錦織圭を7-6(2) 7-6(4)で下しベスト4入りをするもマートン・フチョビッチに敗れた。その後は肘の怪我により、手術を受け、リハビリに専念することになり、シーズン終了。年間最終ランキングは73位。

2022年 マスターズ初優勝 編集

 
2022年モンテカルロ・マスターズでのボルナ・チョリッチ

昨年の怪我による故障が継続。全豪オープンを欠場。復帰に備えることになった。BNPパリバ・オープンではアレハンドロ・ダビドビッチ・フォキナに初戦敗退。マイアミ・オープンでは1回戦でフェルナンド・ベルダスコを破るも、2回戦でアレクサンダー・ズベレフに敗れた。

モンテカルロ・マスターズではヤニック・シナーに、マドリード・オープンではドゥシャン・ラヨビッチに、ローマ・マスターズではラスロ・ジェレにそれぞれ初戦敗退。全仏オープンでは1回戦を突破するも、2回戦で第18シードのグリゴール・ディミトロフに0-6, 4-6, 3-6のストレートで敗れた。

パルマ・チャレンジャーで優勝を果たす。ドイツ国際オープンではベスト8入り。ナショナル・バンク・オープンではマリン・チリッチに初戦敗退するも、ウエスタン・アンド・サザン・オープンでは2回戦で第2シードのラファエル・ナダルを7-6(9), 4-6, 6-3の熱戦で勝利。3回戦ではロベルト・バウティスタ・アグートを6-2, 6-3、準々決勝でフェリックス・オジェ=アリアシムを6-4, 6-4、準決勝でキャメロン・ノリーを6-3, 6-4で下して、2018年以来約4年ぶりにATPマスターズ1000で決勝進出。そして決勝ではステファノス・チチパスを7-6(0), 6-2のストレートで下してマスターズ1000初優勝を果たした。

全米オープンでは第25シードとして出場するも、2回戦でジェンソン・ブルックスビーに4-6, 6-7(10), 1-6のストレートで敗れた。楽天オープンではベスト8入り。準々決勝でデニス・シャポバロフに4-6, 3-6のストレートで敗れた。エルステ・バンク・オープンでは2回戦で第2シードのステファノス・チチパスを4-6 6-4 7-6(4)で下し、準々決勝では第5シードのフベルト・フルカチュを6-4 6-7(2) 7-6(5)で下しベスト4入り。準決勝でまたもシャポバロフに敗れた。パリ・マスターズではコランタン・ムーテ英語版に6-3, 3-6, 4-6のフルセットで敗れた。年間最終ランキングは26位。

2023年 マスターズベスト4 ツアー通算200勝 編集

1月、全豪オープンでは第21シードとして出場するも、1回戦ではイジー・レヘチカに3-6, 3-6, 3-6のストレートで初戦敗退。

2月、南フランス・オープンではベスト8進出。準々決勝ではマキシム・クレッシーに6-7(2), 4-6のストレートで敗退。

3月、ドバイ・テニス選手権ではベスト8進出。準々決勝ではダニール・メドベージェフに3-6, 2-6のストレートで敗れた。同月中旬、BNPパリバ・オープンではアレックス・モルチャン英語版に3-6, 3-6のストレートで初戦敗退。同月下旬、マイアミ・オープンではクリストファー・ユーバンクス英語版に6-3, 4-6, 2-6のフルセットで初戦敗退。

4月、モンテカルロ・マスターズではニコラス・ジャリーに2-6, 3-6のストレートで初戦敗退。

5月、マドリード・オープンでは2回戦でユーゴ・ガストンを6-3, 6-3、3回戦ではホベルト・ホルカシュを7-6(3), 6-3、4回戦ではアレハンドロ・ダビドビッチ・フォキナ6-7(5), 6-3, 7-6(5)、準々決勝ではダニエル・アルトマイアーに6-3, 6-3で下して、大会初のマスターズ1000ベスト4進出を果たす。準決勝で第1シードのカルロス・アルカラスに4-6, 3-6のストレートで敗れた。ローマ・マスターズではベスト8進出。準々決勝でステファノス・チチパスに3-6, 4-6のストレートで敗れた。全仏オープンでは第15シードもして出場し、1回戦ではフェデリコ・コリア英語版に7-6(3), 6-7(5), 6-3, 6-3、2回戦ではペドロ・カチーン英語版を6-3, 4-6, 4-6, 6-3, 6-4、3回戦では今大会3人目のアルゼンチン人であるトマス・マルティン・エチェベリー英語版に3-6, 6-7(5), 2-6のストレートで敗退。

主要大会決勝 編集

ATPマスターズ1000 編集

シングルス: 2 (優勝1回, 準優勝1回) 編集

結果 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 2018年   上海 ハード   ノバク・ジョコビッチ 3-6, 4-6
優勝 2022年   シンシナティ ハード   ステファノス・チチパス 7-6(7-0), 6-2

ATPツアー決勝進出結果 編集

シングルス: 9回 (3勝6敗) 編集

大会グレード
グランドスラム (0–0)
ATPファイナルズ (0–0)
ATPツアー・マスターズ1000 (1–1)
ATPツアー500 (1–1)
ATPツアー250 (1–4)
サーフェス別タイトル
ハード (1–5)
クレー (1–1)
芝 (1–0)
カーペット (0–0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2016年1月10日   チェンナイ ハード   スタン・ワウリンカ 3-6, 5-7
準優勝 2. 2016年4月10日   マラケシュ クレー   フェデリコ・デルボニス 2-6, 4-6
優勝 1. 2017年4月16日   マラケシュ クレー   フィリップ・コールシュライバー 5-7, 7-6(7-3), 7-5
優勝 2. 2018年6月24日   ハレ   ロジャー・フェデラー 7-6(8-6), 3-6, 6-2
準優勝 3. 2018年10月14日   上海 ハード   ノバク・ジョコビッチ 3-6, 4-6
準優勝 4. 2019年9月22日   サンクトペテルブルク ハード(室内)   ダニール・メドベージェフ 3-6, 1-6
準優勝 5. 2020年10月18日   サンクトペテルブルク ハード(室内)   アンドレイ・ルブレフ 6-7(5-7), 4-6
優勝 3. 2022年8月21日   シンシナティ ハード   ステファノス・チチパス 7-6(7-0), 6-2
準優勝 6. 2024年2月4日   モンペリエ ハード(室内)   アレクサンダー・ブブリク 7-5, 2-6, 3-6

成績 編集

略語の説明
 W   F  SF QF #R RR Q# LQ  A  Z# PO  G   S   B  NMS  P  NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加, Z#=デビスカップ/BJKカップ地域ゾーン, PO=デビスカップ/BJKカッププレーオフ, G=オリンピック金メダル, S=オリンピック銀メダル, B=オリンピック銅メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, P=開催延期, NH=開催なし.

グランドスラム 編集

大会 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021 2022 2023 2024 通算成績
全豪オープン A 1R 1R 1R 1R 4R 1R 2R A 1R 1R 4–9
全仏オープン A 3R 3R 2R 3R 3R 1R A 2R 3R 12–8
ウィンブルドン Q1 2R 1R 1R 1R A NH A A 1R 1–5
全米オープン 2R 1R 1R 3R 4R 2R QF A 2R 1R 12–9
勝–敗 0–1 3–4 2–4 3–4 5–4 6–3 4–3 1–1 2–2 2–4 0–1 29–31

※不戦敗は通算成績に含まない[6]

大会最高成績 編集

大会 成績
ATPファイナルズ Alt 2018
インディアンウェルズ SF 2018
マイアミ QF 2018, 2019
モンテカルロ QF 2019
マドリード SF 2023
ローマ 3R 2019
カナダ 2R 2016–2019
シンシナティ W 2022
上海 F 2018
パリ 3R 2018
オリンピック 1R 2016
デビスカップ W 2018
ATPカップ RR 2020
Next Gen ATPファイナルズ SF 2017

脚注 編集

外部リンク 編集

受賞
先代
  イジー・ベセリー
ATP年間最優秀新人賞(ATP Newcomer of the Year)
2014
次代
  アレクサンダー・ズベレフ