ボルボ・S60[1](エスろくじゅう)は、スウェーデンの自動車メーカーボルボ・カーズ[2]が製造・販売するセダンである。初代はワゴン車であるV70姉妹車。2代目はV60の姉妹車である。3代目は米国から輸出される初のボルボ車になる。

S60R

初代(2000-2009年)編集

ボルボ・S60(初代)
 
 
前期型
 
後期型
概要
製造国   ベルギー[3]
  タイ[3]
  マレーシア[3]
販売期間 2000年 - 2009年[4]
ボディ
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
駆動方式 FF / 4WD
パワートレイン
エンジン 2.4L 168馬力 直5
2.4L 197馬力 直5
2.4L 208馬力 直5
2.3L 247馬力 直5
2.5L 300馬力 直5
変速機 5速MT / 6速MT / 5速AT
車両寸法
全長 2001年-2005年: 4,581mm
2006年-2008年: 4,602mm
全幅 2001年-2005年: 1,813mm
2006年-2008年: 1,823mm
全高 1,433mm
系譜
先代 ボルボ・940セダン
テンプレートを表示
 
S60 R

2000年に発売。S40S80の中間に位置し、それまでのボルボに特徴的であった角張ったデザインではなく曲線を使用した流麗なデザインが特徴。

日本での販売編集

2001年1月19日、販売開始[6]。導入されるのは2434cc直列5気筒の「2.4」、2434cc直列5気筒ターボの「2.4T」、2319cc直列5気筒ハイプレッシャーターボの「T-5」の3種類。すべてのモデルに5速ATを組み合わせる。

2001年10月1日、特別仕様車「S60 T-5 スポーツリミテッド」を12月末日まで限定で発売[7]。「T-5」をベースにスポーツレザーシート、アルミニウムパネル、17インチアルミホイールなどを装備した。

2002年7月、エントリーモデル「S60」を追加設定し発売[8]

2002年11月1日、2.3L直列5気筒ハイプレッシャーターボエンジンを搭載する「T-5 Sport」を追加[9]。スポーティな演出の内外装や17インチ「Thor」(ソア)アルミホイールを装備する。また、オプションの「スポーツプラスパッケージ」を選択すると、BBS社製「Nebula」18インチホイールが装備される。

2003年5月22日、ハイパフォーマンスセダン「S60R」を200台限定で発売[10]。2001年の東京モーターショーに参考出品した「PCC」(パフォーマンスコンセプトカー)の市販モデルで、300psを発揮する2.5L直列5気筒エンジンに5速ATを組み合わせる。駆動方式はAWDで内外装も特別に変更されている。

2003年11月10日、150台限定の特別限定車「2.5T“Sport”Limited Edition」を同年11月15日から予約受付開始すると発表[11]。2.5L直列5気筒ライトプレッシャーターボエンジン(209ps、32.6kgm)を搭載する「2.5T“Sport”」をベースに、「ボルボカーコーポレーション(VCC)」企画のボディキットや専用17インチアルミホイールなどを装着する。

2004年9月29日、改良モデルを発表[12]。フロントグリルやバンパー、ヘッドライトのデザインを一新したほか、「T-5 Sport」では排気量2.3Lから2.4Lへ変更された[13]

2004年11月1日、高性能セダン「S60R」2005年限定モデルを2005年3月31日まで限定で発売[14]。リアエンドに新デザインを採用したほか、ボディ同色モールディングやR専用アルミホイールが装備される。

2005年3月2日、200台の特別限定車「2.4スポーツエディション」を発売[15]。「2.4」をベースに専用ボディキットとスポーツサスペンションを装備している。

2005年11月18日、2006年モデルを発売[16]。グレードは「S60」、「S60 2.4」、「S60 2.5T」、「S60 AWD」、「S60 T-5」の5種類。バンパーやサイドモールをボディ同色とし、15インチアルミホイールを標準装備とした。

2006年2月10日、特別仕様車「Selection」を発売[17]

2006年8月19日、一部改良[18]。新デザインのフロントグリルやフロントバンパー、フロントスポイラーを採用したほか、「R」モデルに日本初採用となる「BLIS」(ブラインド・スポット・インフォーメーション・システム)を搭載した。

2008年8月20日、2009年モデルを発売[19]。上級の装備が施される新たなグレード「Classic」が設定された。

2代目(2010-2018年)編集

ボルボ・S60(2代目)
 
2代目 前期
 
2代目 Rデザイン 前期
 
2代目 Rデザイン 後期
概要
製造国   ベルギー  中国
販売期間 2010年 -
ボディ
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
駆動方式 FF / AWD
パワートレイン
エンジン

1.5L 152馬力 直4
1.6L 180馬力 直4
2.0L 245馬力 直4
2.0L 306馬力 直4

3.0L 305馬力 直6
変速機 6速DCT / 6速AT / 8速AT
車両寸法
ホイールベース 2,776mm
全長 4,628mm
全幅 1,865mm
全高 1,484mm
テンプレートを表示

2008年11月24日、S60コンセプトの写真を公開[20]。実車は2009年1月11日から開催されるデトロイトモーターショーで初公開される[21]

2009年11月10日、2代目となる「S60」が初公開された[22]。市販モデルは、2010年3月のジュネーヴモーターショーで発表[23]2010年5月17日に生産を開始した。日本では、2011年3月5日に発売を開始。

先代と同様に、曲線を使用した流麗なデザインが特徴。プラットフォームはボルボ・Y20プラットフォーム(フォード・EUCDプラットフォーム)を使用。なお後に登場するステーションワゴン版のV60は2代目とコンポーネンツの大半を共用している。

2012年6月16日、コンセプトカー「S60ポールスター」を初公開した[24]ポールスターがチューニングを施したコンセプトカーで、3.0L直列6気筒ガソリンターボ「T6」が最高出力508ps、最大トルク58.6kgmを発揮する。トランスミッションは6速MT、駆動方式は4WD、0‐100km/h加速は3.9秒を達成する。

2013年11月21日、広州モーターショーにて「S60L」を初公開した[25]。「S60」をベースに80mmホイールベースを延長したモデルである。

2014年4月20日、北京モーターショーにて「S60L PPHEV」を初公開[26]。「PPHEV」はペトロール・プラグイン・ハイブリッド・エレクトリック・ビークルの略で「S60L」をベースにしたプラグインハイブリッド車となる。

2015年1月12日、デトロイトモーターショーにて「S60クロスカントリー」が初公開された[27]。「S60」をベースに車高を65mmアップしたほか、樹脂製のフェンダーエクステンションを追加した。

2015年4月20日、上海モーターショーにて「S60L T6 ツインエンジン」が初公開される[28]。「S60L」をベースにしたプラグインハイブリッド車で蓄電容量11.2kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載する。

 
T6-Rデザイン前期型
 
T6 AWD R-Design 後期型

日本での販売編集

2010年12月、ティーザーサイトをオープン[29]

2011年1月27日、2代目「S60」を同年3月5日に発売すると発表[30]。グレードは1.6L直列4気筒ターボエンジンを搭載する「DRIVe」、3.0L直列6気筒ターボユニットを搭載する「T6 AWD SE」、「T6 AWD R-DESIGN」をラインナップする。トランスミッションはすべて6速ATで、駆動方式は1.6LモデルがFF、3.0Lモデルが4WDである。安全装備では衝突被害軽減ブレーキ「シティセーフティ」を標準装備。また時速35km以下のとき、歩行者や前方走行車両との衝突を回避する「ヒューマン・セーフティ」も選択できる。

2011年7月15日、2012年モデルを発売[31]。燃費性能が改善された。

2011年11月9日、100台の特別限定車「Sports」を発売。シャシーをダイナミックシャシーに変更し、18インチアルミホイールやトランクスポイラーが装備される[32]

2012年2月21日、100台の特別限定車「T4 R-DESIGN」を発売[33]。「DRIVe」をベースに専用フロントバンパーやリアディフューザー、デュアルスポーツテールパイプ、5本スポーク「ダイヤモンドカット」18インチホイールを装備。フロントにはストラットタワーバーを追加しボディ剛性を高め、リアサスペンションにはモノチューブダンパーを採用している。

2012年5月15日、300台の特別限定車「T4 R-DESIGN」を発売[34]

2012年8月17日、2013年モデルを発売[35]。燃費性能を向上させたほか、装備を充実させた。

2012年11月5日、T6エンジン(3.0L直列6気筒直噴ターボ、型式B6304T)の能力を向上させる専用エンジン・プログラム「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」を発売[36]

2012年11月27日、「T4」に40台の特別仕様車「スカンジナビアン・リミテッド」を設定し発売[37]

2013年8月27日、大幅改良された2014年モデルを発売[38]。ワイドなフロントグリルやバンパーのLEDポジションランプ、新形状のボンネットなどを採用しデザインを一新した。またリアバンパーのボディー同色部分を拡大。「T6 AWD」には新デザインのトランクスポイラーを採用した。

2013年10月25日、スポーティーグレード「T4 R-DESIGN」「T6 AWD R-DESIGN」を発売[39]。専用デザインのフロントグリル、バンパー、アルミホイールなどを装備する。

2014年2月20日、一部改良[40]。「T5 SE」「T5 R-DESIGN」に新開発の2.0L直列4気筒直噴ガソリンターボエンジンと8速ATを採用したほか、電動パワーステアリングを採用し燃費性能を向上させた。また、「LKA」と縦列駐車支援機能「パークアシスト・パイロット」を選択できる。

2014年5月1日、ポールスター社がチューニングした30台限定の特別仕様車「S60ポールスター(Polestar)」の受注を開始[41]。「T6 AWD R-DESIGN」をベースに3.0L直列6気筒ターボエンジンを、ボルグワーナー製のツインスクロールターボやインタークーラー、専用コンピューターなどでチューンし、最高出力350ps、最大トルク51.0kgmを発揮。6速ATを組み合わせ、0-100km/h加速4.9秒、最高速度は250km/h(リミッター制限)。

2014年5月23日、特別仕様車「Luxury Edition」を設定し発売。「T4 SE」をベースに「ヒューマンセーフティー」などの装備を充実させた[42]

2014年8月19日、特別仕様車「T4 R-DESIGN PLUS」を発売した[43]。「T4 R-DESIGN」をベースに安全機能が標準装備されている。

2014年10月1日、一部改良[44]。これまでオプション設定だった装備にリアビューカメラを加えた全10種類の安全装備・運転支援機能を「IntelliSafe10」として標準装備した。

2015年4月8日、特別仕様車「ラグジュアリーエディション」を設定[45]

2015年6月1日、ポールスター社がチューニングした10台限定の特別仕様車「S60ポールスター」の予約受注を開始[46]。2014年には日本に30台導入され、今回は10台導入される。

2015年7月23日、2.0L直列4気筒ディーゼルターボエンジン「D4」搭載モデルの導入を発表[47]。同日に販売を開始した。アイシンAW(現:アイシン)製の8速ATを組み合わせ、「D4 SE」「D4 R-DESIGN」の2グレードを展開する。

2015年12月28日、ディーゼル車「D4 SE」の価格を2016年1月1日より変更すると発表[48]

2016年2月1日、新しいエンジンを搭載したモデルを発売[49]。スーパーチャージャー付き2.0L直列4気筒直噴ターボエンジンを搭載する「T6 AWD R-DESIGN」が追加された。また、1.5L直列4気筒直噴ターボエンジンを搭載する「T3 SE」も設定された。

2016年8月10日、特別仕様車「D4 Dynamic Edition」の販売を開始[50]

2017年8月22日、一部仕様を変更し発売[51]。「Tack」、「Classic」グレードが追加設定された。

2017年10月27日、ポールスター社がチューニングした特別仕様車「S60ポールスター」の2018年モデルを20台限定で発売開始[52]。フロントスポイラー下部、サイドシル下部、ドアミラーカバー、トランクスポイラーエクステンション部にカーボンファイバーのパーツを装備。また、専用のフロントスカッフプレートには、1から1500までのシリアルナンバーが刻まれる。

3代目(2019年- )編集

ボルボ・S60(3代目)
 
フロント
 
リア
概要
製造国   アメリカ合衆国
販売期間 2019年–
ボディ
クラス コンパクトエグゼクティブカー
乗車定員 5名
ボディタイプ セダン
駆動方式 FF/AWD
プラットフォーム ボルボ・SPA
パワートレイン
エンジン
  • ガソリン:
  • 2.0L 水冷直列4気筒
  • (340PS-421PS)
  • ハイブリッドエンジン:
  • 2.0L 水冷直列4気筒
  • (530PS)
変速機
  • 8速AT Aisin TG-81SC
  • 8速AT Aisin TG-81SD
車両寸法
ホイールベース 2,872mm
全長 4,761mm
全幅 1,850mm
全高 1,431mm
テンプレートを表示

2018年6月20日、8年ぶりにフルモデルチェンジされた新型S60を発表した[53]。プラットフォームは「SPA」(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャ)を採用。エクステリアはクーペルックでないノッチバックの基本フォルムを採用[54]。先代に比べ全長が延びた一方、全幅、全高が縮小され、伸びやかなスタイリングを実現した。インテリアはV60と共通のスカンジナビアンデザインが採用されている。

3代目となるS60は米国サウスカロライナ州チャールストンの新工場で量産を開始する。

直列4気筒ガソリン・エンジンとPHEV(プラグインハイブリッド)搭載モデルのみでディーゼル・エンジンの設定はない。

2022年10月、イギリスで販売不振により、販売停止した[55]

日本での販売編集

2019年11月5日に発表[56]。「V60」同様全幅を1850mmに抑え、日本で扱いやすいサイズとなっている。導入されるグレードは2.0L4気筒直噴ターボガソリンエンジンを搭載し、最高出力190psを発揮する「T4 Momentum」、最高出力254psを発揮する「T5 Inscription」。PHEVモデルは「T6 Twin Engine AWD Inscription」が導入され、最高出力253psを発揮する2.0L4気筒直噴ターボスーパーチャージャーガソリンエンジンをフロントに、240Nmのトルクを発生させる電気モーターをリアに配置している。

2019年11月5日、PHEVモデルの特別限定車「T8 Polestar Engineered」を30台限定で発売[57]。ポールスターのチューニングによって2.0L4気筒直噴ターボスーパーチャージャーガソリンエンジンの出力を333PS(245kW)に引き上げている。エクステリアは「R-Design」をもとに専用の前後バンパーやフロントグリルなどを装備する。

ギャラリー編集

エンジン編集

ガソリンエンジン
モデル 形式 年式 最高出力(rpm) 最大トルク(rpm) 総排気量 備考
T5 B4204T26 2019– 250 kW (340 PS) 5500 350 N⋅m (36 kg⋅m) 1800–4800 1969cc 水冷直列4気筒ターボチャージエンジン
T6 B4204T29 2019– 310 kW (421 PS) 5700 400 N⋅m (41 kg⋅m) 2200–5100 1969cc 水冷直列4気筒ターボチャージエンジン
ハイブリッドエンジン
モデル 形式 年式 最高出力(rpm) 最大トルク(rpm) 総排気量 備考
  • T8 Twin Engine AWD
B4204T34 2019– 390 kW (530 PS) 6000 640 N⋅m (65 kg⋅m) 2200–4800 1969cc 水冷直列4気筒ターボチャージエンジン

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ Volvo Cars S60(海外公式サイト)
  2. ^ Volvo Cars (海外公式サイト)
  3. ^ a b c http://www.volvocars.com/intl/corporation/FactsandFigures/Pages/default.aspx
  4. ^ “Volvo S60 ceases production in Ghent”. Autoblog. (2009年4月10日). http://www.autoblog.com/2009/04/10/volvo-s60-ceases-production-in-ghent/ 
  5. ^ ボルボ S60、ファイナルモデルがラインオフ”. Response. (2009年4月6日). 2020年8月30日閲覧。
  6. ^ ボルボ「S60」発売”. web CG (2001年1月22日). 2020年8月30日閲覧。
  7. ^ ボルボから、2台の特別限定車”. web CG (2001年10月3日). 2020年8月30日閲覧。
  8. ^ ボルボ「S60」にエントリーモデル”. web CG (2002年7月5日). 2020年8月30日閲覧。
  9. ^ ボルボ、「S60」「S80」などの2003年モデルを発売”. web CG (2002年11月1日). 2020年8月30日閲覧。
  10. ^ ボルボ史上最強の「Rシリーズ」限定発売”. web CG (2003年5月22日). 2020年8月30日閲覧。
  11. ^ ボルボ「S60」の特別仕様車を限定発売”. web CG (2003年11月11日). 2020年8月30日閲覧。
  12. ^ ボルボ、“もっとも充実した”2005年モデルを発表”. web CG (2004年10月12日). 2020年8月30日閲覧。
  13. ^ 【バーミンガムモーターショー04】ボルボS60がバージョンアップ”. Response. (2004年5月26日). 2020年8月30日閲覧。
  14. ^ ボルボ Rシリーズの2005年モデルを発表”. Response. (2004年10月27日). 2020年8月30日閲覧。
  15. ^ スポーティ仕様の「ボルボS60」、限定200台”. web CG (2005年3月4日). 2020年8月30日閲覧。
  16. ^ ボルボ S60 の2006年モデルを日本発売”. Response. (2005年11月18日). 2020年8月30日閲覧。
  17. ^ ボルボ「V70」「S60」に価格抑えた特別仕様車”. web CG (2006年1月23日). 2020年8月30日閲覧。
  18. ^ 最新版「ボルボS60」発売、ちょっとお化粧直し”. web CG (2006年8月16日). 2020年8月30日閲覧。
  19. ^ ボルボ S60 の09年モデル、「クラシック」を設定”. Response. (2008年8月19日). 2020年8月30日閲覧。
  20. ^ 【デトロイトモーターショー09】ボルボ S60 新型の予告コンセプトカー”. Response. (2008年11月25日). 2020年8月30日閲覧。
  21. ^ このドアで市販されるか?「ボルボS60コンセプト」を出展【デトロイトショー09】”. web CG (2009年1月6日). 2020年8月30日閲覧。
  22. ^ ボルボ S60 新型、スタイリング初公開…スポーティ&ダイナミック”. Response. (2009年11月10日). 2020年8月30日閲覧。
  23. ^ 【ジュネーブモーターショー10ライブラリー】ボルボ S60 新型”. Response. (2010年3月16日). 2020年8月30日閲覧。
  24. ^ ボルボ S60に高性能版、ポールスター…508psターボ搭載”. Response. (2012年6月18日). 2020年8月30日閲覧。
  25. ^ 【広州モーターショー13】ボルボ S60 に中国専用の「S60L」…ホイールベースを80mm延長”. 2020年8月30日閲覧。
  26. ^ 【北京モーターショー14】ボルボ S60L、中国専用ロング車に PHV 設定”. Response. (2014年4月17日). 2020年8月30日閲覧。
  27. ^ 【デトロイトモーターショー15】ボルボ S60 に「クロスカントリー」…セダンでSUV展開の理由”. Response. (2015年1月16日). 2020年8月30日閲覧。
  28. ^ 【上海モーターショー15】ボルボ S60L に「ツインエンジン」…中国専用ロングにPHV”. Response. (2015年4月16日). 2020年8月30日閲覧。
  29. ^ ボルボ S60 新型、ティーザーサイトで「大胆な実験」を公開”. Response. (2010年12月7日). 2020年8月30日閲覧。
  30. ^ “流麗で安全”新型「ボルボS60」が日本上陸”. web CG (2011年1月27日). 2020年8月30日閲覧。
  31. ^ ボルボ、「S60」「V60」の2012年モデルを発売”. web CG (2011年7月15日). 2020年8月30日閲覧。
  32. ^ ボルボS60/V60/V50にスポーティーな特別限定車”. web CG (2011年11月10日). 2020年8月30日閲覧。
  33. ^ ボルボ S60 特別限定車…1.6リットルターボにRデザイン登場”. Response. (2012年2月21日). 2020年8月30日閲覧。
  34. ^ ボルボ、スポーティーなV60/S60を限定発売”. web CG (2012年5月15日). 2020年8月30日閲覧。
  35. ^ ボルボの2013年モデル、装備を改め発売”. web CG (2012年8月17日). 2020年8月30日閲覧。
  36. ^ ボルボ、直6ターボのチューニング・キット発売”. web CG (2012年11月5日). 2020年8月29日閲覧。
  37. ^ 「ボルボS60/V60」に充実装備の特別仕様車”. web CG (2012年11月27日). 2020年8月30日閲覧。
  38. ^ 外観一新、ボルボが2014年モデルを一斉発売”. web CG (2013年8月27日). 2020年8月30日閲覧。
  39. ^ 新ボルボS60/V60/XC60にスポーティーグレード”. web CG (2013年10月25日). 2020年8月30日閲覧。
  40. ^ ボルボ「S60」「V60」「XC60」に新エンジン採用”. web CG (2014年2月21日). 2020年8月30日閲覧。
  41. ^ “走りのボルボ”「S60/V60ポールスター」発売”. web CG (2014年5月1日). 2020年8月30日閲覧。
  42. ^ ボルボ「S60」と「V60」に装備充実の特別仕様車”. web CG (2014年5月23日). 2020年8月30日閲覧。
  43. ^ ボルボS60/V60に安全機能満載の特別仕様車”. web CG (2014年8月19日). 2020年8月30日閲覧。
  44. ^ ボルボが「S60/V60/XC60」の安全装備を強化”. web CG (2014年10月2日). 2020年8月30日閲覧。
  45. ^ ボルボ、60シリーズ に特別仕様…価格はほぼ据え置きで装備充実”. Response. (2015年4月9日). 2020年8月30日閲覧。
  46. ^ ボルボ、S60/V60ポールスターを限定販売”. web CG (2015年6月2日). 2020年8月30日閲覧。
  47. ^ ボルボ、主要5車種にディーゼル車を追加”. web CG (2015年7月23日). 2020年8月30日閲覧。
  48. ^ ボルボ、一部ディーゼル車の価格を変更”. web CG (2015年12月28日). 2020年8月30日閲覧。
  49. ^ ボルボS60/V60/XC60に新エンジン搭載モデル”. web CG (2016年2月1日). 2020年8月30日閲覧。
  50. ^ “特別仕様車「Volvo S60 / V60 D4 Dynamic Edition」を発売” (プレスリリース), Volvo Car Japan, (2016年7月26日), https://www.vcj-press.jp/pressrelease/20160726 2020年8月30日閲覧。 
  51. ^ ボルボの「60シリーズ」に装備充実の新グレード登場”. web CG (2017年8月22日). 2020年8月30日閲覧。
  52. ^ 最後の「ボルボS60/V60ポールスター」限定発売”. web CG (2017年10月27日). 2020年8月30日閲覧。
  53. ^ ボルボ S60 新型を発表、8年ぶりにモデルチェンジ…PHV設定”. Response. (2018年6月21日). 2020年8月30日閲覧。
  54. ^ ボルボS60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】”. web CG (2019年11月7日). 2020年8月30日閲覧。
  55. ^ DIGITAL, AUTOCAR (2022年10月29日). “セダン売れ行き低迷? ボルボS60 英国から一時撤退、再導入の目処は” (日本語). AUTOCAR JAPAN. 2022年10月30日閲覧。
  56. ^ “ミッドサイズセダン、S60をフルモデルチェンジ” (プレスリリース), Volvo Car Japan, (2019年11月5日), https://www.vcj-press.jp/pressrelease/20191105 2020年8月30日閲覧。 
  57. ^ 新型「ボルボS60」に「T8ポールスターエンジニアード」登場 30台限定の高性能モデル”. web CG (2019年11月5日). 2020年8月30日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集