メインメニューを開く
ボレスワフ・シャベルスキ

ボレスワフ・シャベルスキBolesław Szabelski, 1896年12月3日1979年8月27日 カトヴィツェ)はポーランド作曲家・音楽教師。

ワルシャワカロル・シマノフスキに師事し、1929年から1939年までカトヴィツェ音楽大学でオルガンと作曲を指導する[1]1950年代初頭に「新ポーランド楽派」に対して著しい影響力を持ち、ヘンリク・グレツキズジスワフ・ショスタクらを輩出した。生涯を通じて、初期の新古典主義から後期の音列技法へと作風の変遷を見せた [2]。5つの交響曲に加えて、ピアノ曲やオルガン曲、合唱曲を遺している。作品はきわめて様式化されており、「特別な個性は見られないが良く書けた職人的な作品である」[3]と評されている。

主要作品一覧
完成年 作品名 編成
1938年トッカータ管弦楽
1946年シンフォニエッタ管弦楽と打楽器
1951年交響曲第3番管弦楽
1957年交響曲第4番管弦楽
1962年「9つの」箴言Aforyzmy "9" 9楽器
1964年管弦楽のための協奏曲Koncert管弦楽
1968年交響曲合唱、オルガン、管弦楽
1976年コペルニクスMikołaj Kopernikソプラノ独唱、合唱、管弦楽
1976年Kantata Reduta合唱と管弦楽

編集

  1. ^ Thomas, Adrian. "Gorecki (Oxford Studies of Composers)", Clarendon Press, 24 April 1997. ISBN 0-1981-6394-0
  2. ^ Steinberg, Michael. "The Symphony: A Listener's Guide". New York: Oxford University Press, 1998 p. 172
  3. ^ Henahan, Donal. "CONCERT: WARSAW ORCHESTRA". New York Times, November 17, 1983. Retrieved on 21 January, 2007.

外部リンク編集