ボレ国際空港

エチオピア連邦民主共和国の首都・アディスアベバ南東・ボレにある国際空港

ボレ国際空港(ボレこくさいくうこう、アムハラ語: አዲስ አበባ ቦሌ ዓለም አቀፍ አውሮፕላን ማረፊያ 英語: Bole International Airport)は、エチオピア連邦民主共和国の首都・アディスアベバ南東の近郊の町・ボレにある国際空港である。かつてはエチオピアの皇帝ハイレ・セラシエ1世にちなんで「ハイレ・セラシエ1世国際空港」とも呼ばれていた。

ボレ国際空港
አዲስ አበባ ቦሌ ዓለም አቀፍ አውሮፕላን ማረፊያ
Bole International Airport
Addis Abeba Airport b.7.jpg
IATA: ADD - ICAO: HAAB
概要
国・地域 エチオピアの旗 エチオピア連邦民主共和国
所在地 アディスアベバ/ボレ
種類 公共
運営者 政府
標高 2,334 m (7,656 ft)
座標 北緯8度58分40秒 東経38度47分57秒 / 北緯8.97778度 東経38.79917度 / 8.97778; 38.79917座標: 北緯8度58分40秒 東経38度47分57秒 / 北緯8.97778度 東経38.79917度 / 8.97778; 38.79917
地図
ボレ国際空港の位置
ボレ国際空港の位置
ADD/HAAB
ボレ国際空港の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
07R/25L 3,800×45 アスファルト
07L/25R 3,700×45 アスファルト
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

この空港はエチオピア航空の本拠地であり、世界各国へ接続している。また、ルフトハンザドイツ航空ケニア航空ターキッシュ エアラインズエミレーツ航空などが就航している。2003年には新・国際線ターミナルが開業し、3,800mの滑走路も完成した。2019年には中国の援助[1]で拡張された新・ターミナルが開業した。

ターミナル1は、主にアフリカ内路線・国内線。ターミナル2(新ターミナル)は、主にアフリカ外への国際線。いずれもエチオピア航空のクラウド9(ビジネスクラス)空港ラウンジがある(ネット完備・軽食あり・シャワーなし)。

就航航空会社と就航都市編集

国際線編集

航空会社就航地
  エチオピア航空 東アフリカ: アスマラ国際空港アスマラ)、ジブチ国際空港ジブチ)、アデン・アッデ国際空港モガディシュ)、ハルゲイサ国際空港ハルゲイサ)、ガローウェ空港ガローウェ)、ジュバ空港ジュバ)、ジョモ・ケニヤッタ国際空港ナイロビ)、モイ国際空港モンバサ)、ジュリウス・ニエレレ国際空港ダルエスサラーム)、キリマンジャロ国際空港アルーシャ)、アビード・アマニ・カルーム国際空港ザンジバル)、エンテベ国際空港エンテベ)、キガリ国際空港キガリ)、ブジュンブラ国際空港ブジュンブラ)、リロングウェ国際空港リロングウェ)、チレカ国際空港ブランタイヤ)、マプト国際空港マプト)、ベイラ国際空港ベイラ)、ルサカ国際空港ルサカ)、ンドラ空港ンドラ)、ハラレ国際空港ハラレ)、ヴィクトリアフォールズ空港ヴィクトリアフォールズ)、セーシェル国際空港マヘ島)、プリンス・サイード・イブラヒーム国際空港モロニ)、イヴァト空港アンタナナリボ)、ファシネ空港ノシ・ベ)、サー・シウサガル・ラングーラム国際空港ポートルイス
北アフリカ: カイロ国際空港カイロ)、ハルツーム国際空港ハルツーム
中部アフリカ: ンジャメナ国際空港ンジャメナ)、ドゥアラ国際空港ドゥアラ)、ヤウンデ・ンシマレン国際空港ヤウンデ)、マラボ国際空港マラボ)、リーブルヴィル国際空港リーブルヴィル)、マヤマヤ空港ブラザヴィル)、ポワントノワール空港ポワントノワール)、ヌジリ国際空港キンシャサ)、ルブンバシ国際空港ルブンバシ)、ゴマ国際空港ゴマ)、クアトロ・デ・フェベレイロ空港ルアンダ
西アフリカ: ディオリ・アマニ国際空港ニアメ)、ワガドゥグー空港ワガドゥグー)、バマコ・セヌー国際空港バマコ)、ブレーズ・ジャーニュ国際空港ダカール)、コナクリ国際空港コナクリ)、フェリックス・ウフェ=ボワニ国際空港アビジャン)、コトカ国際空港アクラ)、ロメ空港ロメ)、カジェフォウン空港コトヌー)、ンナムディ・アジキウェ国際空港アブジャ)、ムルタラ・モハンマド国際空港ラゴス)、マラム・アミヌ・カノ国際空港カノ)、ポートハーコート国際空港ポートハーコート
南部アフリカ: ウィンドフック・ホセア・クタコ国際空港ウィントフック)、セレツェカーマ国際空港ハボローネ)、O・R・タンボ国際空港ヨハネスブルグ)、ケープタウン国際空港ケープタウン

中東: キング・ハーリド国際空港リヤド)、キング・アブドゥルアズィーズ国際空港ジェッダ)、プリンス・モハンマド・ビン・アブドゥルアズィーズ国際空港マディーナ)、キング・ファハド国際空港ダンマーム)、ドバイ国際空港ドバイ)、ハマド国際空港ドーハ)、バーレーン国際空港マナーマ)、クウェート国際空港クウェート)、マスカット国際空港マスカット)、ベン・グリオン国際空港テルアビブ)、ラフィク・ハリリ国際空港ベイルート
北アジア: 成田国際空港千葉県)、仁川国際空港仁川広域市)、香港国際空港香港) 、北京首都国際空港北京市)、上海浦東国際空港上海)、広州白雲国際空港広州市)、成都双流国際空港成都
東南アジア: ニノイ・アキノ国際空港マニラ)、スワンナプーム国際空港バンコク)、シンガポール・チャンギ国際空港シンガポール)、クアラルンプール国際空港クアラルンプール)、スカルノ・ハッタ国際空港ジャカルタ
南アジア:インディラ・ガンディー国際空港デリー)、チャットラパティー・シヴァージー国際空港ムンバイ)、ケンペゴウダ国際空港バンガロール
ヨーロッパ: ロンドン・ヒースロー空港ロンドン)、マンチェスター空港マンチェスター)、ダブリン国際空港ダブリン)、ストックホルム・アーランダ空港ストックホルム)、オスロ空港オスロ)、ブリュッセル空港ブリュッセル)、パリ=シャルル・ド・ゴール空港パリ)、マルセイユ・プロヴァンス空港マルセイユ)、フランクフルト空港フランクフルト)、フィウミチーノ空港ローマ)、ミラノ・マルペンサ空港ミラノ)、アテネ国際空港アテネ)(2019年12月14日より就航予定)、ウィーン国際空港ウィーン)、ジュネーヴ空港ジュネーヴ)、アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港マドリード)、ドモジェドヴォ空港モスクワ)、イスタンブール空港イスタンブール
北アメリカ: ジョン・F・ケネディ国際空港ニューヨーク)、ニューアーク・リバティー国際空港ニューアーク)、ワシントン・ダレス国際空港ワシントンD.C.)、ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港ヒューストン)(2019年12月17日より就航予定)[2]オヘア国際空港シカゴ)、トロント・ピアソン国際空港トロント
南アメリカ: グアルーリョス国際空港サンパウロ)、エセイサ国際空港ブエノスアイレス)(サンパウロ経由)

  フレックスフライト ジブチ国際空港(ジブチ)
  ケニア航空 ジョモ・ケニヤッタ国際空港(ナイロビ)
  バダール航空 ハルツーム国際空港(ハルツーム)
  エジプト航空 カイロ国際空港(カイロ)
  サウディア キング・ハーリド国際空港(リヤド)、キング・アブドゥルアズィーズ国際空港(ジェッダ)
  エミレーツ航空 ドバイ国際空港(ドバイ)
  フライドバイ ドバイ国際空港(ドバイ)
  カタール航空 ハマド国際空港(ドーハ)
  ガルフエア バーレーン国際空港(マナーマ)
  ターキッシュ エアラインズ イスタンブール空港(イスタンブール)
  ルフトハンザドイツ航空
運航は  ルフトハンザ・シティーライン
フランクフルト空港(フランクフルト)

国内線編集

航空会社就航地
  エチオピア航空 アルバミンチ空港アルバミンチ)、アソサ空港アソサ)、アクスム空港アクスム)、バハルダール空港バハルダール)、ベイカ空港ベイカ)、コムボルチャ空港コムボルチャ)、デムビドロ空港デムビドロ)、アバ・テナ・デジャズマッチ・イルマ国際空港ディレ・ダワ)、ガンベラ空港ガンベラ)、ゴデ空港ゴデ)、ゴール空港ゴール)、ジジガ空港ジジガ)、アバ・セグド空港ジンマ)、バコ空港ジンカ)、ケブリ・デハル空港ケブリ・デハル)、ラリベラ空港ラリベラ)、アルラ・アバ・ネガ空港メケレ)、メケイン・セラム空港メケイン・セラム)、ミザン・テフェリ空港ミザン・テフェリ空港)、シラボ空港シラボ)、ティッピ空港ティッピ空港

事故編集

  • エチオピア航空302便墜落事故 - ボレ国際空港を離陸してから6分後、空港から南東62kmの地点に墜落した。この事故で乗員乗客157人全員が死亡した他、墜落原因が使用機材のボーイング737MAX8にある疑いが強まったため、事故から1週間以内に全世界でボーイング737MAXの運行停止措置が取られることになった。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “Chinese Funded Ethiopian Airlines Mega Airport Opens For Passengers”. Simple Flying. Simple Flying. (2019年2月4日). https://simpleflying.com/chinese-funded-ethiopian-airlines-mega-airport-opens-for-passengers/ 2019年4月20日閲覧。 
  2. ^ “エチオピア航空、冬にロメ経由のアディスアベバ/ヒューストン線を開設”. https://flyteam.jp/airline_route/iah_add/news/article/115220 2019年11月2日閲覧。