ボンゴ

直接打奏太鼓

ボンゴbongosbongo drums)は、深さが同じで口径の異なる大小2つの片面太鼓をつなぎ合わせた打楽器膜鳴楽器)である。

ボンゴ

概要編集

元来キューバ民族楽器ラテン音楽に重用されているが、同じくキューバの民族楽器であるコンガティンバレスなどと同様に、現在では多くのポピュラー音楽でそのサウンドを確認することができる。

大小2つの太鼓は、口径の小さい方がマッチョmachoスペイン語男性の意)、大きい方がエンブラhembra、スペイン語で女性の意)と呼ばれる。 演奏者や演奏されるジャンルにもよるが、マッチョはエンブラに比べて非常に高音にチューニングされることが一般的である。

英語ではボンゴ全体をbongosやbongo drumsと複数形で示し、マッチョはsmall bongo、エンブラはlarge bongoと単数で示す。

奏法編集

伝統的な演奏スタイルは椅子に座りエンブラを利き手側に股に挟んで素手で演奏する。座奏立奏ともにスタンドを用いて演奏することも出来る。コンガドラムセットなど他の楽器に組み込んでの演奏も一般的である。 また、素手では無くスティック()を用いての演奏もしばしば行われる。スティックを用いると、素手で演奏するときと異なる音色を得ることができる。

コンガと同様に頑丈であるためシェルをスティックで叩いて音を出すこともできる。

サルサプレーヤーがボンゴを床に落として演奏できるように強化された鋼鉄のベアリングエッジやポリアミド繊維を使い鉄より強度を上げたボンゴもLP(Latin Percussion / ラテンパーカッション)英語版社によって作られている。

なお、サルサなどのラテン音楽では、ボンゴ奏者は曲の盛り上がりによりカンパナ(campana)と呼ばれるカウベルに持ち替えてリズムを牽引することもある[1]

材質編集

伝統的なボンゴは木製の胴(シェル)に皮のヘッドが張られている。初期のボンゴはヘッドが胴に直接固定されておりピッチ調整をする場合はSternoなどの固形燃料ストーブで熱して行っていたが、ピッチをラグとナットで調整できるようになり、ナットをレンチで回転させるだけでピッチ調整が出来る。入門機種では初期のボンゴと同じように調整要素が無い[2]。また、ラグではなく通常のドラムと同じテンションを用い、胴も直線の物をソナー社(Sonor)が製作している。この場合、レンチではなくドラムのチューニングキーでピッチを調整する。

LP社は自社の木製ボンゴである「LP Galaxy Giovanni シリーズ・ウッドボンゴ」を「最高の木製ボンゴです」としている[3]。皮製のヘッドで上位機種の物は「選別された生皮成形のヘッド」と区別している。

ヘッドの材質は皮以外にもプラスチック製の物もあり、LP社やエヴァンズ、レモなどから販売されている。 ファイバーグラスを使った胴もある。さらにLP社はケブラー(ポリアミド繊維)の胴を製造しており「地元のクラブや最大のアリーナやスタジアムでのプレーの厳しさに耐えるための最大の強度と耐久性を提供します」としている。また「鉄の2倍の強度を持たせています」ともしている。

有名な奏者編集

ボンゴを製造しているメーカー編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 途中でボンゴからカンパナに持ち替えを行う
  2. ^ レモのプレチューンドボンゴなど。[1]
  3. ^ 輸入元のモリダイラ楽器の説明。[2]