メインメニューを開く
ボンドガール

ボンドガール(Bond Girl)は、『007シリーズ』の映画小説、ゲームソフトに登場する女性キャラクターの総称。

目次

概要編集

ボンドガールの明確な定義はないが、作中の役どころとしてはジェームズ・ボンドの敵役のガールフレンドや敵国の女性スパイなど、ボンドと対立する立場からプレイボーイのボンドの手練にかかって寝返るパターンが多い。他には、MI6から派遣されたボンドの助手や同一の敵を追う別の諜報機関の女性エージェントでボンドに手を貸したりボンドを出し抜いたりしながら最後はボンドとよろしくやる仲になる、あるいはボンドと闘って死亡する悪役というものである。マネーペニーはボンドが恋愛感情を持っていないため、ボンドガールとは定義されていない。

シリーズの初期は女性を性的対象と捉えたり、ボンドに使い捨てにされるような設定で女性蔑視との声もあったが、女性が社会進出する時代の流れ[1]と共に、自立して闘うボンドガール像が創られるようになった。

演じる女優は1990年代までは大半が国際的には無名の女優やモデルが起用された。これは知名度や演技力よりもイメージカラーのない、印象に残る美しい女性を起用する方針が採られていた。そのため多くの場合、観客の気を引くようなグラマラスな女優が起用され、007作品出演後は伸び悩むのがジンクスとなっていた。その一方、近年ではソフィー・マルソーハル・ベリーミシェル・ヨーなど大物女優も積極的に出演している。脇役扱いでも美貌から注目されることも多く、出演することは女優にとって大きな名誉とされている。

歴代ボンドガール編集

イオン・プロ作品編集

作品名 (公開年) 役名 女優
007 ドクター・ノオ (1962) ハニーチャイル(ハニー)・ライダー   ウルスラ・アンドレス
シルビア・トレンチ   ユーニス・ゲイソン
ミス・タロー   ゼナ・マーシャル
007 ロシアより愛をこめて (1963) タチアナ・ロマノヴァ   ダニエラ・ビアンキ
シルビア・トレンチ   ユーニス・ゲイソン[2]
ヴィーダ   アリジャ・ガー
ゾラ   マルティーヌ・ベズウィック
007 ゴールドフィンガー (1964) プッシー・ガロア   オナー・ブラックマン
ジル・マスタートン   シャーリー・イートン
ティリー・マスターソン   タニア・マレット
ディンク   マーガレット・ノーラン
007 サンダーボール作戦 (1965) ドミニク(ドミノ)・ドゥルヴァル   クローディーヌ・オージェ
フィオーナ・ヴォルペ   ルチアナ・パルッツィ
ポーラ・キャプラン   マルティーヌ・ベズウィック[3]
パトリシア・フィアリング   モリー・ピーターズ
007は二度死ぬ (1967) アキ   若林映子
キッシー鈴木   浜美枝
リン   ツァイ・チン[4]
ヘルガ・ブラント   カリン・ドール
女王陛下の007 (1969) トレイシー(テレサ)・ディ・ヴィンチェンゾ   ダイアナ・リグ
ルビー・バートレット   アンジェラ・スコーラー
007 ダイヤモンドは永遠に (1971) ティファニー・ケイス   ジル・セント・ジョン
プレンティ・オトゥール   ラナ・ウッド
マリー   ドゥニーズ・ペリエ
007 死ぬのは奴らだ (1973) ソリテア   ジェーン・シーモア
ロージー・カルヴァー   グロリア・ヘンドリー
ミス・カルゾー   マリデン・スミス
007 黄金銃を持つ男 (1974) メアリー・グッドナイト   ブリット・エクランド
アンドレア・アンダース   モード・アダムス
チューミー フランソワーズ・テリー
007 私を愛したスパイ (1977) アーニャ・アマソーヴァ(エージェントXXX)   バーバラ・バック
ナオミ   キャロライン・マンロー
フェリカ オルガ・ビセラ
007 ムーンレイカー (1979) Dr.ホリー・グッドヘッド   ロイス・チャイルズ
コリン・デュフォー   コリンヌ・クレリー
マニュエラ   エミリー・ボルトン
007 ユア・アイズ・オンリー (1981) メリナ・ハヴロック   キャロル・ブーケ
ビビ・ダール   リン=ホリー・ジョンソン
リスル伯爵夫人   カサンドラ・ハリス
007 オクトパシー (1983) オクトパシー   モード・アダムス[5]
マグダ   クリスティナ・ウェイボーン
ビアンカ ティナ・ハドソン
007 美しき獲物たち (1985) ステイシー・サットン   タニア・ロバーツ
メイデイ   グレイス・ジョーンズ
キンバレー・ジョーンズ メアリー・スタヴィン
ポーラ・イワノワ   フィオナ・フラートン
007 リビング・デイライツ (1987) カーラ・ミロヴィ   マリアム・ダボ
リンダ ケル・タイラー
007 消されたライセンス (1989) パム・ブーヴィエ   キャリー・ローウェル
ルペ・ラモーラ   タリサ・ソト
007 ゴールデンアイ (1995) ナターリャ・シモノーヴァ   イザベラ・スコルプコ
ゼニア・オナトップ   ファムケ・ヤンセン
キャロリーヌ   セレナ・ゴードン
007 トゥモロー・ネバー・ダイ (1997) ウェイ・リン   ミシェール・ヨー
パリス・カーヴァー   テリー・ハッチャー
インガ・バーグストーム セシル・トムセン
007 ワールド・イズ・ノット・イナフ (1999) エレクトラ・キング   ソフィー・マルソー
クリスマス・ジョーンズ   デニス・リチャーズ
モリー・ワームフラッシュ博士   セレナ・スコット・トーマス
007 ダイ・アナザー・デイ (2002) ジンクス   ハル・ベリー
ミランダ・フロスト   ロザムンド・パイク
ピースル・ファウンテイン・オブ・デザイヤー   レイチェル・グラント
007 カジノ・ロワイヤル (2006) ヴェスパー・リンド   エヴァ・グリーン
ソランジュ   カテリーナ・ムリーノ
007 慰めの報酬 (2008) カミーユ   オルガ・キュリレンコ
ストロベリー・フィールズ   ジェマ・アータートン
007 スカイフォール (2012) セヴリン   ベレニス・マーロウ
M   ジュディ・デンチ
007 スペクター (2015) ルチア   モニカ・ベルッチ
マドレーヌ・スワン   レア・セドゥ

番外編編集

作品名 (公開年) 役名 女優
カジノ・ロワイヤル (1954) テレビ版 ヴァレリー・マティス   リンダ・クリスチャン
007 カジノロワイヤル (1967) ヴェスパー・リンド   ウルスラ・アンドレス
マタ・ボンド   ジョアンナ・ペティット
"The Detainer"   ダリア・ラヴィ
ミミ   デボラ・カー
ミス・グッドシング   ジャクリーン・ビセット
ネバーセイ・ネバーアゲイン (1983) ドミノ・ペタッチ   キム・ベイシンガー
ファティマ・ブラッシュ   バーバラ・カレラ
幸いと栄光を -ロンドンオリンピック開会式- (2012) エリザベス2世(本人役)   エリザベス2世[6]

女優ギャラリー編集

ジェームズ・ボンドが好むボンドガール編集

学術誌 "Sex Roles" に掲載された調査によると、映画『007シリーズ』の第1作から第20作までに登場する女性キャラクター195人を調べたところ、98人がジェームズ・ボンドと「性的接触」を持ち、46人が「強い」接触、52人がキスなどの「マイルドな」接触のみだった。分析により、以下の結果が明らかにされた[7][8]

  • 平均年齢は推定で26歳。
  • 四分の三が白人、アジア系8%、黒人7%。アラブ人とアメリカン・インディアン(原文に従う)は一握りであった。
  • 性的関係を持った相手は、そうでなかった相手より、若くスリムで魅力的であり、眼鏡をかけていない傾向がある。
  • 髪の色は黒髪40%、ブラウン19%、赤毛9%に対しブロンドは27%で、ダーク・ヘアーの方が親密になり易い。
  • ロング・ヘアーは18%、ショート・ヘアーは22%だったが、ロング・ヘアーの方がより性的関係を持つに到る傾向がある。
  • ベッド・インした女性の90%以上が、平均以上に魅力的で可愛らしい。
  • アメリカン・アクセントで話す女性は全体の四分の一に過ぎないが、ヨーロピアン・アクセントの女性よりも性交渉を持つに到り易い。
  • 武器を使う女性の方が、そうでない女性より性的接触を持ち易い。2人が性的接触の前に、2人がセックス中に、10人が後にボンドを殺そうとした。

また、最近の傾向として、髪がより短くなり、相手を選ばなくなっている。女性の大役の数は増えているが、ステレオ・タイプに固定されてきている、なども指摘された。この調査は、クリーブランド州立大学の、キンバリー・ノイエンドルフ教授の主導で行われた。

編集

[ヘルプ]
  1. ^ 上司であるMも17~23作目までは女性となっている
  2. ^ ボンドガールでは同じ役柄として唯一、2作品に登場。
  3. ^ 『ロシアより愛をこめて』とは別の役柄での登場。
  4. ^ 40年後、『カジノ・ロワイヤル』 にマダム・ウー役でカメオ出演した。
  5. ^ 『黄金銃を持つ男』とは別の役柄での登場。主役級でのボンドガールを二度演じたのはアダムスのみ。この後、『美しき獲物たち』にもカメオ出演し、ボンドガールでは最多出演となる。また、ボンドガールでは38歳と歴代最年長出演記録を保持。
  6. ^ 英エリザベス女王、「史上最も記憶に残るボンドガール」としてBAFTA名誉賞
  7. ^ “James Bond prefers brunettes, research says” (英語). Telegragh.co.uk. (2009年6月7日). http://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/celebritynews/5460969/James-Bond-prefers-brunettes-research-says.html 2009年8月6日閲覧。 
  8. ^ “ジェームズ・ボンドのセックス調査が学術専門誌に!黒髪でやせ型の女性が好き?”. シネマトゥデイ. (2009年6月5日). http://www.cinematoday.jp/page/N0018370 2009年8月6日閲覧。 

外部リンク編集