現在のボーダーゲート(前)と関閘辺検大楼(後ろ)
元のボーダーゲート,ポルトガル人によって作られた

ボーダーゲートBorder Gate中国語: 關閘/关闸(関閘)ポルトガル語: Portas do Cerco)はマカオ中国大陸の間の陸路ポートである。マカオの最北端にあり、広東省珠海市拱北口岸に通じる。ポルトガルがマカオを支配しはじめてから2000年のロータス・ブリッジ開通まで、中国大陸とマカオの間に唯一開かれたポートだった[1]

イミグレーション施設としては、世界最大の出入境者数と言われ、2017年の出入境者総数は延べ1億2800万人、現在も増加しつつあり、2018年11月24日の単日出入境者数は62.2万人超に達して、過去最多の単日出入境人数を記録した。

脚注編集

  1. ^ ボーダーゲート/關閘(マカオ観光案内)

関連項目編集

座標: 北緯22度12分53秒 東経113度32分56秒 / 北緯22.2147度 東経113.5488度 / 22.2147; 113.5488