メインメニューを開く

ボーダー病ウイルス(ボーダーびょうウイルス、英:border disease virus)とはフラビウイルス科ペスチウイルス属に属するRNAウイルス。そのビリオンは球形であり、エンベロープを有する。ゲノムは約12.3kbの一本鎖RNAであり、5'UTRと3'UTRの間に10種のウイルスタンパク質をコードするオープンリーディングフレームを有する。牛ウイルス性下痢ウイルス豚コレラウイルスとは抗原的に交差する。多くの偶蹄類に感染する。また、ヒツジヤギに対してはボーダー病を引き起こし、畜産業において経済的損失を生じさせる。ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア,ニュージーランドなど世界中に分布する。日本での報告はない。垂直感染を起こすことがあり、感染の時期により免疫寛容を引き起こす。ペスチウイルス属にはボーダー病ウイルスの他に牛ウイルス性下痢ウイルス1および2、豚コレラウイルスおよびいくつかの暫定的な種が存在する。

関連項目編集

参考文献編集