メインメニューを開く

ボーフォート公爵英語: Duke of Beaufort)は、イングランド貴族公爵位。

ボーフォート公爵
Duke of Beaufort
Arms of the Duke of Beaufort
創設時期 1682年12月2日
創設者 チャールズ2世
貴族 イングランド貴族
初代 ヘンリー・サマセット(3代ウスター侯)
現所有者 ヘンリー・サマセット英語版(12代ボーフォート公)
相続人 ヘンリー・サマセット(ウスター侯)
相続資格 初代公爵の直系嫡出の男系男子
付随称号 ウスター侯爵
ウスター伯爵英語版
邸宅 バドミントン・ハウス英語版 (17世紀から)
旧邸宅 ラグラン城英語版 (1646年まで)

第3代サマセット公ヘンリー・ボーフォートの非嫡出子チャールズ・サマセット1514年に叙されたウスター伯爵英語版位を前身とする。5代ウスター伯ヘンリー・サマセットの代の1642年にウスター侯爵位を与えられ、3代ウスター侯ヘンリー・サマセットの代の1682年にボーフォート公爵位を与えられた。以来同公爵位はその子孫によって継承され、現在に至っている。2019年現在の当主は第12代ボーフォート公ヘンリー・サマセット英語版である。

歴史編集

 
グロスタシャーバドミントン英語版にある自邸バドミントン・ハウス英語版をバックに立つ第10代ボーフォート公ヘンリー・サマセット

ランカスター公ジョン・オブ・ゴーントエドワード3世の四男)の子孫である第3代サマセット公ヘンリー・ボーフォート1464年ヘクサムの戦いの敗北により処刑され、ついでその弟の第4代サマセット公エドムンド・ボーフォート1471年テュークスベリーの戦いの敗北で処刑され、サマセット公爵家の相続人は途絶えた[1]

しかし第3代サマセット公には非嫡出子チャールズ・サマセット(1460-1526)があった(彼のサマセット姓は父の爵位から取っている)。彼は非嫡出子であるためサマセット公爵位の相続権はなかったが、ヘンリー7世又従兄弟にあたるという関係から1514年2月1日に新たにイングランド貴族爵位ウスター伯爵英語版(Earl of Worcester)を与えられた[1][2]

その子である2代ウスター伯ヘンリー英語版(1496-1549)は、ウスター伯爵位継承前の1512年3月21日に母エリザベス英語版から第4代ハーバート男爵英語版(イングランド貴族爵位)を継承している[3]

3代ウスター伯ウィリアム英語版(1526-1589)は、初代サマセット公エドワード・シーモアや第4代ノーフォーク公トマス・ハワード大逆罪に問われた裁判に関与し、とりわけサマセット公の裁判においては有罪を主張する最右翼だった(この件と後述するサマセット公爵位復権をめぐる両家の争いから現在に至るまでサマセット公爵家とボーフォート公爵家は仲が悪く、和解は成っていない)[4]

4代ウスター伯エドワード(1550-1628)は、ジェームズ1世からセヴァーン川の渡航料徴収権を獲得しており、この権利は20世紀まで続いた[5]

5代ウスター伯ヘンリー(1577-1646)1642年3月2日にイングランド貴族爵位ウスター侯爵(Marquess of Worcester)に叙せられた[6][7]

2代ウスター侯エドワード(1602-1667)は、1645年に「グラモーガン伯爵(Earl of Glamorgan)」に叙された。加えて従属爵位として、「グロスモント子爵(Viscount Grosmont)」もしくは「モンマス州におけるカルデコート城のボーフォート男爵 (Baron Beaufort, of Caldecote Castle in the County of Monmouth)」あるいはその両方を与えられた。(この一連の爵位はその有効性及び存在性に議論がある)[7]。彼はさらに1660年王政復古の際、先祖のサマセット公爵位の復権を受けることを狙ったが、シーモア家もサマセット公爵位の復権運動を行った。結局チャールズ2世はシーモア家のハートフォード侯爵ウィリアム・シーモア(初代サマセット公エドワード・シーモアの曾孫)にサマセット公爵位復権を認め、2代ウスター侯の主張は通らなかった[5][8]

3代ウスター侯ヘンリー(1629-1700)は、1682年12月2日に先祖の姓に由来するイングランド貴族爵位ボーフォート公爵が与えられた。これがボーフォート公爵家の始まりとなった[5][9][10]。彼は襲爵前には庶民院議員であり、王政復古の際に王党派として活躍した。以降もステュアート朝支持の王党派として行動し、トーリー党の代表的政治家となった。名誉革命の際にもジェームズ2世廃位・ウィリアム3世の即位に断固反対した[11]。また彼はグロスタシャーバドミントン英語版に広大な領地と邸宅英語版を入手し、以降ここが公爵家の本拠となっている[5]

3代ボーフォート公ヘンリー(1707-1745)は、第3代スカダモー子爵ジェイムズ・スカダモー英語版の娘フランセスと結婚したが、彼女の浮気を理由に離婚。その離婚訴訟の中でフランセスから性的不能者扱いされたことに激怒し、6人の医師から自らが不能者ではないことを証明してもらう騒ぎになり、話題となった[12]

5代ボーフォート公ヘンリー(1744-1803)1803年6月4日に爵位保有者不在(abeyant)になっていたボトトート男爵英語版位(イングランド貴族)を継承した[13]

7代ボーフォート公ヘンリー英語版(1792-1853)は襲爵前にハリエット・ウィルソン英語版との恋愛スキャンダルで話題となった[14]

8代ボーフォート公ヘンリー英語版(1824-1899)は家芸の狩猟をはじめとして様々なスポーツに精通した。「バドミントン」の名で知られるスポーツも彼の代にバドミントンで発足したものである[15]

9代ボーフォート公ヘンリー英語版(1847-1922)は、ボーフォート公爵領に鉄道を通過させたがっていた鉄道会社との交渉によって1903年に事実上公爵家専用となるバドミントン駅英語版を作らせた(1968年に大幅な赤字に苦しむ英国国鉄が10代公爵と交渉した結果、同駅は廃止されている)[16]

10代ボーフォート公ヘンリー(1900-1984)は家芸の狩猟に力を入れ、ラトランド公爵家のビーヴァー・ハントと並ぶバドミントン・ハントの主催者として著名となった[17]。20世紀の税金攻勢で貴族は所有地を半減させた家が多いが、ボーフォート公爵家は彼が財産を巧みに運用したおかげで5万2000エーカーの土地を手放さずにすんだばかりか、1000エーカーの土地を増加させている[16]第二次世界大戦中にはメアリー王太后が親族のボーフォート公爵家のバドミントン・ハウスに疎開してきた。彼女は同屋敷で女主人も同然に過ごし、屋敷のつたを無断で切り取らせるなど好き勝手なことをして公爵の頭痛のタネとなった[18]

10代公は子供に恵まれず、8代公爵の次男の子孫にあたるデイヴィッド・サマセット英語版(1928-2017)が11代公爵位を継承した[19]。なおボトトート男爵ハーバート男爵は11代公には受け継がれておらず、ボトトート男爵位は10代公の死とともにその姉妹間で優劣がつかず保有者不在(abeyant)となっている一方、ハーバート男爵位も同様であったが、2002年にデイビッド・ジョン・サイフレッド=ハーバートが第19代ハーバート男爵を承継することが確定した。

2018年の11代公の死後、その長男のヘンリー・サマセット英語版が12代公を継承した。彼が現在の当主である[10]

逸話編集

現当主の保有爵位編集

現在の当主である12代ボーフォート公ヘンリー・サマセット英語版は以下の爵位を保有している[10]

  • 第12代ボーフォート公爵 (12th Duke of Beaufort)
    (1682年12月2日勅許状によるイングランド貴族爵位)
  • 第14代ウスター侯爵 (14th Marquess of Worcester)
    (1643年5月2日の勅許状によるイングランド貴族爵位。法定推定相続人儀礼称号)
  • 第18代ウスター伯爵 (18th Earl of Worcester)
    (1514年2月1日の勅許状によるイングランド貴族爵位)
  • 第13代グラモーガン伯爵 (13th Earl of Glamorgan)
    (1645年1月10日の勅許状によるイングランド貴族爵位。有効性に議論有り)
  • 第13代グロスモント子爵(13th Vicount Grosmont)
    (1645年1月10日の勅許状によるイングランド貴族爵位。有効性とその存在に議論有り)
  • モンマス州におけるカルデコート城の第13代ボーフォート男爵 (13th Baron Beaufort, of Caldecote Castle in the County of Monmouth)
    (1645年1月10日の勅許状によるイングランド貴族爵位。有効性とその存在に議論有り)

一覧編集

ウスター伯(1514年)編集

肖像 爵位の代数
名前
(生没年)
受爵期間 続柄 その他の爵位
  初代ウスター伯爵
チャールズ・サマセット
(1460-1526)
1514年2月1日
- 1526年4月15日
3代サマセット公の非嫡出子
第2代ウスター伯爵
ヘンリー・サマセット英語版
(1496-1549)
1526年4月15日
- 1549年11月26日
先代の子 ハーバート男爵英語版
  第3代ウスター伯爵
ウィリアム・サマセット英語版
(1526-1589)
1549年11月26日
- 1589年2月21日
先代の子
  第4代ウスター伯爵
エドワード・サマセット
(1550-1628)
1589年2月21日
- 1628年3月3日
先代の子
  第5代ウスター伯爵
ヘンリー・サマセット
(1577-1646)
1628年3月3日
- 1646年12月18日
先代の子 ウスター侯
ハーバート男爵
1643年3月2日にウスター侯爵に叙される。以降ウスター侯爵位と継承者が同じ。下記のウスター侯爵の欄参照。

ウスター侯(1643年)編集

肖像 爵位の代数
名前
(生没年)
受爵期間 続柄 その他の爵位
  初代ウスター侯爵
ヘンリー・サマセット
(1577-1646)
1642年3月2日
- 1646年12月18日
ウスター伯
ハーバート男爵
  第2代ウスター侯爵
エドワード・サマセット
(1602-1667)
1646年12月18日
- 1667年4月3日
先代の子
  第3代ウスター侯爵
ヘンリー・サマセット
(1629-1700)
1667年4月3日
- 1700年1月21日
先代の子 ボーフォート公
ウスター伯
ハーバート男爵
1682年12月2日にボーフォート公爵に叙される。以降ボーフォート公爵位と継承者が同じ。下記のボーフォート公爵の欄参照。

ボーフォート公(1682年)編集

肖像 爵位の代数
名前
(生没年)
受爵期間 続柄 その他の爵位
  初代ボーフォート公爵
ヘンリー・サマセット
(1629-1700)
1682年12月2日
- 1700年1月21日
ウスター侯
ウスター伯
ハーバート男爵
  第2代ボーフォート公爵
ヘンリー・サマセット
(1684-1714)
1700年1月21日
- 1714年5月24日
先代の孫
  第3代ボーフォート公爵
ヘンリー・サマセット=スキューダモア
(1707-1745)
1714年5月24日
- 1745年2月24日
先代の子
  第4代ボーフォート公爵
チャールズ・サマセット
(1709-1756)
1745年2月24日
- 1756年10月28日
先代の弟
  第5代ボーフォート公爵
ヘンリー・サマセット
(1744-1803)
1756年10月28日
- 1803年10月11日
先代の子 ウスター侯
ウスター伯
ハーバート男爵
ボトトート男爵英語版
  第6代ボーフォート公爵
ヘンリー・サマセット英語版
(1766-1835)
1803年10月11日
- 1835年11月23日
先代の子
  第7代ボーフォート公爵
ヘンリー・サマセット英語版
(1792-1853)
1835年11月23日
- 1853年11月17日
先代の子
  第8代ボーフォート公爵
ヘンリー・サマセット英語版
(1824-1899)
1853年11月17日
- 1899年4月30日
先代の子
  第9代ボーフォート公爵
ヘンリー・サマセット英語版
(1847-1924)
1899年4月30日
- 1924年11月24日
先代の子
  第10代ボーフォート公爵
ヘンリー・サマセット
(1900-1984)
1924年11月24日
- 1984年2月5日
先代の子
  第11代ボーフォート公爵
デイヴィッド・サマセット英語版
(1928-2017)
1984年2月5日
- 2017年8月16日
先代の又従兄弟の子 ウスター侯
ウスター伯
第12代ボーフォート公爵
ヘンリー・サマセット英語版
(1952-)
2017年8月16日
- 受爵中
先代の子

爵位継承順位編集

  1. ウスター侯爵ヘンリー・ロバート・フィッツロイ・サマセット(Henry Robert FitzRoy Somerset, Marquess of Worcester, 1989-) 現当主の長男
  2. アレグザンダー・ローン・サマセット卿 (Lord Alexander Lorne Somerset, 1995-) 現当主の次男
  3. エドワード・サマセット卿 (Lord Edward Somerset, 1958-) 現当主の弟
  4. ジョン・サマセット卿 (Lord John Somerset, 1964-) 現当主の弟
  5. ライル・サマセット (Lyle Somerset, 1991-) 上記の息子

これ以降は5代公からの分流が継承資格者

家系図編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b 森(1987) p.85-86
  2. ^ Heraldic Media Limited. “Worcester, Earl of (E, 1513/4)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2019年9月16日閲覧。
  3. ^ Lundy, Darryl. “Henry Somerset, 2nd Earl of Worcester” (英語). thepeerage.com. 2015年1月8日閲覧。
  4. ^ 森(1987) p.87-88
  5. ^ a b c d 森(1987) p.88
  6. ^ Lundy, Darryl. “Henry Somerset, 1st Marquess of Worcester” (英語). thepeerage.com. 2015年1月7日閲覧。
  7. ^ a b Heraldic Media Limited. “Worcester, Marquess of (E, 1642/3)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年12月14日閲覧。
  8. ^ 森(1987) p.63-64
  9. ^ Lundy, Darryl. “Henry Somerset, 1st Duke of Beaufor” (英語). thepeerage.com. 2015年1月7日閲覧。
  10. ^ a b c Heraldic Media Limited. “Beaufort, Duke of (E, 1682)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年12月14日閲覧。
  11. ^ 森(1987) p.88-89
  12. ^ 森(1987) p.91-92
  13. ^ Lundy, Darryl. “Henry Somerset, 5th Duke of Beaufort” (英語). thepeerage.com. 2015年1月8日閲覧。
  14. ^ 森(1987) p.93-97
  15. ^ 森(1987) p.103
  16. ^ a b 森(1987) p.104-105
  17. ^ 森(1987) p.106-108
  18. ^ 森(1987) p.108
  19. ^ 森(1987) p.109
  20. ^ 森(1987) p.90

参考文献編集

  • 森護『英国の貴族 遅れてきた公爵』大修館書店、1987年。ISBN 978-4469240979

関連項目編集

4代ウスター伯の三男トマス・サマセット英語版1626年に叙されたイングランド貴族爵位。一代で廃絶。
5代ボーフォート公の八男フィッツロイ・サマセット1852年に叙された連合王国貴族爵位。現存