ボールドウィンRF-16形ディーゼル機関車

ボールドウィンRF-16は、1950年から1953年の間にアメリカボールドウィン・ロコモティブ・ワークスが製造した本線用の4動軸の貨物用電気式ディーゼル機関車である。Aユニット109両、Bユニット51両の計160両が製造された。

ボールドウィンRF-16
New York Central Baldwin sharknose locomotive.JPG
基本情報
製造所 ボールドウィン
製造年 1950年 - 1953年
製造数 160両
主要諸元
軸配置 B-B
軌間 1,435 mm
長さ 16.56 m
機関車重量 120.7トン
台車 AAR B形台車
動力伝達方式 電気式
機関 ボールドウィン 608A型 1基
(直列8気筒、259,310cc、625rpm)
発電機 直流
主電動機 直流
出力 1,600馬力 (1,193 kW)
引張力 191.3 kN
テンプレートを表示

外観はシャークノーズと呼ばれるデザインである。今日の旅客用機関車のように、収納式の連結器カウキャッチャーに備える。台車はAAR B形台車である。台枠は従前のシャークノーズと異なり鋳造タイプではなく、組み立て式である。

EMDアルコといった競合他社の車両と異なり、スロットルは空気圧で補助するタイプであった。これはそれらの車両を総括制御しないという前提に立ったものであった。

歴史編集

1948年、ボールドウィンはキャブ・ユニットのラインナップに「シャークノーズ」のスタイルを加え、DR-6-4-2000で採用した。レイモンド・ローウィがデザインしたこの形状は競合他社と一線を画すとともに、故障の多かった従来のボールドウィン製の機関車のイメージを打破するものであった。

同様の形状の機関車の製造をいくつか経たあとに設計されたRF-16は、信頼性と強い牽引力により賞賛をもって迎えられた。多くは石炭牽引の列車に充当され、それは本形式の用途としては最も適切な使われ方であった。一部はより大出力であるアルコのエンジンに交換された。

ボルチモア・アンド・オハイオ鉄道(B&O)は1962年に、もっとも多くの本形式を所有していたペンシルバニア鉄道(PRR)は1966年に、本形式の使用を停止した。1967年マノンガヘイラ鉄道ニューヨーク・セントラル鉄道(NYC)からAユニットを7両、Bユニットを2両購入した。それらは、もっともあとまで使用されていた車両であった。

1971年までに、ロードナンバー1205号・1216号の2両を除き、解体された。その2両も1974年にスクラップとして売却されたが、デラウェア・アンド・ハドソン鉄道(D&H)がスクラップ業者より引き上げたために解体を免れた。D&Hはその2両を1978年まで貨物輸送に使用し、その後、ミシガン州のカストロライトに譲渡した。1979年からリース車両としてミシガン・ノーザン鉄道で使用された。

新製時の所有者編集

Railroad 両数
Aユニット
両数
Bユニット
Aユニット
ロードナンバー
Bユニット
ロードナンバー
備考
ボルチモア・アンド・オハイオ鉄道(B&O)
19
12
851/851A-865/865A(奇数)、
867-871(奇数)
851X-861X(奇数)、865X、867X/867AX-871X/AX(奇数)
のちにAユニットは4202-4220に、Bユニットは5202-5214に順不同に改番
ニューヨーク・セントラル鉄道(NYC)
18
8
3804-3821
3702-3729
Aユニットは1204-1221に改番
ペンシルバニア鉄道(PRR)
72
31
2000A-2027A、9594A-9599A、9708A-9745A
2000B-2026B、9594B-9598B、9708B-9724B(全車偶数)
Aユニットは1204-1221に改番
合計 109 51

登場作品編集

イギリスで製作されたアニメチャギントン」では、この機関車をモデルにしたチャッツワースという名前のキャラクターが登場する。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集