ボー・ヴィーデルベリ

ボー・ヴィーデルベリBo Widerberg、本名:Bo Gunnar Widerberg、1930年6月8日 - 1997年5月1日)は、スウェーデン映画監督脚本家マルメ出身。ベルイマントロエルと共にスウェーデンの三大巨匠と呼ばれることもある。日本ではウィデルベルイの表記も見られる。

ボー・ヴィーデルベリ
Bo Widerberg
ボー・ヴィーデルベリBo Widerberg
本名 Bo Gunnar Widerberg
生年月日 (1930-06-08) 1930年6月8日
没年月日 (1997-05-01) 1997年5月1日(66歳没)
出生地 マルメ
死没地 エンゲルホルム
国籍  スウェーデン

略歴編集

20歳の頃は小説家、60年代は映画作家として活躍している。1963年に映画監督としてデビュー。その後、67年に撮影した「みじかくも美しく燃え」はカンヌ映画祭に出展され、女優ピア・デゲルマルクに女優賞をもたらした。

1971年公開の『愛とさすらいの青春/ジョー・ヒル』でカンヌ国際映画祭審査員賞を受賞。1995年の『あこがれ美しく燃え』でベルリン国際映画祭審査員特別賞を受賞したが、2年後に癌で死去。

息子のヨハン (Johan Widerberg) は俳優となり、娘も子役として一部、ヴィーデルベリ作品に登場している。

主な監督作品編集

外部リンク編集