メインメニューを開く
ポイント・ネモを中心に半径がイースター島までの距離と同じ円を引いた図

ポイント・ネモフランス語: Point Nemo)とは、世界の大洋で最も陸地から離れた地点で、到達不能極の一つ。ニュージーランドチリのほぼ中間地点、南緯48°52′西経123°23′の南太平洋上。

目次

概要編集

ポイント・ネモに近い陸地は、ピトケアン諸島イースター諸島南極メイハー島、それぞれ約2,700km離れている。名前は、ジュール・ヴェルヌ小説神秘の島』に登場するネモ船長から取られた[1]

人工衛星の墓場編集

ポイント・ネモは南太平洋環流 (en:South Pacific Gyre) の内側に位置している。この環流は、栄養分が豊富な海水がその内部に入ることを妨げている。さらに、大陸から遠く離れているので有機物はあまり風で運ばれてこない。したがって、生物が比較的棲んでいない場所である[2]

居住区域から隔絶された場所であること、生物多様性も特筆すべきほど複雑ではないため、制御が可能な人工衛星を落下させる目標として地球上で最適な地点であり、古くから「人工衛星の墓場(スペースクラフト・セメタリー)」として注目され、実際に落下が試みられてきた。

人工衛星が地球に落下する際には、大気圏再突入時に大気との摩擦で分解・燃焼するが、2018年までに250-300機に及ぶ人工衛星の破片が水没していると見られ、同年4月には中華人民共和国宇宙ステーション天宮1号も加わった[3]。過去最大の落下物は、2001年に落下したロシアソビエト連邦)の宇宙ステーション、ミールであり大気圏突入前の重量は約120トン2020年代に運用終了が予定されている国際宇宙ステーションは約420トンあり、落下プログラムが順調に行われれば、ミールの記録を上回ることが予想されている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 陸から最も離れた海、宇宙施設の墓場「ポイント・ネモ」”. AFP (2018年4月2日). 2018年4月7日閲覧。
  2. ^ Davies, Ella. “The Place Furthest from Land is Known as Point Nemo”. bbc.com. BBC. 2019年4月3日閲覧。
  3. ^ 天宮1号 落下したのは人類が到達不能な宇宙船の墓場「ポイント・ネモ」だった!”. ハザードラボ (2018年4月3日). 2018年4月7日閲覧。

関連項目編集