メインメニューを開く

ポゼッションフットボール

ポゼッションフットボール(: Possession Football)とはサッカーの戦術のひとつである。

ポゼッションとは日本語では「支配率」と訳される。要するに自チームがボールを持っている状態をボールポゼッションと呼ぶ。自チームがボールを持っている限り、相手に得点を奪われる可能性は無いという考え方が元になっており、チーム全体でパスを回して、自チームが常にボールキープすることで試合の主導権を握る戦術とされているが、ボールを持つ事で守備の機会とその戦術を省略するとすれば、それは守備戦術の欠落した、単に攻撃における原則であり意思統一の方向性に過ぎないとも言える。

現代のサッカーの戦術の多くがそうである様に、この戦術もまたトータルフットボールを基にして考え出されたものだとされている。

特徴編集

ポゼッションフットボールの基本は「相手に奪われる可能性の高い」ロングパス・ロングフィードなどを極力使わず、「相手に奪われる可能性の低い」ショートパスを多用して敵ゴール前まで徐々にラインを押し上げて攻め上がる。

攻撃が行き詰ったときは無理に攻撃してボールを奪われるよりは守備的ミッドフィールダーやディフェンスラインまでボールを戻して、再びディフェンスラインからのビルドアップ(攻撃の組み立て)を行う場合が多い。そういう場面で作られた時間を生かし、各選手がスペースを作りチャンスを生み出そうとする。

よって、ミッドフィールダーのパス能力はもとよりディフェンダーにもパスやビルドアップの能力が求められ、チーム全体のポジショニング・オフザボール・オンザボールの動きの質が求められる。高いテクニックを持つ選手を多く抱え、組織的なプレーを得意とするチームに向いた戦術である。

これを極端な形で行ったのがジョゼップ・グアルディオラ監督指揮するFCバルセロナであり、バルセロナではGKですらロングフィードを行わず、DFにショートパスで繋ぐことが基本となっている。

ショートパスを多用するということはそれだけ攻めあがるのに時間がかかるということであり、その間に相手チームのディフェンスラインが整ってしまう。そのためゴール前までは繋げてもその後の最後の一手(ゴール)が決まりづらくなるという欠点もある。前述のFCバルセロナではその欠点をリオネル・メッシという不世出のストライカーの個人技で補っている。

高いレベルにおいては試合の主導権を握り積極的に仕掛けていく戦術となるが、低いレベルでこれを行なった場合にはボールを奪われないようにしているだけの消極的な戦術となることもある。総じて低いレベルのチームでは使いづらい戦術となり、レベルの高低とは相手にもよりけりで相対的なものである。

ただし攻撃は停滞するかも知れないが、ボールをキープしている限り相手に攻撃されることもない。つまり、味方選手が試合中に疲労してきたら、走る距離を最低限に抑え、わざと攻撃に結びつかないパスの交換を行うことによって、疲労回復までの時間稼ぎをすることが可能になる。同時に、相手チームはボールを奪わなければ攻撃することが不可能なので、どうしてもボールを追いかけて走らざるを得ず、結果として敵選手は体力的に消耗してしまう。

このポゼッションの理念はあくまでも理想であり状況と相手次第では自らの首を絞める事にも繋がる。即ちユーロでスイス相手に辛酸を舐めたスペイン代表や、同じくロンドン五輪で日本に金星を与えGL敗退したU23スペイン代表の事である。先制点を取れず逆に奪われて失点してしまえば、自らの反撃に時間を掛け過ぎてしまい、浪費してしまった時間と反撃に掛ける為の手数と時間という大問題に直面する事になる。

ポゼッションはこれまで、ボールをどれだけ支配しても試合をコントロールさせはしない守備ありきの戦術との応酬が繰り広げられ、それは特にモウリーニョ監督らの堅守速攻型と熾烈な戦いが続いてきた。

現在ペップグアルディオラは、ポゼッションに緻密なリスクコントロールを意識した精密なポジショニングの守備戦術を組み合わせて、バイエルン以降の特にマンチェスターシティにて自身の理想のチーム作りを追求している。

チーム編集

ポゼッションフットボールを志向しているチームとしては代表ではスペインアルゼンチンなどが、クラブではリーガ・エスパニョーラのFCバルセロナがこれに相当する。

関連項目編集