ポベーダロシア語: Авиакомпания Победа英語: Pobeda)は、ロシア連邦航空会社である[1]

ポベーダ
Победа
IATA
DP
ICAO
PBD
コールサイン
POBEDA
設立 2014年9月16日
ハブ空港 ヴヌーコヴォ国際空港
保有機材数 44機
就航地 67都市
本拠地 ロシアの旗 ロシア連邦モスクワ
代表者 Андрей Юриков
外部リンク http://www.pobeda.aero/
テンプレートを表示

社名の「Победа」はロシア語で「勝利」を意味する。原語読みでは「ポベーダ」ではなく「パベーダ」。

歴史編集

2013年8月にアエロフロートがLCCを設立することを発表し、当初のブランド名は「ドブリョート」であった。その後、2014年6月10日にモスクワ・シェレメーチエヴォ国際空港からクリミア半島のシンフェロポリに就航した。

初便就航からわずか1ヶ月後の7月30日にシンフェロポリへの就航を理由に欧州連合から制裁を課され8月3日にはすべてのフライトを停止することを余儀なくされた。それを受けて親会社であるアエロフロートは、ドブリョートに対する制裁が解除される可能性を待って、当初はドブリョートとして運航を継続する計画であった。 しかし、制裁解除の目処が立たないため同年10月末に「ポベーダ」へとブランドを変更した。

11月11日の最初の12時間で7,000枚以上が販売され、1週間の運用で20,000枚以上が販売された。

翌月12月1日、この航空会社はモスクワのヴヌーコヴォ空港からヴォルゴグラードへの最初のフライトを運航した。

2015年11月12日より、同社では初となる国際線としてブラチスラバ行きの航空券の販売を開始し、12月19日に就航した。

就航都市編集

ポベーダ 就航都市(2022年7月現在)
都市 空港 備考
  ロシア モスクワ ヴヌーコヴォ国際空港 ハブ空港
サンクトペテルブルク プルコヴォ空港
カザン カザン国際空港
ヴォルゴグラード ヴォルゴグラード国際空港
エカテリンブルク コルツォヴォ国際空港
アルハンゲリスク アルハンゲリスク・タラギ空港
ペルミ ペルミ国際空港(ボリショエ・サヴィノ国際空港)
サマラ クルモチ国際空港
シンフェロポリ シンフェロポリ国際空港
スルグト スルグト国際空港
チュメニ ロスキーノ国際空港

保有機材編集

保有機材
ギャラリー 機種 運航中 発注中 注釈
  ボーイング737-800 44 38

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ В Шереметьево празднуют "Победу"” (2021年2月8日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、ポベーダに関するカテゴリがあります。