ポメラニア公の一覧

ウィキメディアの一覧記事
ポメラニア公から転送)

ポメラニア公の一覧(ポメラニアこうのいちらん)は、ポメラニアを支配したポメラニア公国の一覧である。

17世紀のポメラニア公国

スラヴ系諸部族の支配編集

10世紀から11世紀まで、スラヴ系諸部族がポメラニアを支配した。

名前 出生 治世 死去 支配地域 配偶者 備考
シェモミスウ 1000年?または1020年? 1000年以降-1046年 1046年6月29日 ポメラニア全体 不明 現在知られているポメラニア公のうち、最初の一人である。ポーランド王ミェシュコ1世の父シェモミスウとは別人。
シュヴィエントボル 1046年以前 1060年-1106年 1106年 ポメラニア全体 アンナ シェモミスウの子。
シュヴィエントペウク1世 1080年ごろ 1106年-1113年 1148年以前 ダンツィヒ 不明

1106年、ポメラニアはシュヴィエントボルの二人の子に分割された。ヴァルティスラフ1世ポメラニア家およびポメラニア公国を創設し、シュヴィエントペウク1世はダンツィヒを支配した。1109年、ナクロの戦いポーランド大公ボレスワフ3世曲唇公がポメラニアの諸公を撃破し、ポメラニアを支配下においた。

ポメラニア公国編集

シュヴィエントボルによる分割で成立し、ヴァルティスラフ1世が相続した公国が後にポメラニア公国として知られるようになった。

ポメラニア分割編集

第一次分割(1155年-1264年)編集

1155年、ポメラニアはポメラニア=シュテッティンポメラニア=デミーンに分割された。1190年、シュラファシュトルプがポメラニア=シュテッティンから分離した。

1231年、神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世ブランデンブルク辺境伯ヨハン1世オットー3世をポメラニアの領主として認め、1236年のクレンメン条約と1250年のランディーン条約英語版で再確認した。これらの条約に従って、ポメラニアはブランデンブルクの封土になり、間接的には神聖ローマ帝国の封土にもなった。

      シュテッティン       デミーン       シュラファ=シュトルプ

1155年-1190年
ポメラニア=シュテッティン公国
1155年、独立。
1190年、ポメラニア=シュテッティンとポメラニア=シュラファに再分割。
ポメラニア=デミーン公国
1155年、独立。
1190年-1238年
ポメラニア=シュテッティン公国
1238年、シュラファを併合。
ポメラニア=シュラファ=シュトルプ公国
1227年、シュラファはポメラニア=シュテッティンに併合、シュトルプはポメレレンに併合。
ポメラニア=デミーン公国
独立を維持。

1227年、シュラファはポメラニア=シュテッティンに併合、シュトルプはポメレレンに併合された。1238年にはシュラファもポメレレンの一部になり、Swenzo家(ドイツ語: Swenzonen)の城主に統治された。1316年、ポメラニア=ヴォルガストの一部になり、1347年には完全にブランデンブルクに支配された。

1238年-1264年
ポメラニア=シュテッティン公国
1264年、ポメラニア=デミーンと統一。
ポメラニア=デミーン公国
1264年、ポメラニア=シュテッティンと統一。

1264年、ヴァルティスラフ3世が後継者を残さずに死亡し、バルニム1世がポメラニア公国を単独統治した。バルニム1世が1278年に亡くなるとその子ボギスラフ4世バルニム2世オットー1世が共同統治したが、弟たちが幼少だったこともあって長子のボギスラフ4世が政治を主導した。

第二次分割(1295年-1368年)編集

1295年、バルニム1世の子たちが成人し、ポメラニア公国はペーネ川イナ川に沿って分割され、川の北はボギスラフ4世を公とするポメラニア=ヴォルガスト公国、南はオットー1世を公とするポメラニア=シュテッティン公国となった。

      シュテッティン       ヴォルガスト

1295年-1368年
ポメラニア=シュテッティン公国
ポメラニア=ヴォルガスト公国
1368年に再分割。

第三次分割(1368年-1376年)編集

1368年、ポメラニア=ヴォルガスト公国はヴォルガストを含む西部(: Wolgast diesseits der Swine)と東部(: Wolgast jenseits der Swine)に分割された。東部はシュトルプを含むため「ポメラニア=シュトルプ公国」とも呼ばれている。

      シュテッティン       ヴォルガスト       ヴォルガスト=シュトルプ

1368年-1376年
ポメラニア=シュテッティン公国
ポメラニア=ヴォルガスト公国
1368年の分割で領土が縮小。
ポメラニア=シュトルプ公国
ポメラニア=ヴォルガスト公国の旧領の一部。

第四次分割(1376年-1478年)編集

1376年、ヴォルガストを含むポメラニア=ヴォルガスト公国の西部が西のポメラニア=バース(名前はバースから来ている)と東のポメラニア=ヴォルガスト(ヴォルガストを含むため、便宜上分割前と同じ名前となっている)に分割された。翌年、ポメラニア=シュトルプ公国が西のポメラニア=スタルガルトと東のポメラニア=シュトルプに分割された。

      シュテッティン       ヴォルガスト       バース       ヴォルガスト=シュトルプ       ヴォルガスト=シュトルプ=スタルガルト

1376年-1459年
ポメラニア=シュテッティン
ポメラニア=ヴォルガスト公国
1376年に領土がさらに縮小、第二次分割時点のポメラニア=ヴォルガスト公国の西部の東部にあたる。
ポメラニア=バース公国
第二次分割時点のポメラニア=ヴォルガスト公国の西部の西部にあたる。
ポメラニア=シュトルプ公国
1377年に領土が縮小、第二次分割時点のポメラニア=ヴォルガスト公国の東部の東部にあたる。
ポメラニア=スタルガルト公国
第二次分割時点のポメラニア=ヴォルガスト公国の東部の西部にあたる。

1459年、ポメラニア=シュトルプ公国とポメラニア=スタルガルト公国が消滅、ポメラニア=ヴォルガスト公国に併合された。

1459年-1478年
ポメラニア=シュテッティン公国
ポメラニア=ヴォルガスト公国
ポメラニア=バース公国

200年間の分裂を経て、1478年、ボギスラフ10世が3公国をすべて相続し、ポメラニア公国は一時的に統一された。

第五次分割(1531年-1569年)編集

1531年、ポメラニアは再びポメラニア=シュテッティン公国とポメラニア=ヴォルガスト公国に分割された。第二次分割でも同じ名前の公国が創設されたが、第二次分割が南北で分けたのに対し、第五次分割は東西で分割した。ポメラニア=シュテッティン公国は東にあたる。

      シュテッティン       ヴォルガスト

1531年-1569年
ポメラニア=ヴォルガスト公国
ポメラニア=シュテッティン公国

第六次分割(1569年-1625年)編集

1569年、ポメラニア=バース公国がポメラニア=ヴォルガスト公国から、ポメラニア=リューゲンヴァルデ公国がポメラニア=シュテッティン公国から分離した。

      シュテッティン       ヴォルガスト       ヴォルガスト=バース       リューゲンヴァルデ

1569年-1625年
ポメラニア=ヴォルガスト公国
1625年、ポメラニア=シュテッティン公国と再統一。
ポメラニア=バース公国
1603年、ポメラニア=シュテッティン公国に併合される。
ポメラニア=シュテッティン公国
1625年、ポメラニア=ヴォルガスト公国と再統一。
ポメラニア=リューゲンヴァルデ公国
1620年、ポメラニア=シュテッティン公国に併合される。

最後の統一とスウェーデンへの割譲編集

1625年、ボギスラフ14世は全ポメラニアを統一した。しかし、彼は1637年に後継者を残さずに死去し、同年スウェーデンがフォアポメラニアを占領した。この占領は1648年のヴェストファーレン条約で正式に承認され、スウェーデン領ポメラニアが成立した。またラウエンブルク=ビュートウは1637年から1657年までポーランド領となり、東部地域にあたるヒンターポメラニアは神聖ローマ帝国が消滅する1806年までブランデンブルク選帝侯領となった。その後、スウェーデン領のフォアポメラニアもプロイセン王国に併合された。

ポメラニア公編集

ポメラニア家またはグライフ家(1121年-1637年)編集

名前 出生 治世 死去 支配地域 配偶者 備考
ヴァルティスラフ1世   1091年ごろ 1121年-1135年 1135年 ポメラニア 異教徒の妻24人

ハイラ・フォン・ザクセン
1128年以前
1人の子女を儲ける

イーダ・ア・ダンマーク
1129年
3人の子女を儲ける
初代ポメラニア公、ポメラニア家を創設した。異教徒だったが、12世紀の初めにキリスト教に改宗。子のボギスラフ1世とともにオットー・フォン・バンベルクのポメラニアでの宣教を支持、成功させる。
ラティボル1世   1124年ごろ 1135年-1156年 1156年 ポメラニア プリブィスラヴァ・ヤロスラヴナ
1136年
4人の子女を儲ける
後にシュラファ=シュトルプを支配するラティボル系ポメラニア家の先祖。
ボギスラフ1世   1127年 1156年-1184年 1187年3月18日 ポメラニア=シュテッティン ヴァルブルガ・ア・ダンマーク
3人の子女を儲ける

アナスタシア・ポルスカー
1177年4月26日
2人の子女を儲ける
カジミール1世   1130年以降 1156年-1180年 1180年秋 ポメラニア=デミーン プリトラヴァ
子を儲けず
ヴァルティスラフ2世 1160年ごろ 1180年-1184年 1184年ごろ ポメラニア=デミーン ソフィア・ポルスカー
子を儲けず
ボギスラフ1世   1127年 1184年-1187年 1187年3月18日 ポメラニア=シュテッティンポメラニア=デミーン ヴァルブルガ・ア・ダンマーク
3人の子女を儲ける

アナスタシア・ポルスカー
1177年4月26日
2人の子女を儲ける
シュヴィエントペウク 1156年以前 1156年-1190年ごろ 1190年代 ポメラニア=シュラファ=シュトルプ 未婚
アナスタシア・ポルスカー (摂政)   1164年ごろ 1187年-1208年 1240年ごろ ポメラニア=シュテッティンポメラニア=デミーン ボギスラフ1世
1177年4月26日
2人の子女を儲ける
ボギスラフ1世の未亡人。
ボギスラフ2世   1177年 1208年-1220年 1220年1月23日 ポメラニア=シュテッティン ミロスラヴァ・フォン・ポメレレン
1210年
3人の子女を儲ける
ボギスラフ1世の子。
カジミール2世   1180年ごろ 1208年-1219年 1219年 ポメラニア=デミーン インガルド・ア・ダンマーク
1210年
2人の子女を儲ける
ボギスラフ3世   1190年以前 1190年ごろ-1223年 1223年 ポメラニア=シュラファ=シュトルプ ポーランド大公ミェシュコ3世の娘
1223年以前
2人の子女を儲ける
ボギスラフ2世の子、バルニム1世の弟。1190年、シュラファを父から譲り受ける。
ミロスラヴァ・フォン・ポメレレン (摂政)   1190年 1220年-1226年 1237年 ポメラニア=シュテッティン ボギスラフ2世
1210年
3人の子女を儲ける
ボギスラフ2世の未亡人。
バルニム1世善良公   1217年/1219年ごろ 1226年-1264年 1278年12月13日 ポメラニア=シュテッティン アンナ・マリア・フォン・ザクセン
1238年9月4日と1242年7月18日の間
3人の子女を儲ける

マルガレーテ・フォン・ブラウンシュヴァイク=リューネブルク
1252年/1253年
1人の子女を儲ける

マティルデ・フォン・ブランデンブルク
1263年3月29日と1267年5月20日の間
6人の子女を儲ける
1227年以降、ポメラニア公は再び神聖ローマ帝国の臣下になる。
インガルド・ア・デンマーク (摂政)   1190年ごろ 1219年-1226年 1248年 ポメラニア=デミーン カジミール2世
1210年
2人の子女を儲ける
カジミール2世の未亡人。
ヴァルティスラフ3世   1210年ごろ 1226年-1264年 1264年5月17日 ポメラニア=デミーン ゾフィア
1236年
3人の子女を儲ける
1264年に死去すると、バルニム1世が単独でポメラニアを統治した。
ラティボル2世 1223年以前 1223年-1238年 1238年 ポメラニア=シュラファ=シュトルプ 未婚 ボギスラフ3世の子。ボギスラフ2世の子かポメレレン公ムシチュイ1世の子とする文献もある。
バルニム1世善良公   1217年/1219年ごろ 1264年-1278年 1278年12月13日 ポメラニア アンナ・マリア・フォン・ザクセン
1238年9月4日と1242年7月18日の間
3人の子女を儲ける

マルガレーテ・フォン・ブラウンシュヴァイク=リューネブルク
1252年/1253年
1人の子女を儲ける

マティルデ・フォン・ブランデンブルク
1263年3月29日と1267年5月20日の間
6人の子女を儲ける
ポメラニア公国を再統一。
ボギスラフ4世   1255年ごろ 1278年-1295年 1309年2月19日/24日 ポメラニア マティルデ・フォン・ブランデンブルク=シュテンダル
1275年と1278年の間
子を儲けず

マルガレーテ・フォン・リューゲン
1284年8月13日
6人の子女を儲ける
義母と異母弟たちと共同統治。
マティルデ・フォン・ブランデンブルク (摂政)   不明 1278年-1294年 1316年12月20日 ポメラニア バルニム1世善良公
1263年3月29日と1267年5月20日の間
6人の子女を儲ける
バルニム1世の未亡人。義子ボギスラフ4世と実子バルニム2世とオットー1世と共同統治。
バルニム2世   1277年ごろ 1294年-1295年 1295年5月28日 ポメラニア 未婚 ボギスラフ4世とオットー1世と共同統治。
オットー1世   1279年 1294年-1295年 1344年12月31日 ポメラニア エリーザベト・フォン・ホルシュタイン
1296年4月
2人の子女を儲ける
バルニム2世とボギスラフ4世と共同統治。
ボギスラフ4世   1255年ごろ 1295年-1309年 1309年2月19日/24日 ポメラニア=ヴォルガスト マティルデ・フォン・ブランデンブルク=シュテンダル
1275年と1278年の間
子を儲けず

マルガレーテ・フォン・リューゲン
1284年8月13日
6人の子女を儲ける
ポメラニア=ヴォルガスト公国の初代公爵。
オットー1世   1279年 1295年-1344年 1344年12月31日 ポメラニア=シュテッティン エリーザベト・フォン・ホルシュタイン
1296年4月
2人の子女を儲ける
ヴァルティスラフ4世   1290年以前 1309年-1326年 1326年8月1日 ポメラニア=ヴォルガスト エリーザベト・フォン・リンドー=ルピン
1316年/1317年4月11日
3人の子女を儲ける
ボギスラフ4世の子。
バルニム3世大公   1300年ごろ 1344年-1368年 1368年8月14日 ポメラニア=シュテッティン アグネス・フォン・ブラウンシュヴァイク=グルベンハーゲン
1330年
5人の子女を儲ける
エリザベート・フォン・リンドー=ルピン (摂政)   1300年 1326年-1330年ごろ 1355年2月と1356年7月2日の間 ポメラニア=ヴォルガスト ヴァルティスラフ4世
1316年/1317年4月11日
3人の子女を儲ける
ヴァルティスラフ4世の未亡人。
ボギスラフ5世大公   1318年ごろ 1330年ごろ-1368年 1374年4月23日 ポメラニア=ヴォルガスト エリシュカ・ポルスカー
1343年2月24日/25日
3人の子女を儲ける

アーデルハイト・フォン・ブラウンシュヴァイク=グルベンハーゲン
1362年/1363年
4人の子女を儲ける
ヴァルティスラフ5世人民の父公   1326年11月1日ごろ 1330年ごろ-1368年 1390年 ポメラニア=ヴォルガスト アンナ・フォン・メクレンブルク=スタルガルト
1390年以前
子を儲けず
ボギスラフ5世と共同統治。未婚とする史料もある。
バルニム4世善良公   1325年 1330年ごろ-1365年 1365年8月22日 ポメラニア=ヴォルガスト ゾフィア・フォン・メクレンブルク=ヴェルレ
1343年
3人の子女を儲ける
ボギスラフ5世・ヴァルティスラフ5世と共同統治。
カジミール3世   1348年 1368年-1372年 1372年8月24日 ポメラニア=シュテッティン 未婚 バルニム3世の子。
ボギスラフ5世大公   1318年ごろ 1368年-1374年 1374年4月23日 ポメラニア=ヴォルガスト=シュトルプ エリシュカ・ポルスカー
1343年2月24日/25日
3人の子女を儲ける

アーデルハイト・フォン・ブラウンシュヴァイク=グルベンハーゲン
1362年/1363年
4人の子女を儲ける
ヴォルガストから分離したシュトルプの初代公爵。
ボギスラフ6世 (ポメラニア公)   1350年ごろ 1365年-1393年 1393年3月7日 ポメラニア=ヴォルガスト ユディト・フォン・ザクセン=ラウエンブルク
1369年と1377年の間
子を儲けず

アグネス・フォン・ブラウンシュヴァイク=リューネブルク
1389年9月14日/19日
ツェレ
2人の子女を儲ける
バルニム4世の子。
ヴァルティスラフ6世隻眼公   1345年 1365年-1377年 1394年6月13日 ポメラニア=ヴォルガスト アンナ・フォン・メクレンブルク=スタルガルト
1363年10月1日
4人の子女を儲ける
ボギスラフ6世と共同統治。
シュヴィエントボル3世   1351年ごろ 1372年-1413年 1413年6月21日 ポメラニア=シュテッティン アンナ・フォン・ニュルンベルク
1363年9月17日
4人の子女を儲ける
バルニム3世の子。
ボギスラフ7世年長公   1355年以前 1372年-1404年 1404年 ポメラニア=シュテッティン 不明
1404年以前
子を儲けず
シュヴィエントボル3世と共同統治。
カジミール4世 (ポメラニア公)   1351年 1374年-1377年 1377年1月2日 ポメラニア=ヴォルガスト=シュトルプ ケンナ・フォン・リタウエン
1360年
子を儲けず

マルガレーテ・フォン・マゾヴィーン
1368年/1369年
子を儲けず
死後、ポメラニア=シュトルプからポメラニア=シュトルプ=スタルガルトが分離した。
ボギスラフ8世偉大公   1364年ごろ 1377年-1418年 1418年2月11日 ポメラニア=ヴォルガスト=シュトルプ=スタルガルト ゾフィア・フォン・ホルシュタイン
1398年ごろ
2人の子女を儲ける
ヴァルティスラフ7世の兄弟、シュトルプから分離したスタルガルトの初代公。
バルニム5世   1369年 1377年-1402年 1402年/1403年 ポメラニア=ヴォルガスト=シュトルプ=スタルガルト ヘートヴィヒ・フォン・リタウエン
1396年9月27日
1人の子女を儲ける
1402年まで兄のボギスラフ8世と共同統治。
ヴァルティスラフ7世   1363年/1365年 1377年-1394年/1395年 1394年/1395年 ポメラニア=ヴォルガスト=シュトルプ マリア・フォン・メクレンブルク=シュヴェリーン
1380年3月23日
1人の子女を儲ける
ヴァルティスラフ6世隻眼公   1345年 1377年-1393年 1394年6月13日 ポメラニア=ヴォルガスト=バース アンナ・フォン・メクレンブルク=スタルガルト
1363年10月1日
4人の子女を儲ける
1377年、ヴォルガストから分離したバースの初代公爵になる。
ボギスラフ8世偉大公   1364年ごろ 1394年/1395年-1418年 1418年2月11日 ポメラニア=ヴォルガスト=シュトルプ ゾフィア・フォン・ホルシュタイン
1398年ごろ
2人の子女を儲ける
ヴァルティスラフ7世の兄弟。
バルニム5世   1369年 1395年-1403年 1402年/1403年 ポメラニア=ヴォルガスト=シュトルプ ヘートヴィヒ・フォン・リタウエン
1396年9月27日
1人の子女を儲ける
1402年まで兄のボギスラフ8世と共同統治。
ヴァルティスラフ6世隻眼公   1345年 1393年-1394年 1394年6月13日 ポメラニア=ヴォルガスト アンナ・フォン・メクレンブルク=スタルガルト
1363年10月1日
4人の子女を儲ける
1393年に弟のボギスラフ6世が亡くなり、ポメラニア=ヴォルガストを再統一。
オットー2世   1380年ごろ 1413年-1428年 1428年3月27日 ポメラニア=シュテッティン アグネス・フォン・メクレンブルク=スタルガルト
1411年ごろ
子を儲けず
シュヴィエントボル3世の子。
カジミール5世   1380年以前 1413年-1435年 1435年4月13日 ポメラニア=シュテッティン カタリーナ・フォン・ブラウンシュヴァイク=リューネブルク
1420年ごろまたはそれ以前
3人の子女を儲ける

エリーザベト・フォン・ブラウンシュヴァイク=グルベンハーゲン
1439年ごろまたはそれ以前
1人の子女を儲ける
弟オットー2世と共同統治。
バルニム6世   1365年ごろ 1393年-1405年 1405年9月22日 ポメラニア=ヴォルガスト フェローニカ・フォン・ホーエンツォレルン
1395年ごろまたはそれ以前
3人の子女を儲ける
ヴァルティスラフ6世の子。
ヴァルティスラフ8世   1373年 1393年-1415年 1415年8月20日/23日 ポメラニア=ヴォルガスト アグネス・フォン・ザクセン=ラウエンブルク
1398年ごろまたはそれ以前
4人の子女を儲ける
兄のバルニム6世と共同統治。
ボギスラフ9世   1407年/1410年 1418年-1446年 1446年12月7日 ポメラニア=ヴォルガスト=シュトルプシュトルプスタルガルト マリア・フォン・マゾヴィーン
1432年6月24日
ポーゼン
2人の子女を儲ける
アグネス・フォン・ザクセン=ラウエンブルク (摂政)   1373年以降 1415年-1417年/1425年 1435年 ポメラニア=ヴォルガスト ヴァルティスラフ8世
1398年ごろまたはそれ以前
4人の子女を儲ける
バルニム8世、シュヴィエントボル4世、ヴァルティスラフ9世、バルニム7世の摂政。
ヴァルティスラフ9世   1400年ごろ 1417年/1425年-1457年 1457年4月17日 ポメラニア=ヴォルガスト ゾフィア・フォン・ザクセン=ラウエンブルク
1420年
4人の子女を儲ける
バルニム6世の子。
バルニム7世年長公   1390年 1417年/1425年-1450年 1450年9月22日 ポメラニア=ヴォルガスト 未婚 弟ヴァルティスラフ9世と共同統治。
バルニム8世若公   1405年と1407年の間 1425年-1451年 1451年12月15日と19日の間 ポメラニア=ヴォルガスト=バース アンナ・フォン・ヴンストルフ
1434年ごろまたはそれ以前
1人の子女を儲ける
シュヴィエントボル4世平静公 1408年ごろ 1425年-1432年 1432年 ポメラニア=ヴォルガスト=バース 未婚
ポメラニア=シュテッティン摂政会議:1435年-1443年
ヨアヒム1世若公   1424年 1435年-1451年 1451年10月4日 ポメラニア=シュテッティン エリーザベト・フォン・ブランデンブルク
1440年9月29日
1人の子女を儲ける
カジミール5世の子。
マリア・フォン・マゾヴィーン (摂政)   1408年/1415年 1446年-1449年 1454年2月14日 ポメラニア=ヴォルガスト=シュトルプシュトルプスタルガルト ボギスラフ9世
1432年6月24日
ポーゼン
2人の子女を儲ける
エリク1世の摂政。
エリク1世   1381年/1382年 1449年-1459年 1459年5月3日 ポメラニア=ヴォルガスト=シュトルプシュトルプスタルガルト フィリッパ・オブ・イングランド
1406年10月26日
ルンド
1人の子女を儲ける
ヴァルティスラフ7世の子。カルマル同盟ノルウェー国王デンマーク国王、およびスウェーデン国王
エリク2世   1418年と1425年の間 1457年-1474年 1474年7月5日 ポメラニア=ヴォルガスト アンナ・ゾフィア・フォン・ポメラニア=シュトルプ
1451年
12人の子女を儲ける
オットー3世   1444年5月29日 1460年-1464年 1464年9月7日 ポメラニア=シュテッティン 未婚
ヴァルティスラフ10世   1435年 1457年-1478年 1478年12月17日 ポメラニア=ヴォルガスト=バース エリーザベト・フォン・ブランデンブルク
1454年3月5日
2人の子女を儲ける

マグダレーナ・フォン・メクレンブルク=スタルガルト
1472年
子を儲けず
ヴァルティスラフ9世の子。
エリク2世   1418年と1425年の間 1464年-1474年 1454年7月5日 ポメラニア=シュテッティン アンナ・ゾフィア・フォン・ポメラニア=シュトルプ
1451年
12人の子女を儲ける
ボギスラフ10世大公   1454年6月3日 1474年-1478年 1523年10月5日 ポメラニア=ヴォルガストポメラニア=シュテッティン マルガレーテ・フォン・ブランデンブルク
1477年9月20日
プレンツラウ
子を儲けず

アンナ・ヤギェロンカ
1491年2月2日
シュテッティン
8人の子女を儲ける
ボギスラフ10世大公   1454年6月3日 1478年-1523年 1523年10月5日 ポメラニア マルガレーテ・フォン・ブランデンブルク
1477年9月20日
プレンツラウ
子を儲けず

アンナ・ヤギェロンカ
1491年2月2日
シュテッティン
8人の子女を儲ける
1478年、公国を再統一する。
ゲオルク1世   1493年4月11日 1523年-1531年 1531年5月10日 ポメラニア アマーリエ・フォン・バイエルン
1513年5月22日
シュテッティン
3人の子女を儲ける

マルガレーテ・フォン・ブランデンブルク
1530年1月23日
ベルリン
1人の子女を儲ける
ボギスラフ10世の子。
ボギスラフ11世 (ポメラニア公)
(統治せず)
1514年 1514年 1514年 ポメラニア 未婚 ゲオルク1世の子。夭折したため統治しなかったが、11世として数えられる。公国を統治した11人目のボギスラフはボギスラフ13世である。
バルニム9世敬虔公   1501年12月2日 1523年-1531年 1573年11月2日 ポメラニア アンナ・フォン・ブラウンシュヴァイク=リューネブルク
1525年2月2日
シュテッティン
7人の子女を儲ける
兄のゲオルク1世と共同統治。
バルニム9世敬虔公   1501年12月2日 1531年-1569年 1573年11月2日 ポメラニア=シュテッティン アンナ・フォン・ブラウンシュヴァイク=リューネブルク
1525年2月2日
シュテッティン
7人の子女を儲ける
ボギスラフ12世
(統治せず)
1542年8月27日ごろ 1542年 1542年9月15日以前 ポメラニア=シュテッティン 未婚 バルニム9世の子。夭折したため統治しなかったが、12世として数えられる。ボギスラフ10世以降、実際に公国を統治したボギスラフは13世と14世のみである。
フィリップ1世敬虔公   1515年7月14日 1531年-1560年 1560年2月14日 ポメラニア=ヴォルガスト マリア・フォン・ザクセン
1536年2月27日
トルガウ
10人の子女を儲ける
ゲオルク1世の子。
エルンスト・ルートヴィヒ平等公   1545年11月20日 1560年-1592年 1592年6月17日 ポメラニア=ヴォルガスト ゾフィア・ヘートヴィヒ・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル
1577年10月20日
ヴォルガスト
3人の子女を儲ける
フィリップ1世の子。
ヨハン・フリードリヒ強健公   1542年8月27日 1560年-1569年 1600年2月9日 ポメラニア=ヴォルガスト エレオノーレ・フォン・ザクセン=アイゼナハ
1577年2月17日
シュテッティン
子を儲けず
弟のエルンスト・ルートヴィヒと共同統治。
ボギスラフ13世 (ポメラニア公)
(統治した公爵のみ数える場合はボギスラフ11世
  1544年8月9日 1560年-1569年 1606年3月7日 ポメラニア=ヴォルガスト クララ・フォン・ブラウンシュヴァイク=リューネブルク
1572年9月8日
11人の子女を儲ける

アンナ・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク
1601年5月31日
子を儲けず
兄弟のエルンスト・ルートヴィヒとヨハン・フリードリヒと共同統治。
バルニム10世若公   1549年2月15日 1560年-1569年 1603年9月1日 ポメラニア=ヴォルガスト アンナ・マリア・フォン・ブランデンブルク
1581年1月8日
ベルリン
子を儲けず
兄のエルンスト・ルートヴィヒ、ヨハン・フリードリヒ、ボギスラフ13世と共同統治。
ヨハン・フリードリヒ強健公   1542年8月27日 1569年-1600年 1600年2月9日 ポメラニア=シュテッティン エレオノーレ・フォン・ザクセン=アイゼナハ
1577年2月17日
シュテッティン
子を儲けず
バルニム10世若公   1549年2月15日 1600年-1603年 1603年9月1日 ポメラニア=シュテッティン アンナ・マリア・フォン・ブランデンブルク
1581年1月8日
ベルリン
子を儲けず
1600年、シュテッティンを継承。
ボギスラフ13世
(統治した公爵のみ数える場合はボギスラフ11世
  1544年8月9日 1569年-1603年 1606年3月7日 ポメラニア=ヴォルガスト=バース クララ・フォン・ブラウンシュヴァイク=リューネブルク
1572年9月8日
11人の子女を儲ける

アンナ・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク
1601年5月31日
子を儲けず
1569年、ポメラニア=ヴォルガスト=バースとフランツブルクを獲得。フィリップ・ユリウスの家庭教師。1603年、ポメラニア=シュテッティンを継承。
フィリップ・ユリウス   1584年12月27日 1592年-1603年 1625年2月6日 ポメラニア=ヴォルガスト アグネス・フォン・ブランデンブルク
1604年6月25日
ベルリン
子を儲けず
エルンスト・ルートヴィヒの子。
ボギスラフ13世
(統治した公爵のみ数える場合はボギスラフ11世
  1544年8月9日 1603年-1606年 1606年3月7日 ポメラニア=シュテッティン クララ・フォン・ブラウンシュヴァイク=リューネブルク
1572年9月8日
11人の子女を儲ける

アンナ・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク
1601年5月31日
子を儲けず
1603年、ポメラニア=シュテッティンを継承し、子のフィリップ・ユリウスにバースとフランツブルクを譲る。
フィリップ・ユリウス   1584年12月27日 1603年-1625年 1625年2月6日 ポメラニア=ヴォルガストバースヴォルガスト アグネス・フォン・ブランデンブルク
1604年6月25日
ベルリン
子を儲けず
エルンスト・ルートヴィヒの子。
バルニム10世若公   1549年2月15日 1569年-1603年 1603年9月1日 ポメラニア=シュテッティン=リューゲンヴァルデ アンナ・マリア・フォン・ブランデンブルク
1581年1月8日
ベルリン
子を儲けず
1569年、ポメラニア=シュテッティンから分割されたリューゲンヴァルデを獲得。
フィリップ2世敬虔公   1573年7月29日 1606年-1618年 1618年2月3日 ポメラニア=シュテッティン ゾフィー・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク
1607年3月10日
トレプトー・アン・デル・レーガ
子を儲けず
ボギスラフ13世の子。
ゲオルク2世   1582年1月30日 1603年-1617年 1617年3月27日 ポメラニア=シュテッティン=リューゲンヴァルデ 未婚 フィリップ2世、フランツ、ボギスラフ14世の兄弟。ボギスラフ14世と共同統治。
ボギスラフ14世社交公
(統治した公爵のみ数える場合はボギスラフ12世
  1580年3月31日 1603年-1625年 1637年3月10日 ポメラニア=シュテッティン=リューゲンヴァルデ エリーザベト・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク
1615年
子を儲けず
ボギスラフ13世の子。1606年から1617年まで、リューゲンヴァルデを弟ゲオルク2世と共有している。
フランツ   1577年3月24日 1618年-1620年 1620年11月27日 ポメラニア=シュテッティン ゾフィー・フォン・ザクセン
1610年8月26日
ドレスデン
子を儲けず
フィリップ2世の弟。
ボギスラフ14世社交公
(統治した公爵のみ数える場合はボギスラフ12世
  1580年3月31日 1620年-1625年 1637年3月10日 ポメラニア=シュテッティンシュテッティンリューゲンヴァルデ エリーザベト・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク
1615年
子を儲けず
1620年、フランツがなくなると、ボギスラフ14世はポメラニア=シュテッティンを継承した。
ボギスラフ14世社交公
(統治した公爵のみ数える場合はボギスラフ12世
  1580年3月31日 1625年-1637年 1637年3月10日 ポメラニア エリーザベト・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク
1615年
子を儲けず
1625年、フィリップ・ユリウスが亡くなり、ボギスラフ14世はポメラニア公国を再統一した。

リューゲン公国編集

1168年–1325年、デンマークの臣下の支配

1325年-1478年、ポメラニア=ヴォルガスト公国とポメラニア=バース公国の支配下:

1474年以降、ポメラニア=ヴォルガスト公国領になる。

ポメレレン公国編集

1155年、シュヴィエントペウク1世の領地がソビエスラフ1世の下で独立し、サンボル家ポメレレン公国を創設した。

ポメレレン公国の分割編集

1215年、公国は四分割された。

      ダンツィヒ       ベルガルト       リーブシャウ       シュヴェッツ

1215年-1271年
ポメレレン=ダンツィヒ公国
1215年に成立。
ポメレレン=ベルガルト公国
1215年に成立。
ポメレレン=リーブシャウ公国
1215年に成立。
ポメレレン=シュヴェッツ公国
1215年に成立。

1271年、ポメレレン公国は再統一され、1296年にポーランド王国領となった。

ポメレレン公編集

スラヴ系諸部族の支配編集

名前 出生 治世 死去 支配地域 配偶者 備考
シュヴィエントペウク1世 1080年ごろ 1106年-1113年 1148年以前 ダンツィヒ 不明 ポメレレン公ではなかったが、ポメレレンにあたる土地を支配した。

ソビェスワフ家(1155年-1296年)編集

名前 出生 治世 死去 支配地域 配偶者 備考
ソビェスワフ1世 1130年ごろ 1155年-1178年 1178年 ポメレレン 不明
1150年以前
2人の子女を儲ける
サンボル1世   1150年ごろ 1178年-1205年 1205年2月7日または12月30日 ポメレレン 不明
1205年以前
2人の子女を儲ける
ムシチュイ1世   1160年ごろ 1205年-1220年 1220年7月1日/2日 ポメレレン ズヴィニスワヴァ・ポルスカー
1190年ごろ
4男5女を儲ける
サンボル1世の弟。
シフィエントペウク2世   1190年ごろ 1220年-1266年 1266年1月11日 ポメレレン=ダンツィヒ サロメア・ハーリチャ
1220年以前
1人の子を儲ける

エウフロジナ・ポルスカー
1220年ごろ
2人の子女を儲ける

エルメネガルダ・フォン・メクレンブルク=シュヴェリーン
1230年ごろ
2人の子女を儲ける
ムシチュイ1世の子。ダンツィヒを支配し、1227年以降Dux(公)を称した。
ヴァルティスラフ1世 1195年ごろ 1220年-1233年 1233年1月11日 ポメレレン=ベルガルト=リーブシャウ=シュヴェッツ 未婚 ムシチュイ1世の子。シフィエチェを支配し、1227年以降Dux(公)を称した。死後、領地は弟たちに分割された。
ラティボル1世 1212年ごろ 1233年-1262年 1272年6月6日 ポメレレン=ベルガルト 未婚 ムシチュイ1世の子。1262年にドイツ騎士団に加入したため、ポメレレン=ベルガルトはポメレレン=ダンツィヒに併合された。
サンボル2世   1212年ごろ 1233年-1270年 1277年12月30日 ポメレレン=リーブシャウ マティルダ・フォン・メクレンブルク=シュヴェリーン
6人の子女を儲ける
ムシチュイ1世の子。初めはリーブシャウ=ディルシャウ付近に居を構え、ドイツの東方植民ディルシャウが建設されるとそこに移住した。
ムシチュイ2世   1220年 1266年-1270年 1294年12月29日 ポメレレン=シュヴェッツ ユディス・フォン・ヴェッティン
1275年以前
2人の子女を儲ける

エウフロジナ・オポルスカ
1275年結婚、1288年離婚
子を儲けず

スリスワヴァ
1288年以降
子を儲けず
シフィエントペウク2世の子。1270年、ポメレレン公国を再統一する。
ヴァルティスラフ2世 1237年 1266年-1270年 1271年5月9日 ポメレレン=ダンツィヒ 未婚 シフィエントペウク2世の子。後継者を残さず死去し、ダンツィヒはポメレレン公国に統合された。
ムシチュイ2世   1220年 1270年-1294年 1294年12月29日 ポメレレン ユディス・フォン・ヴェッティン
1275年以前
2人の子女を儲ける

エウフロジナ・オポルスカ
1275年結婚、1288年離婚
子を儲けず

スリスワヴァ
1288年以降
子を儲けず
1270年、ポメレレン公国を再統一する。1294年、ポメレレン公国はポーランド王国に併合された。

ポメレレンのその後編集

脚注編集

参考文献編集

  • Gerard Labuda (ed.), "Historia Pomorza", vol. 1–4, Poznan-Torun 1969–2003
  • Edmund Kopicki, "Tabele dynastyczne", "Wykazy panujacych", in: "Katalog podstawowych monet i banknotow Polski oraz ziem z historycznie z Polska zwiazanych", vol. IX, part I
  • Zugmunt Boras, "Ksiazeta Pomorza Zachdniego", Poznań 1969, 1978, 1996
  • Casimir Kozlowski, George Podralski, "Poczet Ksiazat Pomorza Zachdniego", KAW, Szczecin 1985
  • L. Badkowski, W.Samp. "Poczet ksiazat Pomorza Gdanskiego", Gdańsk 1974
  • B. Sliwinski, "Poczet ksiazaat gdanskich", Gdańsk 1997
  • Wojciech Myslenicki, "Pomorscy sprzymierzenscy Jagiellonczylow", Wyd. Poznanskie, Poznań 1979
  • J. Spors, "Podzially administracyjne Pomorza Gdanskiego i Slawiensko-Slupksiego od XII do poczatkow XIV w", Słupsk 1983
  • K. Slaski, "Podzially terytorialne Pomorza w XII–XII w.", Poznań 1960
  • Edward Rymar, Krewni i powinowaci ksiazat pomorskich w zrodłach sredniowiecznych (XII–początek XVI w.), Materially Zachodniopomorskie, vol. XXXI

関連項目編集

外部リンク編集