ポラリス賞 (Polaris Award) は民間航空に関係する賞としては最高位に位置する賞で、国際定期航空操縦士協会連合会 (IFALPA) が民間航空機パイロットに対して、その優れた飛行技術や英雄的行為を表彰するものである。場合により、英雄的行為をとった乗客が表彰されることもある。IFALPAの年次総会で発表されるが、毎年授与されるものではない。

過去の受賞者編集

†は事故・事件で死亡したクルー。

年度 受賞した乗員 受賞したその他の関係者 事故 航空会社 状況
1983年 機長・副操縦士 不明 エア・フロリダ90便墜落事故 救助ヘリコプターの乗員
1984年 機長・副操縦士 不明 エア・カナダ797便火災事故   エア・カナダ
(Air Canada)
客室火災(機内火災)
1985年 機長・副操縦士 航空機関士 リーブ・アリューシャン航空8便緊急着陸事故   リーブ・アリューシャン航空
(Reeve Aleutian Airways)
ロッキード L-188のプロペラ脱落および操縦系統故障
1986年 機長・副操縦士 不明 エジプト航空648便ハイジャック事件   エジプト航空
(EgyptAir)
ハイジャック
1987年 機長・副操縦士 航空機関士 日本航空123便墜落事故   日本航空
(Japan Airlines)
減圧、油圧全損による操縦不能
1989年 機長・副操縦士 不明 アロハ航空243便事故   アロハ航空
(Aloha Airlines)
機体の天井が剥がれ落ちたことによる急減圧
1990年 機長・副操縦士 航空機関士・デッドヘッドの機長兼訓練教官 ユナイテッド航空232便不時着事故   ユナイテッド航空
(United Airlines)
DC-10型機のエンジン爆発による油圧全損、操縦不能にも関わらず不時着に成功し、乗客のおよそ半分を救った
1991年 機長 チェルノブイリ原子力発電所事故 臨界中の炉心直上でセメント投入のためのホバリング飛行を行った
1992年 機長・副操縦士 スカンジナビア航空751便不時着事故     スカンジナビア航空
(Scandinavian Airlines)
離陸時の両エンジン故障
副操縦士 ブリティッシュ・エアウェイズ5390便不時着事故   ブリティッシュ・エアウェイズ
(British Airways)
風防ガラス脱落による急減圧(機長の体が吸い出された)
機長・副操縦士 アトランティック・サウスイースト航空2254便空中衝突事故   アトランティック・サウスイースト航空
(Atlantic Southeast Airlines)
空中衝突
1993年 機長[1] ハイジャック機体で2度の強行着陸
1996年 機長 対麻痺で車椅子のパイロット
機長・副操縦士 航空機関士 エールフランス8969便ハイジャック事件   エールフランス
(Air France)
ハイジャック
1998年 機長・副操縦士 エチオピア航空961便ハイジャック墜落事件   エチオピア航空
(Ethiopian Airlines)
ハイジャック、不時着水
1999年 機長・副操縦士 パキスタン国際航空544便ハイジャック事件英語版   パキスタン国際航空
(Pakistan International Airlines)
ハイジャック
2000年 機長・副操縦士 デッドヘッドの機長、その他5名 全日空61便ハイジャック事件   全日本空輸
(All Nippon Airways)
ハイジャック
2001年 機長・副操縦士 交代副操縦士 ブリティッシュ・エアウェイズ2069便ハイジャック未遂事件   ブリティッシュ・エアウェイズ
(British Airways)
ハイジャック未遂
機長・副操縦士 ユナイテッド航空93便テロ事件   アメリカン航空
(American Airlines)

  ユナイテッド航空
(United Airlines)
アメリカ同時多発テロ事件
機長・副操縦士 ユナイテッド航空175便テロ事件
機長・副操縦士 アメリカン航空11便テロ事件
機長・副操縦士 アメリカン航空77便テロ事件
2005年[2] 機長・副操縦士 航空機関士 DHL貨物便撃墜事件   DHL
(European Air Transport)
ミサイルが左翼に当たったことによる油圧喪失による操縦不能
機長・副操縦士 カトー航空603便不時着事故[3]   カトー・エア英語版
(Kato-Air)
落雷による昇降舵故障
機長・副操縦士 交代要員2名 カトー航空605便[4]   カトー・エア英語版
(Kato-Air)
ハイジャック未遂
機長・副操縦士 オーストリア航空111便[5]   オーストリア航空
(Austrian Airlines)
フォッカー 70の両エンジン故障
2008年 機長 ネーションワイド航空723便[6]   ネーションワイド航空英語版
(Nationwide Airlines)
エンジン脱落
2009年 機長・副操縦士 イーグル航空2279便ハイジャック未遂事件英語版   イーグル航空英語版
(Eagle Airways)
ハイジャック未遂
2010年 機長・副操縦士 交代操縦士 カンタス航空30便機体破損事故   カンタス航空
(Qantas)
酸素ボンベ破裂による急減圧
2011年[7] 機長・副操縦士 交代機長・副操縦士・試験官 カンタス航空32便エンジン爆発事故   カンタス航空
(Qantas)
エンジン破損
2014年[8] 機長・副操縦士 キャセイパシフィック航空780便事故   キャセイパシフィック航空
(Cathay Pacific)
燃料の汚染によるエンジン制御システム故障[9]

関連項目編集

参考文献編集

  1. ^ FSF Professionalism Award in Flight Safety”. Flight Safety. 2021年1月2日閲覧。
  2. ^ Internasjonal heder for heltedåd”. Helgelendingen. 2020年4月2日閲覧。
  3. ^ Accident description Kato Air Flight 603”. 2019年4月14日閲覧。
  4. ^ Accident description Kato Air Flight 605”. 2019年4月14日閲覧。
  5. ^ Accident description Austrian Airlines Flight 111”. 2018年7月5日閲覧。
  6. ^ Accident description Nationwide Airlines Flight 723”. 2019年4月14日閲覧。
  7. ^ Qantas 32 Crew Recognized for Valor with the Professionalism Award”. Flight Safety. 2020年7月14日閲覧。
  8. ^ Cathay Pacific Pilots Receive IFALPA’s Polaris Award”. businesswire. 2020年7月14日閲覧。
  9. ^ Parry (2014年4月20日). “Pilots reveal death-defying ordeal as engines failed on approach to Chek Lap Kok”. Post Magazine. 2014年4月29日閲覧。