メインメニューを開く

ポリエーテルイミド (: polyetherimide PEI) はスーパーエンジニアリング・プラスチックの一種。

概要編集

1980年代の初頭にゼネラルエレクトリック社で開発された。ULTEM(ウルテム)の商品名で販売されていた。2007年9月にサウジ基礎産業公社(SABIC)がGEのプラスチック分野を買収し、SABICが供給している。

熱可塑性樹脂ガラス転移温度は217℃で、150℃まで弾性率が低下せず170℃前後まで常用可能[1]。耐薬品性に優れ、耐水性や耐熱水にも有効で難燃性の物質で、仮に燃えた場合でも発煙が少なく、電気特性、耐侯性にも優れ、絶縁破壊強さも高いため、航空機の部品としても使用できる[2]

流動性が高く、射出成型にも適する[3]。また3Dプリンターでの利用も可能である。

用途編集

  • 精密機器
  • 自動車部品
  • 航空機部品
  • 家電
  • 医療機器
  • 電気・電子分野
  • 食品機械

脚注・出典編集

関連項目編集