ポリカールポフ設計局

ポリカールポフから転送)

ポリカールポフ設計局はソビエト連邦の航空機の設計局ニコライ・ニコラエヴィチ・ポリカールポフが主任であった。1944年7月30日に彼が52歳で死去したのち、設計局はラヴォーチキン設計局に吸収された。また、いくらかの技術者はミコヤン・グレヴィッチ設計局に移り、生産設備はスホーイが引き継いだ。長い間本拠地をモスクワの航空機工場#1(現Dux工場)においており、現在でもその建物を見ることができる。

ポリカールポフ設計局
Polikarpov
種類 設計局
(現在でいう公共株式会社)
本社所在地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ソビエト連邦(現:ロシア連邦)
モスクワ
業種 輸送用機器
事業内容 航空機の開発・製造
テンプレートを表示
Polikarpov I-5

開発機編集

  • R-1、R-2英語版:英国のエアコーDH.9A爆撃機を元にした複葉偵察/軽爆撃機
  • MR-1:R-1の水上型
  • PM-1 (P-2):複葉旅客機
  • PM-2 (PM-2):飛行艇[1]
  • U-2/Po-2:複葉練習機
  • I-1:試作単葉戦闘機
  • DI-1 (2I-N1)英語版:試作複座複葉戦闘機
  • P-2:試作複葉練習機
  • I-3:複葉戦闘機
  • R-4:R-1から開発された複葉偵察/軽爆撃機
  • DI-2 (D-2):I-3派生型の複座複葉戦闘機
  • TB-2:試作双発複葉爆撃機
  • R-5:複葉偵察/軽爆撃機
  • P-5:R-5の軽輸送機版
  • SSS:R-5の改良型
  • R-Z:R-5の改良型
  • PR-5:R-5から開発された旅客機
  • I-5:複葉戦闘機
  • I-6英語版:複葉戦闘機
  • I-15:複葉戦闘機
  • I-16:戦闘機
  • I-15bis:複葉戦闘機
  • I-153:複葉戦闘機
  • I-17:試作戦闘機
  • I-180:試作戦闘機
  • I-185:試作戦闘機
  • I-190:試作複葉戦闘機
  • イワノフ英語版:試作攻撃機
  • VIT-1英語版:試作双発攻撃機
  • VIT-2英語版:VIT-1の改良型試作機
  • PR-12:R-5から開発された単葉旅客機
  • SPB (D)英語版:VITから開発された双発急降下爆撃機
  • TIS (MA):試作型双発攻撃機
  • ITP:試作戦闘機
  • NB (T):試作中型爆撃機
  • BDP (S):輸送グライダー
  • MP:BDPの動力化版
  • Malyutka:ロケット推進戦闘機、ポリカルポフの死後放棄された。
  • Limozin (D):軽輸送機、ポリカルポフの死後放棄された。

編集