メインメニューを開く

ポリデオキシリボヌクレオチド

ポリデオキシリボヌクレオチド(polydeoxyribonucleotide: PDRN) は、特定の分子量の範囲のデオキシヌクレオチド重合体、DNAの断片で[1]、ヒトの胎盤サケ Oncorhynchus keta の精子から抽出できる[2]。韓国やイタリアで組織修復作用から医薬品で、注射やクリームが存在する[1]。化粧品や[3]サプリメントも販売されている[4]

原料編集

PDRNは当初胎盤から抽出された組織修復刺激剤として発見され[2]、ほかにもマス Oncorhynchus mykissサケ Oncorhynchus keta の精子から抽出されマスはイタリアの医薬品、サケは韓国の医薬品に使用されているがこの2種の魚は同種であり、産卵のために韓国へと移動している[1]。分子量は、50塩基から2000塩基である[1]

医療編集

イタリアでは注射剤の プラセンテックス (Placentex Integro、処方薬)、韓国では注射剤の Rejuvenex(処方薬)と、クリーム(一般医薬品)[2]、また点眼薬(一般医薬品)が存在する[5]

注射剤は、15日から20日間隔で使用される[2]

一般用途編集

PDRNを用いた化粧品や[3]サプリメントもある[4][5]

作用機序編集

作用機序は明確ではないが、サイトカインの濃度を低下させることで抗炎症作用を発揮する[2]。外用剤については、ある市販製品では分子量350ダルトンであり[3]、通常500ダルトン以下でないと角質層を通過できないとされる[6]

有効性編集

イタリアでの192名のランダム化比較試験 (RCT) で、8週間後に糖尿病による足の潰瘍の完全治癒率はPDRNの注射で約37%、偽薬で約19%、治癒完了までPDRNで平均30日、偽薬で49日であった[7]。23名でのRCTで、Placentex Integroを使用し褥瘡に対し偽薬より傷の大きさを減少した[8]。60の眼球で目の傷である角膜の完全な上皮化において、PDRNの方が偽薬よりも早かった[9]。皮膚を欠損させた60匹のマウスでは、サケ由来PDRNの方がマス由来よりも創傷治癒の期間を短縮させた[1]

色素沈着に使用されているが研究がないので、2016年の6人での初の予備試験では、色素沈着部位へのPlacentexの注射(月1で計3回)で有意に改善した[2]

出典編集

  1. ^ a b c d e Lee, Jong Hun; Han, Jin Woo; Byun, Jin Hwan; et al (2018). “Comparison of wound healing effects between Oncorhynchus keta-derived polydeoxyribonucleotide (PDRN) and Oncorhynchus mykiss-derived PDRN”. Archives of Craniofacial Surgery 19 (1): 20–34. doi:10.7181/acfs.2018.19.1.20. PMC: 5894545. PMID 29609429. https://doi.org/10.7181/acfs.2018.19.1.20. 
  2. ^ a b c d e f Noh, Tai; Chung, Bo; Kim, Su; et al (2016). “Novel Anti-Melanogenesis Properties of Polydeoxyribonucleotide, a Popular Wound Healing Booster”. International Journal of Molecular Sciences 17 (9): 1448. doi:10.3390/ijms17091448. PMC: 5037727. PMID 27598132. https://doi.org/10.3390/ijms17091448. 
  3. ^ a b c Fabiano Svolacchia (2018). The PDRN (polydeoxyribonucleotide) in Cosmetic Medicine, Biological Introduction, Literature and Meta-Analysis. doi:10.13140/RG.2.2.15734.70720. https://www.researchgate.net/publication/323119374. 
  4. ^ a b Belo, A (2006). “Gastroprotective effects of oral nucleotide administration”. Gut 55 (2): 165–171. doi:10.1136/gut.2005.076752. PMC: 1856498. PMID 16091553. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1856498/. 
  5. ^ a b 処方区分について 파마리서치프로덕트 2019年7月13日閲覧。
  6. ^ Dhurat, Rachita; Sharma, Aseem; Goren, Andy; et al (2019-5). “Mission impossible: Dermal delivery of growth factors via microneedling”. Dermatologic Therapy: e12897. doi:10.1111/dth.12897. PMID 30963686. 
  7. ^ Squadrito F, Bitto A, Altavilla D et al (2015). “The effect of PDRN, an adenosine receptor A2A agonist, on the healing of chronic diabetic foot ulcers: results of a clinical trial”. The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism 100 (2): 763–763. doi:10.1210/jc.2013-3569. PMID 24483158. 
  8. ^ Kim, Jung Yoon; Pak, Chang Sik; Park, Ji Hoon; et al (2014). “Effects of Polydeoxyribonucleotide in the Treatment of Pressure Ulcers”. Journal of Korean Medical Science 29 (Suppl 3): S222. doi:10.3346/jkms.2014.29.S3.S222. PMC: 4248009. PMID 25473213. https://doi.org/10.3346/jkms.2014.29.S3.S222. 
  9. ^ M. Lazzarotto, E. M. Tomasello, A. Caporossi (July-August 2004). “Clinical evaluation of corneal epithelialization after photorefractive keratectomy in patients treated with polydeoxyribonucleotide (PDRN) eye drops: a randomized, double-blind, placebo-controlled trial”. European journal of ophthalmology 14 (4): 284–289. PMID 15309972. 

外部リンク編集

  • Rubegni P, De Aloe G, Mazzatenta C, Cattarini L, Fimiani M (2001). “Clinical evaluation of the trophic effect of polydeoxyribonucleotide (PDRN) in patients undergoing skin explants. A Pilot Study”. Curr Med Res Opin 17 (2): 128–31. PMID 11759182.  創傷治癒のRCT