ポリヘキサメチレングアニジン

ポリヘキサメチレングアニジン (: Polyhexamethylene guanidine, PHMG) は、殺生物性英語版消毒薬として利用されているグアニジン誘導体である。多くの場合、ポリヘキサメチレングアニジンリン酸(PHMG-P) の形で利用される。

ポリヘキサメチレングアニジン
識別情報
略称 PHMG, PHMG-P
CAS登録番号 31961-54-3, 89697-78-9 (phosphate), 57028-96-3 (HCl)
特性
化学式 (C7H15N3)n
への溶解度 280 g/L[1]
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

研究によると、溶液中のPHMGには殺真菌力、およびグラム陽性菌グラム陰性菌両方に対する殺バクテリア力英語版があることが示されている[2]。また、この物質は洗剤耐食剤英語版凝集剤としての性質も持ち、生物付着英語版を防ぐ[3] 。PHMG-P は白色の粉末状固体[1]で、他のポリグアニジン塩と同様に水溶性が高い[3]

毒性編集

ポリヘキサニド (PHMB) とは異なり、PHMGは比較的新しい化合物で、物性、有用性、効果についてまだ十分には知られていない。予備的発見によると、PHMGおよびその誘導体は、主に細胞の脱水素酵素の活性を抑制することにより細胞膜を損壊していることが示唆されている[4]

加湿器殺菌剤事件編集

1994年油公(現:SKケミカル)がPHMGを使った加湿器殺菌剤を開発。2001年以降、韓国では家庭用加湿器の微生物汚染を防ぐための消毒剤として広く使用されていた[5]。PHMG を含む加湿器用消毒剤は、レキットベンキーザー傘下のOxyなど、多くのブランドにより販売された。2011年、塩化オリゴ(2-(2-エトキシ)エトキシエチルグアニジニウム (PGH) とこの物質は共に、幼児および妊婦の死に繋がる重篤な肺症状とエアロゾルへの曝露との間の関連性が指摘され、禁止された[6]。複数の疫学的・実験的研究により、家庭用加湿器へのこの物質の使用と肺疾患との間の因果関係は確認されている[7]。レキットベンキーザーは当初責任を認めていなかったが、批判を受け2016年5月に責任を全て認めた[8]

出典編集

  1. ^ a b Material Safety Data Sheet”. SK Chemicals (2002年12月2日). 2016年5月3日閲覧。
  2. ^ Walczak et al 2014, p. 1722.
  3. ^ a b Alexander Chirkunov; Yurii Kuznetsov (2015). “Corrosion inhibitors in Cooling Water systems”. Mineral Scales and Deposits: Scientific and Technological Approaches. Elsevier. pp. 85 ff., here: 99 f.. ISBN 978-0-444-63228-9. https://books.google.com/books?id=JxCdBAAAQBAJ&pg=PA99 
  4. ^ Walczak et al 2014, p. 1723.
  5. ^ “加湿器殺菌剤で95人死亡。韓国で起きた「家の中のセウォル号」事件とは”. ハフィントン・ポスト. (2016年5月5日). http://www.huffingtonpost.jp/namkoong-ihn/reckitt-benckiser-korea_b_9837074.html 2016年5月5日閲覧。 
  6. ^ Donguk Park et al. (2014-09-02). “Exposure characteristics of familial cases of lung injury associated with the use of humidifier disinfectants”. Environmental Health 13 (70). doi:10.1186/1476-069X-13-70. 
  7. ^ Dirk W. Lachenmeier (2015). “Chapter 24 – Antiseptic Drugs and Disinfectants”. Side Effects of Drugs Annual. 37. pp. 273–279. doi:10.1016/bs.seda.2015.06.005 
  8. ^ “Reckitt Benckiser sold deadly sterilisers in South Korea”. BBC News. (2016年5月2日). http://www.bbc.com/news/world-asia-36185549 2016年5月3日閲覧。 

参考論文編集

  • Maciej Walczak; Agnieszka Richert; Aleksandra Burkowska-But (2014). “The effect of polyhexamethylene guanidine hydrochloride (PHMG) derivatives introduced into polylactide (PLA) on the activity of bacterial enzymes”. Journal of Industrial Microbiology & Biotechnology 41 (11): 1719–1724. doi:10.1007/s10295-014-1505-5. 

関連項目編集