ポルカドットスティングレイ

日本のロックバンド (2015-)

ポルカドットスティングレイ: Polkadot Stingray)は、日本ロックバンド[1]である。2015年結成。福岡県出身。略称はポルカ[3]所属事務所はUNIVERSAL SIGMA ARTISTS。レーベルはユニバーサルミュージック内の社内レーベルであるユニバーサル シグマ

ポルカドットスティングレイ
出身地 日本の旗 日本福岡県福岡市
ジャンル ロック[1]
活動期間 2015年 -
レーベル ユニバーサル シグマ(2017年 - )
事務所 UNIVERSAL SIGMA ARTISTS
公式サイト ポルカドットスティングレイ
メンバー
旧メンバー ムロ(ギター)
ポルカドットスティングレイ
YouTube
チャンネル
活動期間 2015年 -
ジャンル 音楽
登録者数 約40.7万人[2]
総再生回数 約1億3803万回[2]
チャンネル登録者数、総再生回数は2022年3月28日時点。
テンプレートを表示

概要編集

キャッチコピーは『福岡県出身、何かを企む超常ハイカラギターロックバンド』[4]

2015年1月、福岡にて本格的に活動開始。メンバーの交代を経て、2015年8月に現在の4人体制となる。

2016年11月、初の全国流通CD『骨抜きE.P.』をリリース。

2017年11月、1st FULL ALBUM「全知全能」でユニバーサルシグマからメジャーデビュー。

バンド名の由来は同名のエイの一種(ポルカドット・スティングレイ)からで、言葉のパンチの強さで選んだ[5]

メンバー編集

現メンバー編集

(しずく、 (1992-10-15) 1992年10月15日(29歳) - ):Vo.Gt.
  • 福岡県北九州市[6][7]門司区門司港[8]出身。
  • 曲作りにおいてはリスナーのニーズ把握を最重要視しており、「マーケティングして曲を書いている」「内から溢れ出る想いや、自分の体験を曲にのせることはない」と公言している[9]。「『ニーズに応えられる音楽』こそがまごうことなき“私のやりたい音楽”」と語っている[10]
  • 高校を1年で中退している。その後予備校に通い大検を取得し、大学に進学した[11]福岡大学[12]法学部[13]卒業。
  • 幼少時代からのテレビゲーム好きで、メジャーデビューするまでバンド活動と並行しながらゲームアプリの開発ディレクターとして働いていた[14]。バンドを結成した頃、メンバーには「会社でディレクターになったらやめる」、「結成して2年経った時に、箸にも棒にもかからなかったらやめる」と言っており、その度にメンバーから「絶対音楽をやるべきだ」と説得され続けてきたという[9]
  • バンド結成前にイギリスへ留学していた経験がある。大学時代はゲーム制作の知識や技術が無かったため、その留学経験を生かし翻訳アルバイトとしてゲーム業界に入り、ゲームクリエイターに必要な知識を習得した[15]。また、その影響もありバンドの歌詞にも英語が多く取り入れられている。
エジマハルシ ( (1995-08-22) 1995年8月22日(26歳) - ):Gt.
ウエムラユウキ ( (1993-10-23) 1993年10月23日(28歳) - ):Ba.
ミツヤスカズマ ( (1992-06-25) 1992年6月25日(29歳) - ):Dr.
  • メイン楽器はTamaのStar Bubinga。スネアはLudwigを、シンバルはZildjianのものを使用している、なお、Tama・Zildjianとはエンドース契約を結んでいる。
  • もともとギター経験者であり、いくつかの楽曲のレコーディングでギターを担当している。
  • 絵が得意で、公式ファンクラブアプリ内では絵しりとりのコーナーを担当している。

元メンバー編集

ムロ:Gt.
  • 初期メンバー。「夜明けのオレンジ」のPVにも出演している。
  • もともと趣味でバンドに加入しており、「バンドだけでは生計を立てられない」との判断により2015年5月脱退。

略歴編集

2014年
4月 Vo./Gt.雫、Gt.ムロ、Dr.ミツヤスカズマで母体結成。
11月 Ba.ウエムラユウキが加入。
2015年
1月8日 本格的な活動を開始。
5月10日 Gt.ムロが脱退。
8月 Gt.エジマハルシが加入。
2016年
11月9日 初の全国流通盤『骨抜きE.P.』をタワーレコード限定発売。
2017年
2月 初のワンマンツアー<ポルカドットスティングレイ 2017 TOUR 骨抜き>を開催。
11月8日 1stフルアルバム『全知全能』をリリースしメジャーデビュー。
2018年
5月9日 ミニアルバム「一大事」を発売。
9月4日 NHKEテレアニメラディアン」のエンディングテーマ「ラディアン」を書き下ろしたことを発表。
9月6日 映画スマホを落としただけなのに」の主題歌「ヒミツ」を書き下ろしたことを発表。
10月15日 配信シングル「ヒミツ」をリリース。
11月7日 初の映像作品「秘密」をリリース。
2019年
2月6日 2ndアルバム「有頂天」をリリース。
4月1日 「モード学園」のCM楽曲「バケノカワ」を書き下ろしたことを発表。
6月9日 配信シングル「バケノカワ」をリリース。
7月17日 初の日本武道館ワンマン公演を開催。
7月17日 FCアプリ「半泣き黒猫団」を開設。
9月28日 スマートフォン用ゲームアプリ「ポケモンマスターズ」のTVCMに出演。[18]
10月16日 ミニアルバム「ハイパークラクション」を発売。
12月11日 1st LIVE DVD & Blu-ray「ポルカドットスティングレイ 2019 有頂天ツアーファイナル ポルフェス45 #かかってこいよ武道館」をリリース。
2020年
1月8日 4th mini ALBUM 「新世紀」をリリース。
2月27日 スキンケアブランド「ニベア」の春夏CMソングをVo.&Gt.雫が歌唱することを発表。
3月28日 新型コロナウイルスに伴い中止となった「ポルカドットスティングレイ 2020 新世紀ツアー ポルフェス47 幕張メッセ」の代わりとして

「ポルカドットスティングレイ 2020 新世紀ツアー ポルフェス47 #エア幕張」をYouTube Liveでライブ生配信。

また、生配信中にポルカドットスティングレイ初となる国立代々木競技場第一体育館を2021年1月11日に開催すると発表。

3月29日 ジェットスター・ジャパンとのタイアップソング「JET」をMV公開&各音楽サイト配信開始。
7月10日 公式TikTokアカウントが開設
7月17日 配信シングル「FREE」のMV公開&各音楽サイト配信開始。

ディスコグラフィー編集

シングル編集

発売日 タイトル 規格 収録曲 備考
自主制作
1 2015年4月29日 夜明けのオレンジ CD ライブ会場・デジタル配信限定
2 2015年6月13日 極彩 CD
3 2016年3月4日 テレキャスター・ストライプ 配信 デジタル配信限定
配信限定
1 2018年10月15日 ヒミツ 配信
2 2019年6月9日 バケノカワ 配信
3 2019年11月8日 女神 配信
4 2020年3月30日 JET 配信
5 2020年7月17日 FREE 配信
6 2020年11月8日 化身 配信
7 2021年12月29日 SHINOBI-NAI(雫カリウタ ver.) 配信 花澤香菜への提供曲のセルフカバーバージョン[19]
8 2022年1月26日 dude 配信 [20]
9 2022年3月19日 hide and seek 配信

アルバム編集

発売日 タイトル 規格 オリコン 備考
初回生産限定盤A 初回生産限定盤B 通常盤 最高位 登場回数
フルアルバム
1 2017年11月8日 全知全能 CD+グッズ
PDCS-1922
CD+DVD
UMCK-9996
CD
UMCK-1622
6位 20回 メジャーデビュー作品
2 2019年2月6日 有頂天 CD+Tシャツ
UMCK-7001
CD+DVD
UMCK-7002
CD
UMCK-1624
7位 7回
3 2020年12月16日 何者 CD+DVD
UMCK-7087
CD
UMCK-1675
8位 7回
ミニアルバム
1 2017年4月26日 大正義 CD
PDSCD-0002
7位 18回
2 2018年5月9日 一大事 CD+グッズ
PDCS-1923
CD+DVD
UMCK-9998
CD
UMCK-1623
4位 16回
3 2019年10月16日 ハイパークラクション CD+グッズ
UMCK-7031
CD+DVD
UMCK-7032
CD
UMCK-1640
9位 7回
4 2020年1月8日 新世紀 CD+DVD
20,000枚完全限定盤
6位 6回
EP
1 2016年11月9日 骨抜きE.P. CD
PDSCD-0001
タワーレコード限定販売
2 2021年5月26日 赤裸々 CD+DVD+グッズ
UMCK-7109
CD+DVD
UMCK-7122
CD
UMCK-1688
9位 2回

映像作品編集

発売日 タイトル 規格 オリコン 備考
初回生産限定盤 通常盤 最高位 登場回数
1 2018年11月7日 ヒミツ DVD+CD
UMBK-9301
DVD
UMBK-1265
3位 5回

回盤CD:「ヒミツ」収録

2 2019年12月11日 ポルカドットスティングレイ
2019 有頂天ツアーファイナル
ポルフェス45 #かかってこいよ武道館
DVD+CD
UMBK-9307
DVD
UMBK-1279
8位 4回 初回盤CD:武道館公演ライブ音源収録
BD+CD
UMXK-9021
BD
UMXK-1072
14位 5回

楽曲提供編集

  • 私立恵比寿中学SHAKE! SHAKE!」(作詞・作曲:雫、編曲:ポルカドットスティングレイ)
  • Rain Drops「TAKE OFF」(作詞・作曲・編曲:ウエムラユウキ)[21]
  • 花澤香菜「SHINOBI-NAI」(作詞・作曲:雫、編曲:ポルカドットスティングレイ・ながしまみのり)

タイアップ一覧編集

使用年 曲名 タイアップ
ポルカドットスティングレイ
2016年 夢の中へ Google Android「見せたい写真、パッと出る」篇 CMソング
2017年 レム サントリーフーズ「ヨーグリーナ&サントリー天然水」MVコラボソング
長崎国際テレビAIR』12月度オープニングテーマ
サレンダー ソーシャルゲーム『23/7 -トゥエンティ スリー セブン-』イメージソング
ショートショート PlayStation 4『僕らの真ん中にPS4篇』CMソング
BLUE みずほフィナンシャルグループ「Jump!」タイアップソング
2018年 少女のつづき リアルライフシンクロ型ドラマ『恋のはじまりは放課後のチャイムから』主題歌
ICHIDAIJI(×× ver.) MBSTBSドラマイズムわたしに××しなさい!』主題歌
T-JOY配給映画『わたしに××しなさい!』主題歌
テレキャスター・ストライプ 東宝配給映画『恋は雨上がりのように』挿入歌
ラディアン NHK Eテレ アニメ『ラディアン』第1シリーズエンディングテーマ
ヒミツ 東宝配給映画『スマホを落としただけなのに』主題歌
2019年 有頂天 九州朝日放送ドォーモ』1月度エンディングテーマ
ABCテレビ今ちゃんの「実は…」』2月度エンディングテーマ
テレビ愛知a-NN♪』2月度エンディングテーマ
バケノカワ 専門学校 モード学園(東京・大阪・名古屋)「承認欲求」篇 2019年度TVCMソング
DENKOUSEKKA 長崎国際テレビ『AIR』4月度オープニングテーマ
阿吽 テレビ愛知『a-NN♪』9月度エンディングテーマ
ABCテレビ『ビーバップ!ハイヒール』9月度エンディングテーマ
RKBテレビチャートバスターズR!』9月度マンスリーアーティスト
ミヤギテレビちょっとブレイクタイム』9月度エンディングテーマ
女神 MBS・TBS系 ドラマイズム『左ききのエレン』主題歌
トゲめくスピカ NHKみんなのうた』12月・1月度放送曲
SQUEEZE サントリー食品インターナショナル「ポルカドットスティングレイ × ラッコズ × 天然水スパークリングレモン」コラボMMVソング
sp813 J-WAVESPARK』火曜日 コラボソング
2020年 トゲめくスピカ 長崎国際テレビ『AIR』2月度オープニングテーマ
JET ジェットスター タイアップソング
さよならイエロー NHK Eテレ 短編アニメ『あはれ!名作くん』主題歌
化身 スマホゲームアプリ『A.I.M.$ -All you need Is Money-』ギャングテーマ
2021年 ストップ・モーション フォルクスワーゲンゴルフ」CMソング
トゲめくスピカ(タテヨコ ver.) 神風動画 × ポルカドットスティングレイ タテヨコ動画
青い UHFアニメゴジラ S.P <シンギュラポイント>』エンディングテーマ
ダイバー RAGE Shadowverse Pro League 21-22」テーマソング
dude 「ふくおか避密の旅+」テーマソング
2022年 hide and seek Amazon Prime Video配信ドラマ『恋に落ちたおひとりさま〜スタンダールの恋愛論〜』主題歌
2020年 POSE 「Google Nest Audio Sessions」タイアップソング

ヘビーローテーション/パワープレイ編集

テレビ編集

放送年 曲名 ヘビーローテーション/パワープレイ
2017年 エレクトリック・パブリック スペースシャワーTV ミドルローテーション「it!」
レム スペースシャワーTV ミドルローテーション「it!」
2018年 ICHIDAIJI スペースシャワーTV ミドルローテーション「it!」

メディア出演編集

ラジオ編集

  • SPARK(2017年10月 - 2022年3月、J-WAVE) - 雫のみレギュラー出演

CM編集

ライブ編集

主催イベント・ツアー編集

  • ポルカドットスティングレイが主催するライブには全て『ポルフェス○○』と通し番号が振られている。「公演日程」欄の太字の番号はその通し番号を表す。
  • 追加公演は赤色で表記
日程 タイトル 公演日程 備考
2015年
8月22日 ポルカドットスティングレイ presents 『ポルフェス』 初の主催イベント
2016年
10月15日 教祖爆誕ワンマン 初のワンマンライブ
2017年
2月3日 - 2月19日 2017 TOUR 骨抜き 初のワンマンツアー
6月2日 - 7月13日 2017 TOUR 大正義
9月16日 半泣き黒猫団女子団員ワンマン 女性限定ライブ
10月15日 教祖爆誕ワンマン
2018年
2月4日 - 4月7日 2018 TOUR 全知全能
6月26日 #一大事 ワンマン
10月15日 教祖爆誕ワンマン
12月2日 - 12月22日 2018 Zepp TOUR 秘密にしといて
2019年
4月19日 - 7月17日 2019 TOUR 有頂天 最終公演はバンド初の武道館ワンマン公演
10月15日 教祖爆誕ワンマン

参加イベント編集

11月18日 - JFM presents FOR THE NEXT
05月03日 - VIVA LA ROCK 2017
05月05日 - JAPAN JAM 2017
07月15日 - JOIN ALIVE 2017
07月22日 - NUMBER SHOT 2017
08月11日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017
08月20日 - WILD BUNCH FEST. 2017
08月27日 - RUSH BALL 2017
12月28日 - RADIO CRAZY
12月29日 - COUNTDOWN JAPAN 17/18
04月28日 - ARABAKI ROCK FEST.18
05月04日 - VIVA LA ROCK 2018
05月05日 - JAPAN JAM 2018
06月02日 - 百万石音楽祭2018
07月15日 - JOIN ALIVE 2018
07月28日 - WILD BUNCH FEST.2018
08月11日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018
08月18日 - SUMMER SONIC 2018
08月19日 - MONSTER baSH 2018
08月25日 - RUSH BALL 2018 20th ANNIVERSARY
08月31日 - SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018
10月06日 - マグロック&フジソニック 2018
10月28日 - Hot Stuff Promotion 40th Anniversary MASAKA
12月31日 - COUNTDOWN JAPAN 18/19

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b ポルカドットスティングレイ - プロフィール”. CDJournal. 音楽出版社. 2022年1月26日閲覧。
  2. ^ a b ポルカドットスティングレイ”. ユーチュラ. 2022年3月28日閲覧。
  3. ^ <FM802 MINAMI WHEEL>にオーサム、Creepy Nuts、ポルカら90組”. BARKS (2017年7月21日). 2017年7月29日閲覧。
  4. ^ ポルカドットスティングレイ New Official HP
  5. ^ ポルカドットスティングレイ (2016年4月27日). ディレクター兼バンドマン!? 『さわって!ぐでたま』を製作する彼女にインタビュー. インタビュアー:kent. AppBank.. http://www.appbank.net/2016/04/27/iphone-application/1194809.php 2017年1月17日閲覧。 
  6. ^ https://twitter.com/hzshizuku/status/1337981300490178561” (日本語). Twitter. 2021年5月16日閲覧。
  7. ^ https://twitter.com/hzshizuku/status/1337208819093360640” (日本語). Twitter. 2021年5月16日閲覧。
  8. ^ https://twitter.com/hzshizuku/status/1237274670073663488” (日本語). Twitter. 2021年5月16日閲覧。
  9. ^ a b Kashima, Yui. “ポルカ雫が明かす、「結成して2年でメジャーデビューした秘策」” (日本語). BuzzFeed. 2021年5月16日閲覧。
  10. ^ ポルカドットスティングレイ・雫が、ゲーム業界でも音楽業界でも“ごぼう抜き”を達成できたワケ|新R25 - シゴトも人生も、もっと楽しもう。” (日本語). 新R25. 2021年5月16日閲覧。
  11. ^ https://twitter.com/hzshizuku/status/968032215958343680” (日本語). Twitter. 2021年5月16日閲覧。
  12. ^ 1人でライブに行くのが不安…ポルカ・雫、力強く「全然大丈夫です!」 | J-WAVE NEWS” (日本語). J-WAVE NEWS | 音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」 | J-WAVE 81.3 FM. 2021年8月8日閲覧。
  13. ^ ポルカドットスティングレイ インタビュー - チュ~モクARTIST|バイトル” (日本語). バイトルマガジン BOMS(ボムス). 2021年8月8日閲覧。
  14. ^ 関わった作品としては『さわって!ぐでたま』などがある。
  15. ^ ポルカドットスティングレイ・雫が、ゲーム業界でも音楽業界でも“ごぼう抜き”を達成できたワケ|新R25 - シゴトも人生も、もっと楽しもう。” (日本語). 新R25. 2021年5月16日閲覧。
  16. ^ https://twitter.com/polka_harushi/status/740576195754889216” (日本語). Twitter. 2021年5月18日閲覧。
  17. ^ https://twitter.com/polka_harushi/status/1242766209021407232” (日本語). Twitter. 2021年5月18日閲覧。
  18. ^ ポケモン公式ツイッター”. ポケモン. 2019年9月27日閲覧。
  19. ^ ポルカドットスティングレイが花澤香菜への提供曲をセルフカバー”. 音楽ナタリー. 2022年1月26日閲覧。
  20. ^ ポルカドットスティングレイ、<ふくおか避密の旅+>テーマ曲をリリース”. BARKS. 2022年1月26日閲覧。
  21. ^ https://twitter.com/raindrops200123/status/1430850240421134341” (日本語). Twitter. 2021年9月4日閲覧。

外部リンク編集