ポルシェ・911 GT2は、ポルシェ・911シリーズでターボエンジンを搭載した高性能モデルである。ポルシェ・911ターボをベースにツインターボを使用し、エンジンのアップグレード、ブレーキの大型化、サスペンションのキャリブレーションの強化など、多数のアップグレードが特徴。GT2は、911ターボの全輪駆動ではなく後輪駆動を使用し、内部コンポーネントを削減し、911ターボよりも大幅に軽量化されている。その結果、GT2(現在のGT2 RS)は、911ラインナップの中で最も高価で最速のモデルである。

ポルシェ・911 GT2
Porsche 991 GT2 RS (41654760692).jpg
ポルシェ・991 GT2 RS
概要
製造会社 ポルシェ
製造期間 1993–2019
製造地 ドイツ:バーデン=ヴュルテンベルク州,シュトゥットガルト
デザイナー
ボディ
クラス スポーツカー (S)
ボディタイプ 2ドアクーペ
レイアウト リアエンジン・後輪駆動
関連車種
テンプレートを表示

ロードカー編集

993型編集

993
 
概要
製造期間 1993–1998
パワートレイン
エンジン 3.6 L ツインターボ フラット6
最高出力 430-450PS
変速機 6速 マニュアル
テンプレートを表示
 
リア
 
インテリア

993 GT2は当初、ル・マン24時間レースFIA GT選手権GT2クラスホモロゲーションを満たすために製造された。車はGT2クラスの規制を満たすように製造されている為、ロードカーはそれに応じて名前が付けられた(ただし、911 GTとしてバッジが付けられている)。[1] 993 GT2は、幅広のプラスチックフェンダーと、ストラットにエアスクープを備えた大型のリアウィングを備え、エンジンの冷却を改善した。993 GT2はオリジナル3.6Lエンジンで、430馬力を発生、1998年には450馬力にアップグレードされた。57台のロードカーが製造された(そのうち13台は右ハンドル車)[2]

996型編集

996
 
概要
製造期間 2001–2005
パワートレイン
エンジン 3.6 L ツインターボ フラット6
最高出力 462-483PS
変速機 6速 マニュアル
テンプレートを表示
 
リア

1999年、993は新型996に置き換えられた。新GT2の開発にはさらに2年かかったが、その間ポルシェはモータースポーツ用のGT2を中止し、代わりに新たに自然吸気エンジンの911 GT3 Rで参戦した。

その為前型とは対照的に、主にロードカーとして開発された新型GT2は、GT3の水平対向6気筒エンジンにツインターボを搭載し462馬力を発生、その後483 馬力にパワーアップした。993 GT2と同様に、996 GT2のボディは他の996とは大幅に異なっていた。主な違いは、より広いフェンダー、よりアグレッシブな形状のノーズ、そして大きなリアウィングがあった。カー・アンド・ドライバー誌が実施した路上テストによると、GT2はほとんどターボラグに悩まされていない。 911ターボから車高が10mm減少したにもかかわらず、後部ウイングが固定されているため、抗力係数はわずかに高くなっている(ターボの0.33に対して0.34Cd)。[3]

997型編集

997
 
概要
製造期間 2007–2012
パワートレイン
エンジン 3.6 L ツインターボ フラット6
最高出力

530PS (GT2)

620PS (GT2 RS)
変速機 6速 マニュアル
テンプレートを表示
 
リア

997 GT2は2007年、第62回フランクフルトモーターショーでの正式発表後、2007年11月に発売となった[4]

3.6 L水平対向6気筒ターボエンジンで、2つの可変ジオメトリターボチャージャーを備えている。最大出力530 PS/6,500rpm、トルク680ニュートンメートル (502 lb⋅ft)/2,200rpm。GT2は0-100km/h(62mph)加速は3.6秒で、200km/h(124mph)までは10.6秒。最高速は204マイル毎時 (328 km/h) 。これにより、1998年の911 GT1を除いて( フランス西部自動車クラブ(ACO)のホモロゲーションを満たす為に20台のみがストリート用に製造された[5])、322キロメートル毎時 (200 mph)を超える3番目のポルシェロードカーとなった。

アメリカの自動車雑誌モータートレンドは、2008年の911GT2をテストし、0-60mph(97 km/h)の加速3.3秒を達成した[6]

997 GT2の外観は、その姉妹車である997ターボとは異なった。改良されたフロントリップ、両側に2つの小さな吸気口を備えた新設計のリアウィング、チタン製エキゾーストパイプとシャークフィンを備えた改良されたリアバンパーを備えた。

ドイツのポルシェテストドライバー、ヴァルター・ロールは、997 GT2で7分32秒でニュルブルクリンク北コースをラップした。

997 GT2 RS編集

 
2010 997 GT2 RS

2010年5月4日、GT2 RSがドイツで発表された。エンジンは最大出力456kW(620 PS)、700N⋅mのトルクを発生する。GT2 RSの車重はGT2より70kg軽量化され、最高速は330キロメートル毎時 (205 mph)。および0〜100km/h(62mph)加速は3.5秒。[7]

当時のポルシェモータースポーツマネージャーのアンドレアス・プレウニンガーによると、RSは2007年頃にスカンクワークスの取り組みとして考案された。プロジェクト用に選択された727のコード番号は、ニュルブルクリンク日産・GT-Rのラップタイムを1つの指標にしている。ポルシェはテストドライバーのティモ・クラック[8]がおそらく9秒そのターゲットを上回ったと主張した(ラップタイム7分18秒)[9]世界で997 GT2 RSは500台しか生産されなかった。[10]

991型編集

991 (GT2 RS)
 
概要
製造期間 2017年6月–2019
  • 1,000台生産
モデルイヤー 2018–2020
パワートレイン
エンジン 3.8 L ツインターボ フラット6
最高出力 700PS
変速機 7速 PDK
テンプレートを表示
 
リア

991 GT2 RSは、Xbox 2017 E3ブリーフィングで最初に発表され、Forza Motorsport 7ビデオゲームの発表とともに、カバーカーとして公開され、プレイ可能な車両として含まれていた。[11]

この車は、911ターボSエクスクルーシブシリーズの発表とともに、2017年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで正式に発売された。991 GT2 RSは3.8L水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載。最高出力は515 kW(700 PS)/7,000rpmおよび750 N⋅m (553 lb⋅ft)のトルクで、これまでに製造された中で最も強力な911になる。以前のGT2とは異なり、この車には7速PDKが装備されており、エンジンから発生する過剰なトルクを処理する。ポルシェは0-97km/h(0-60mph)加速2.7秒、最高速は340 km/h (211 mph) と公表している。

マグネシウム製のルーフ、フロントリッド、カーボンファイバー製のフロントスポイラーとリアウィング、トランクリッド、軽量ポリウレタン製のフロントエプロンとリアエプロン、ポリカーボネート製のリアウィンドウとサイドウィンドウ、チタン製のエキゾーストシステムを備えている。車重は1,470 kg (3,241 lb) 。

カーボンファイバーとチタンパーツを追加使用して、30キログラム (66 lb)軽量化するヴァイザッハパッケージオプションが利用可能 。これには、ルーフ、アンチロールバー、および両方の車軸のカップリングロッドがカーボンファイバーで作られ、ロールケージはチタンで作られいる。パッケージにはマグネシウムホイールのセットも含まれている。車は2018年の初めから米国で発売された。[12]

当初1,000台の生産を計画した。[13]また生産は2019年2月までに終了する予定だったが、2019年3月に輸送していたグランデ・アメリカ船が沈没したため、ブラジルへの輸送中に4台が失われた。ポルシェは、本モデルの生産ラインを再稼働させ、無事4台をブラジルのオーナーに納品した。[14]

2017年9月下旬、ポルシェのテストドライバーであるラーズ・カーンがドライブする911 GT2 RSは、ニュルブルクリンク北コースで6分47秒25のラップタイムを記録し、平均速度は184.11キロメートル毎時 (114.40 mph) だった。これは当時記録された最速の量産市販車のラップタイムになった。[15][16][17]

2018年、GT2 RS(ヴァイサッハパッケージ無し)でウォーレン・ルフが、7.77 kmのGTレイアウトで3:24.079のラップタイムでベンドモータースポーツパークで最速の市販車ラップレコードを記録した。[18][19]

2018年10月25日、ニュルブルクリンク北コースでマンタイ・レーシングが作成した911 GT2 RS MRで、ラーズ・カーンによって6分40秒33のラップタイムを記録した。[20][21][22]

2021年6月14日、ニュルブルクリンク北コース(フルコース20.832km)で純正の「マンタイパフォーマンスキット」を装着したGT2 RSで、ラーズ・カーンによって6分43秒300を記録し、メルセデスAMG・GT ブラックシリーズの記録を4.747秒短縮して量産市販車レコードを奪還した[23]

GT2 RS クラブスポーツ編集

991 GT2 RS クラブスポーツ

2018年、LAオートショーで発表されたGT2 RS クラブスポーツは、GT2 RSのサーキット専用モデル。新たな空力要素は車のダウンフォースを増加させ、さらなるコンポーネントの除去で軽量化した。注目すべき外観の変更には、911GT3 Rと共有されるカーボンファイバー製の大型リアウィング、統合されたLEDデイタイムランニングライトを備えた大型のフロントエアインテーク、クラッシュ時のエスケープハッチを備えたカーボンファイバールーフ、カーボンファイバー製のエンジンカバーとボンネット、レース用燃料タンク、新しいレースエキゾーストシステムがある。

インテリアはFIA承認のロールケージ、シングルレーシングバケットシート、GT3 Rと共有のカラーディスプレイ、カーボンファイバー製ステアリングホイールが含まれる。車重は合計1,390 kg (3,064 lb) で、80 kg (176 lb) ロードカーのGT2 RSより軽い。

エンジンとトランスミッションはGT2 RSと同じだが、新しい安全機能にはPSMスタビリティーシステムとABSシステムが含まれ、どちらもセンターコンソールにあるロータリーダイヤルによって手動で制御される。GT2 RS クラブスポーツには、ミシュランスリックタイヤで18インチのセンターロック鍛造ホイールが付属しており、GT3 Rと共有される。クラブスポーツの生産数は200台に制限されている。[24][25][26]

SROモータースポーツグループは、2019年7月のスパ・フランコルシャン24時間レース前、GT2 RS クラブスポーツのワンメイクレースが開催されることを発表した。クラブスポーツは1月に開催された、バサースト12時間英語版でトラックデビューした。[27]

モータースポーツ編集

 
1997年 ドニントンパーク ルーク・レーシング ポルシェ993 GT2
 
ポルシェ993 GT2 Evo

ポルシェ・911 GT2は、レーシングカーのポルシェ・911ターボから始まる。グループ5の1974年911カレラターボから始まり、グループ4の934(930のレースバージョン)、そして1984年までグループ5IMSAレースを支配した有名なポルシェ935と続く。1986年にポルシェ961(959のレーシングバージョン)が開発され、AWD、4バルブ、水冷ヘッド(1978年のポルシェ935モビー・ディック、グループCポルシェ956/962 で使用され、その後959/961で使用された)などの技術開発が飛躍的に進歩した。

1993年、911ターボS LM-GT英語版と名付けた大幅に改造された964ターボを開発した。ポルシェは、高速で信頼性の高い車で、964カレラRSRに代わる車の顧客の需要を考慮して、当時のGT2クラス向けにターボチャージャー付き993 GT2を開発することを決めた。

993 GT2レースカーは、剥ぎとられたインテリア、安全のためのロールケージ、重量を減らしダウンフォースを増やすためのボディワークとウィングの微調整、レーシングスリックタイヤを履く為の幅広のフェンダーを備えた。サスペンションはパフォーマンスを向上させるために変更されたが、エンジンは耐久性のためにわずかに調整された。必要なエアリストリクターを備えたKKKツインターボで、335.7kW (450hp) を発生した。[1]

同時に、ポルシェはGT1クラスでレースができるGT2 Evoも開発したGT2 Evoはより大型のターボチャージャーの使用し、出力が447.6 kW (600hp) に増加した。その他の変更は、新たにより高い位置にマウントしたリアウィング、GT1クラスで許可されている幅広タイヤを履く為の大きなフェンダー、そしてさらに軽量化した車重は1,100 kg (2,425lb)だった。[28]しかしポルシェは1996年から、911 GT1でレース参戦することにした為、GT2 Evoは短命だった[29]。GT2とGT2Evoは、BPRグローバルGTシリーズといくつかの国内シリーズで使用された。

1995年の全日本GT選手権チームタイサンからGT1クラスに参戦。計3勝を挙げ、チームタイトルを獲得した。

1996年のBPRGTにGT2クラスで11戦中7勝した。1996年1997年のル・マン24時間レースでもLMGT2でクラス優勝した。

1997年に新設されたFIA GT選手権では、クライスラーのワークス支援を受けたオレカの、クライスラー・バイパーGTS-Rと争ったが、911GT2はなんとか4レースで勝利した。

しかし1998年は、911GT2の戦闘力はクライスラー・バイパーGTS-Rを上回る事ができず、1回の勝利しか得られなかった。

1999年、FIA GT選手権のGT2クラスはGTクラスと改称され、多くのクライスラー・バイパーGTS-Rと新規参戦のリスターが加わって圧倒された。しかし、ルーク・レーシングが参戦した911GT2が、デイトナ24時間レースでGT2クラス優勝した。

2000年、排気量を3.8Lに増加したが結果が残せず、プロジェクトへの支援は終了した。代わりにポルシェは同じ年に、911 GT3 Rで新しいN-GTクラスに集中することを選んだ。911GT2は、2004年までプライベートチームによって使用され続けた。

996型のGT2の発売に伴い、いくつかのプライベーターが独自のレーシングバージョンを作成することで911GT2の歴史を継続しようとした。ベルギーのPSIモータースポーツの911Bi-TurboとドイツのA-レベルエンジニアリングの911GT2-Rは、国内シリーズで成功を収めて使用されたが、世界選手権では競争力が無かった。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 1995 Porsche 911 GT2”. Porsche Cars North America. 2007年12月13日閲覧。
  2. ^ Hardiman, Paul (February 2013). “1996 Porsche 911S GT2”. Sports Car Market 25 (2): 50–51. 
  3. ^ Swan (2001年5月). “2002 Porsche 911 GT2 - A Hardcore 911 Turbo”. Car and Driver. 2018年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年4月24日閲覧。
  4. ^ New 911 GT2 with 530 Horsepower”. Porsche AG (2007年7月16日). 2007年7月16日閲覧。
  5. ^ Porsche 911 GT1 Straßenversion: Auktion - Rekordsumme für 911-Renner” (ドイツ語). autobild.de. 2018年3月5日閲覧。
  6. ^ 2008 Porsche 911 GT2: Exclusive First U.S. Test!”. Motor Trend. 2008年2月28日閲覧。
  7. ^ 911 GT2 RS: scariest car ever?”. Top Gear (2010年5月12日). 2011年2月16日閲覧。
  8. ^ Timo Kluck。ティモ・グロックとは別人。
  9. ^ First Drive: 2011 Porsche 911 GT2 RS”. モータートレンド. 2010年8月10日閲覧。
  10. ^ 997 GT2 RS”. www.total911.com. 2019年2月17日閲覧。
  11. ^ O'Kane (2017年6月11日). “Porsche announces a new 911 at E3” (英語). The Verge. 2020年1月1日閲覧。
  12. ^ 700HP 2018 Porsche 911 GT2 RS Is The Most Powerful 911 Of All Time”. carscoops.com (2017年6月30日). 2017年6月30日閲覧。
  13. ^ “2018 Porsche GT2 RS Production Numbers, Already Sold Out” (英語). Autofluence. (2017年6月21日). https://blog.dupontregistry.com/news/2018-porsche-gt2-rs-production-numbers-62117/ 2018年7月17日閲覧。 
  14. ^ Mate Petrany (2019年3月19日). “Porsche Is Restarting 911 GT2 RS Production to Replace Cars Lost at Sea”. Road and Track. 2019年3月20日閲覧。
  15. ^ GT2 RS is the fastest 911 of all time at 6 minutes, 47.3 seconds”. newsroom.porsche.com. 2017年9月27日閲覧。
  16. ^ How the Porsche 911 GT2 RS Is So Fast at the Nurburgring”. roadandtrack.com. Road & Track. 2017年9月28日閲覧。
  17. ^ “Porsche 911 GT2 RS breaks Nürburgring record with 6:47.3 lap time” (英語). MotorMag.com.au. https://www.motormag.com.au/news/1709/porsche-911-gt2-rs-breaks-nurburgring-record-with-6-47-3-lap-time 2017年9月27日閲覧。 
  18. ^ Setting the bar high – 911 GT2 RS around The Bend”. newsroom.porsche.com. 2018年7月22日閲覧。
  19. ^ Porsche 911 GT2 RS sets production car lap record at The Bend Motorsport Park”. youtube.com. 2018年7月22日閲覧。
  20. ^ Porsche achieves new lap record on the Nürburgring-Nordschleife”. presse.porsche.de. 2018年11月2日閲覧。
  21. ^ 911 GT2 RS MR is the fastest road-legal sports car on the 'Ring'”. newsroom.porsche.com. 2018年11月2日閲覧。
  22. ^ A Modified Porsche 911 GT2 RS Set a 6:40 at the Nurburgring”. roadandtrack.com. Road & Track. 2018年11月2日閲覧。
  23. ^ ポルシェ911 最強の700馬力「GT2 RS」、ニュル最速の市販車に…メルセデスAMG GTの記録を更新”. レスポンス. 2021年6月25日閲覧。
  24. ^ Katsianis, Jordan (2018年11月28日). “New Porsche 911 GT2 RS Clubsport revealed”. Evo. https://www.evo.co.uk/porsche/porsche-911-gt2-rs/22003/new-porsche-911-gt2-rs-clubsport-revealed 2019年4月4日閲覧。 
  25. ^ Golson, Daniel (2018年11月30日). “The 700-HP Porsche 911 GT2 RS Clubsport Is a Race Car for Regular People”. Car and Driver. https://www.caranddriver.com/news/a25358550/porsche-911-gt2-rs-clubsport/ 2019年4月4日閲覧。 
  26. ^ Kew (2018年11月30日). “The Porsche 911 GT2 RS Clubsport is a track-only turbo racecar”. Top Gear. 2019年4月4日閲覧。
  27. ^ Silvestro, Brian (2019年2月11日). “The Porsche 911 GT2 RS Clubsport Is Going Racing”. Road & Track. https://www.roadandtrack.com/motorsports/a26289748/2019-porsche-911-gt2-rs-clubsport-one-make-series/ 2019年4月4日閲覧。 
  28. ^ 1995 Porsche 911 GT2 Evo”. Porsche Cars North America. 2007年12月13日閲覧。
  29. ^ 『ポルシェ911 GT2 Evo』“GT2”の名でGT1へと挑んだポルシェ911【忘れがたき銘車たち】”. オートスポーツweb. 2022年6月20日閲覧。

外部リンク編集