ポルバース

ギリシア神話の人物

ポルバース古希: Φόρβας, Phorbās)は、ギリシア神話の人物である。長音を省略してポルバスとも表記される。非常に多くの同名の人物が伝わっており、主に、

が知られている。以下に説明する。

ラピテースの子編集

このポルバースは、テッサリアー地方のラピテース族の王ラピテースと、エウリュノモスの娘オルシノメーの子で、ペリパースと兄弟[1]、トリオパースと異母兄弟[2]エペイオスの娘ヒュルミーネーと結婚し[3]アウゲイアース[4][5]アクトール[3][5]ティーピュスをもうけた[6][7]。ポルバースは当初はペリパースとともにペーネイオス川の流域を支配したが、その後、アカイア地方のオーレノスに移った。さらにエーリス地方の王の1人アレクトールに招かれてエーリス地方に赴き、王権を分与された[1]。ただし、パウサニアースはポルバースをエーリス地方出身の英雄としている[3]

トリオパースの子編集

このポルバースは、(カナケーの子の)トリオパースの息子である[8][9][10]。母はミュルミドーンの娘ヒスキュラで[10]エリュシクトーン[11]イーピメデイア[12]、ペレーンと兄弟[9]

ロドスのポリュゼロス(Polyzelos the Rhodian)を引用するヒュギーヌスによると、へびつかい座はポルバースであるという。ポルバースが航海中に嵐に巻き込まれてロドス島に漂着したとき、ロドス島は多数の蛇に襲われており、とりわけ巨大な大蛇によって多くの島民が殺されていた。そこでポルバースはすべての蛇を退治し、ロドス人の苦難を救った。アポローンの寵を得ていたポルバースはその後、蛇を殺す姿で星座の中に加えられた[10]シケリアのディオドーロスも同様の伝承を伝えている。それによると蛇の害に苦しめられたロドス人は、デロス島のアポローンの神託に伺いを立てた[13]。するとアポローンはロドス人にポルバースの入植を受け入れるよう命じた。ちょうど入植地を探していたポルバースはロドス島に招かれ、蛇を退治したのち島に移住した[14]

ヒュギーヌスの伝承ではポルバースはアポローンの寵の厚い人物とされているが、『ホメーロス風讃歌』第3歌の「アポローン讃歌」では、ポルバースは(おそらく)アポローンの恋敵として言及されている[8]

アルゴスの王の1人編集

このポルバースは、アルゴスの王の1人である。パウサニアースによると、ポローネウスの娘の子(つまりニオベーゼウスの子)アルゴスの子で、ペイラソス[15]、ティーリュンス[16]、エピダウロスと兄弟であり[17]、トリオパースの父であるという。息子トリオパースにはイーアソスとアゲーノールが生まれ、イーアソスにはイーオーが、アゲーノールにはクロトーポスが生まれ、さらにクロトーポスにステネラースが生まれたという[15]

しかし系譜伝承は錯綜しており、アポロドーロスのアルゴス王家の系譜にはポルバースの名前は登場しない[18]ヒュギーヌスの系譜においてもポルバースの名は現れず、トリオパースはアルゴスの子の1人ピラントスの子とされている[19]

一方でキリスト教教父たちは、ポルバースをアルゴスの6代目の王として伝えている[20][21][22]

ポセイドーンの子編集

このポルバースは、アカルナーニアー地方出身の人物で、海神ポセイドーンの子。エウモルポスアテーナイエレクテウスと戦争をしたとき、エウモルポスの軍に加わってアテーナイと戦った[23]

ヘーリオスの子編集

このポルバースは、太陽神ヘーリオスの息子で、娘アムブラキアーの父。アムブラキアーはエーペイロス地方の都市アムブラキアーの名祖[24][25]

メーティオーンの子編集

このポルバースは、ヌビア地方のシュエーネーの人メーティオーンの子で、ピーネウスの部下。英雄ペルセウスエティオピア王女アンドロメダと結婚したとき、ピーネウスに従って王宮を襲撃したが、同僚のアムピメドーンとともに床の血で足を滑らせて倒れたところをペルセウスに討たれた[26]

ラーイオスの羊飼い編集

このポルバースは、テーバイの王ラーイオスに仕える羊飼いである[27]。幼児オイディプースを捨てるべくキタイローン山にやって来たとき、家畜を放牧するために山を訪れていた男と出会い、赤子を与えた。さらに男はコリントスの王妃メロペーに赤子を献じた[28]。後にポルバースはテーバイの王となったオイディプースの命で王宮に出頭し、かつてイオカステーが生んだ赤子の運命について証言した[29]

レスボス島の王編集

このポルバースは、レスボス島の王である。ディオメーデーという娘がいたが[30][31]トロイア戦争の初期にアキレウスの攻撃を受けて殺され、多くの財宝とともに娘を略奪された[31]。その後、娘ディオメーデーはアキレウスの戦利品として分配され[32]、奴隷として仕えた[33]

イーリオネウスの父編集

このポルバースは、トロイアー人イーリオネウスの父である。ポルバースはヘルメース神の寵に恵まれた人物で、豊かな家畜と財産の持ち主であった。しかしポルバースの唯一の子供であった息子イーリオネウスはトロイア戦争ペーネレオースに討たれた[34]。あるいは小アイアースに討たれた[35]

デクシテアーの父編集

このポルバースは、デクシテアーの父である。プルタルコスによるとデクシテアーはアイネイアースとの間にロームルスレムスを生んだという[36]

その他の人物編集

脚注編集

  1. ^ a b シケリアのディオドロス、4巻69・2。
  2. ^ シケリアのディオドロス、5巻61・3。
  3. ^ a b c パウサニアース、5巻1・11。
  4. ^ アポロドーロス、2巻5・5。
  5. ^ a b シケリアのディオドロス、4巻69・3。
  6. ^ ヒュギーヌス、14話。
  7. ^ ヒュギーヌス、18話。
  8. ^ a b 『ホメーロス風讃歌』第3歌「アポローン讃歌」211行。
  9. ^ a b パウサニアース、7巻26・12。
  10. ^ a b c ヒュギーヌス『天文譜』2巻14”. ToposText. 2022年5月4日閲覧。
  11. ^ ビューザンティオンのステパノス英語版「Triopion」の項。
  12. ^ アポロドーロス、1巻7・4。
  13. ^ シケリアのディオドーロス、5巻58・4。
  14. ^ シケリアのディオドーロス、5巻58・5。
  15. ^ a b パウサニアース、2巻16・1。
  16. ^ パウサニアース、2巻25・8。
  17. ^ パウサニアース、2巻26・2。
  18. ^ アポロドーロス、2巻1・2。
  19. ^ ヒュギーヌス、145話。
  20. ^ エウセビオス『年代記』64”. ToposText. 2022年5月4日閲覧。
  21. ^ タティアノス『ギリシア人への言葉』39”. ToposText. 2022年5月4日閲覧。
  22. ^ アウグスティヌス『神の国』18巻8”. ToposText. 2022年5月4日閲覧。
  23. ^ スーダ』「Phorbanteion」の項。
  24. ^ ビューザンティオンのステパノス「Ambrakia」の項。
  25. ^ ビューザンティオンのステパノス「Dexamenai」の項。
  26. ^ オウィディウス『変身物語』5巻74行以下。
  27. ^ セネカ『オイディプース』838行-846行。
  28. ^ セネカ『オイディプース』802行-810行。
  29. ^ セネカ『オイディプース』843行以下。
  30. ^ 『イーリアス』9巻665行。
  31. ^ a b クレータのディクテュス、2巻16。
  32. ^ クレータのディクテュス、2巻19。
  33. ^ 『イーリアス』9巻665行-668行。
  34. ^ 『イーリアス』14巻489行-507行。
  35. ^ クレータのディクテュス、4巻7。
  36. ^ プルタルコス「ロームルス伝」2。
  37. ^ ノンノス『ディオニューソス譚』14巻94行以下。
  38. ^ アレクサンドリアのヘーシュキオス「ポルバース」の項。
  39. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.268b。
  40. ^ オウィディウス『変身物語』12巻322行。
  41. ^ プトレマイオス・ヘパイスティオン”. Tertullian Project. 2022年5月4日閲覧。
  42. ^ スタティウステーバイス』7巻253行。

参考文献編集