ポンディシェリー包囲戦 (1748年)

ポンディシェリー包囲戦(ポンディシェリーほういせん、英語: Siege of Pondicherry)は1748年8月から10月にかけて行われた、イギリス軍によるポンディシェリーの包囲。フランス領インド総督ジョゼフ・フランソワ・デュプレクス率いるフランス東インド会社の駐留軍に対し、イギリスのエドワード・ボスコーエン提督による包囲戦術は拙劣なものであり、インドのモンスーン期に入ると彼は1748年10月27日に包囲を解いた。

ポンディシェリー包囲戦
Bombardement de Pondichery en 1748 par la flotte anglaise.jpg
ポンディシェリーへの砲撃、1756年作。
戦争第一次カーナティック戦争
年月日1748年8月 - 10月27日
場所ムガル帝国ポンディシェリー
結果:フランス東インド会社の勝利
交戦勢力
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国 フランス王国の旗 フランス東インド会社
指導者・指揮官
グレートブリテン王国の旗 エドワード・ボスコーエン フランス王国の旗 ジョゼフ・フランソワ・デュプレクス

オーストリア継承戦争のインド局地戦である第一次カーナティック戦争において、この包囲は最後の大規模な戦闘となった[1]

脚注編集

  1. ^ Naravane, M.S. (2014). Battles of the Honorourable East India Company. A.P.H. Publishing Corporation. pp. 153–154. ISBN 9788131300343 

参考文献編集