ポンディシェリー条約

ポンディシェリー条約(ポンディシェリーじょうやく、英語: Treaty of Pondicherry)は1754年第二次カーナティック戦争を終結させた条約。条約はフランス領インドポンディシェリーで締結された。条約により、イギリスの推すムハンマド・アリー・ハーンカーナティック太守として認められた[1]。しかし和平は長続きせず、2年後の1756年に早くも第三次カーナティック戦争が勃発した。

脚注編集

  1. ^ Keay, pp. 282-295.

参考文献編集

  • Keay, John. The Honourable Company: A History of the English East India Company. Harper Collins, 1993.