メインメニューを開く

ポーカー・ハンドの一覧

ウィキメディアの一覧記事
ポーカーハンドの例(強い順)

ポーカー・ハンドの一覧(ポーカー・ハンドのいちらん)では、一般的なルールにおけるポーカー・ハンドの一覧を示す。ポーカー・ハンドポーカーにおける5枚のカードの組み合わせの名称であり、日本語では「役」と呼ばれることがある。

多くのルールにおいて、難易度の高い組み合わせのほうが強いとみなされる。ゲームによっては特別な役が採用されたり、役の強弱が変わることもある。

これらの役は基本的にはポーカーで使用されるものだが、他のカードゲームでも使用されることがある。ポーカーダイスでもこれらの役が使用される。

役の相対的な強弱は、1セットのデッキから5枚引いてそれらができる確率によって決定される。

基本的なルール編集

この項のルールは、他に規定がない限り全てのポーカーで適用される。このルールの下で、手札は7462段階の順位付けがされる(同じ役同士の強弱を含む)。

全ての手札の強弱は、役を構成する5枚のみで決定される。セブンカード・スタッドテキサス・ホールデムのように7枚のカードがあっても、役に関係ない2枚は強弱に影響しない。 たとえば、プレイヤーAが 3 Q を持ちプレイヤーBが 3 K を持っていて、4 5 6 7 10 が共通のカードであるとする。このとき両者の役は 3-4-5-6-7 のストレートであり、引き分けとなる。Bの手にあるクラブのキングはAの手にあるダイヤのクイーンより強いが、役に関係ないので無視される。

個々のカードの強弱は、A(最強), K, Q, J, 10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2(最弱)の順となる。ただし、Aは A-2-3-4-5 の形のストレートまたはストレートフラッシュの場合に限り1として扱われ、2よりも下の扱いとなる。個々のカードの強弱は、同じ役の強弱を決めるために使用される。

カードのスートは、フラッシュストレートフラッシュの役の条件となる以外には通常は意味を持たない。ただし、スタッド・ポーカーにおける行動順の決定に使用される場合にはスートに強弱がつけられる。

手の強弱は、まず役の強弱で決定される。たとえば、2 2 3 3 4ツーペアの中で最も弱い手であるが、下の役であるワンペアハイカードよりも強い。A A K Q J のように、ツーペアのペアよりも強いカードが入っていても関係ない。役が同一の場合は、個々のカードの強弱を見る。

役は、カードの並び順とは関係なく決定される。たとえば、10 8 10 6 1010 10 10 8 6 と同じ手であり、スリー・オブ・ア・カインドとみなされる。

52枚のカードから5枚のカードを選ぶ組み合わせは、2598960通りある。

 

役の一覧編集

ここでは、強い役から順に紹介する。

ストレートフラッシュ編集

     
下がロイヤル(ストレート)フラッシュ
     

     
上の勝ち
     



     
引き分け
     
ストレートフラッシュの例

ストレートフラッシュは、Q J 10 9 8 のように同じスートで数字が連続する5枚のカードで構成された役である。つまり、フラッシュの条件とストレートの条件を同時に満たしている。

ストレートフラッシュ同士の手の強弱は、最も大きいカードの強弱によって決定される。ただし、5 4 3 2 A の形の場合、5が最も大きいカードとされる(つまり、ストレートフラッシュの中では最も弱い)。

5からAまでのストレートフラッシュのことを "steel wheel" とも呼ぶ[1]

A K Q J 10 のようなAから10までのストレートフラッシュのことを、「ロイヤルフラッシュ」とも呼ぶ。この役は、一般的なルールにおいて最も強い役である。日本では「ロイヤルストレートフラッシュ」と呼ぶことがある。

ロイヤルフラッシュを含め、40通りのパターンがある。ランダムに選んだ5枚のカードでこの役ができる確率は以下の通りである[Note 1]

 .

フォー・オブ・ア・カインド編集

フォー・オブ・ア・カインドの例

フォー・オブ・ア・カインドは、9 9 9 9 J のように同じ数字のカードを4枚集めた役である。日本ではフォーカード、アメリカなどではクアッズ(Quads)と呼ばれることもある。

フォー・オブ・ア・カインド同士の強弱は、4枚あるカードの数字を比較する。各自が別のカードを持つ場合には同じ数になることはない。テキサス・ホールデムのように共有カードがある場合やワイルドカードがある場合、4枚のカードが同じ数になることがある。この場合、残った1枚の強弱で最終的な強弱を決定する。残った1枚も同じ数の場合は引き分けである。たとえば、7 7 7 7 J7 7 7 7 10 では前者の勝ちである。

フォー・オブ・ア・カインドには624通りの組み合わせがある。ランダムに選んだ5枚のカードでこの役ができる確率は以下の通りである。

 

フルハウス編集

フルハウスの例

フルハウスは、3 3 3 6 6 のように同じ数字のカード3枚と、別の同じ数字のカード2枚で構成される役である。

フルハウス同士の強弱は、まず3枚組の強弱を比較する。たとえば、7 7 7 4 46 6 6 A A より強い。共通カードもワイルドカードもなければここで決まる。3枚組が同じ数だった場合、残ったペアを比較する。たとえば、5 5 5 Q Q5 5 5 J Jよりも強い。これも同じだった場合は引き分けである。

フルハウスの手札は、"3枚組の数 full of ペアの数" または "3枚組の数 over ペアの数" という形で呼ばれることがある。たとえば、Q Q Q 9 9 という手は "Queens full of nines", "Queens over nines" またはもっと簡単に "Queens full" と呼ばれる。

フルハウスには、3744通りの組み合わせがある。ランダムに選んだ5枚のカードでこの役ができる確率は以下の通りである。

 .

フラッシュ編集

フラッシュの例

フラッシュは、Q 10 7 6 4 のように同じスートのカード5枚で構成される役である。もし5枚のカードが連続していた場合、ストレートフラッシュという上位の役になる。

フラッシュ同士の強弱の決め方はハイカードと同じである。すなわち、それぞれのもっとも強い札が強い方が強い。1番強いカードが同じだった場合、2番目・3番目と順に強弱が決まるまでくらべる。全て同じ数だったら引き分けである。スートの種類は強弱には関係ない。

フラッシュの手は、その最大のカードを追加して呼ぶこともある。たとえば、Q 9 7 4 3 という手は「クイーン-ハイ フラッシュ」と呼ばれる。2枚目も重要なときには、K 10 5 3 2 を「キング-10-ハイ フラッシュ」または「キング-10 フラッシュ」、K Q 9 5 4 を「キング-クイーン-ハイ フラッシュ」のように、2枚目のカードを含めて呼ぶこともある。共通カードを使用する場合には、手札のカードを言う場合もある。たとえば、共通カードが A 10 7 6 2 で、手札が Q J の場合「クイーン-ハイ フラッシュ」という。

フラッシュには5148通りの組み合わせがある。ランダムに選んだ5枚のカードでこの役ができる確率は以下の通りである。

 

ストレート編集

ストレートの例

ストレートは、Q J 10 9 8 のように数字が連続した5枚のカードによって構成される役である。5枚のスートがすべて同じ場合は、ストレートフラッシュという上位の役となる。

ストレート同士の強弱は、最上位のカードの強弱で決まる。同じ数で始まる場合は引き分けである。スートの強弱や枚数は考慮しない。

ストレートは、最上位のカードを添えて呼ばれる場合がある。たとえば、10 9 8 7 6 は「10-ハイ ストレート」などと呼ばれる。

A K Q J 10 のような「A-ハイ ストレート」(Broadway とも呼ばれる[2])は、K Q J 10 9 のような「K-ハイ ストレート」よりも上位であり、ストレートの中で最も強い。同じAを含むストレートでも 5 4 3 2 A は「5-ハイ ストレート」(Wheelとも呼ばれる[3])は、ストレートの中で最も弱い。Aが使用できるのはこの2種類のみであり、3 2 A K Q のように K-A-2 の組み合わせを含むものはストレートとみなされない。

ストレートには10200通りの組み合わせがある(ストレートフラッシュは含まない)。ランダムに選んだ5枚のカードでこの役ができる確率は以下の通りである。

 

なお確率をフラッシュと比べた場合、上記の場合ではストレートはフラッシュより倍近く確率が高いが、すでに4枚揃っていて後1枚で役が完成するという状況では、フラッシュの方が揃う確率は高い。

スリー・オブ・ア・カインド編集

スリー・オブ・ア・カインドの例

スリー・オブ・ア・カインドは、2 2 2 K 6 のように、同じ数字の札3枚と数字の違う2枚の札から構成される役である。残りの2枚が同じ数の場合はフルハウスという上位の役になる。日本ではスリーカード、アメリカではトリップス(trips)・セット(set)とも呼ばれる。テキサス・ホールデムなどのフロップ・ポーカーにおいて「セット」と呼ばれるのは、手札2枚と場札1枚で同じ数字が3枚そろう場合に限られる[4]

スリー・オブ・ア・カインドの強弱は、3枚そろっている札の強弱で決まる。たとえば、Q Q Q 7 4J J J A K よりも強い。もし3枚のカードが同じ場合、残った2枚を強い順に比較する。たとえば、4 4 4 9 24 4 4 8 7 よりも強い。これらも同じ数だった場合は引き分けである。

スリー・オブ・ア・カインドには54912通りの組み合わせがある。ランダムに選んだ5枚のカードでこの役ができる確率は以下の通りである。

 

ツーペア編集

ツーペアの例

ツーペアは、J J 4 4 9 のように、同じ数の2枚組を2組と他のカード1枚で構成された役である。

ツーペア同士の強弱は、大きい方のペアの数字・小さいペアの数字・残り1枚の順に比べる。たとえば、10 10 8 8 48 8 4 4 10 よりも強く、10 10 8 8 410 10 4 4 8 よりも強く、10 10 8 8 A10 10 8 8 4 よりも強い。全て同じの場合は引き分けになる。

ツーペアをペアの数字で呼ぶことがある。この場合、強い数字を先に言う。たとえば、K K 9 9 5 を "Kings over nines", "Kings and nines" などと呼ぶ。9のペアが重要でないときには単に "Kings up" という場合もある。

ツーペアには123,552通りの組み合わせがある。ランダムに選んだ5枚のカードでこの役ができる確率は以下の通りである。

 

ワンペア編集

ワンペアの例

ワンペアは、4 4 K 10 5 のように、同じ数字の2枚組とそれぞれ異なった数字の札3枚によって構成される役である。

ワンペア同士の強弱は、まずペアの数字を比較する。同じだった場合には残ったカードを順に比較する。全て同じなら引き分けとなる。

ワンペアには1098240通りの組み合わせがある。ランダムに選んだ5枚のカードでこの役ができる確率は以下の通りである。

 

ハイカード編集

ハイカードの例

ハイカードまたはノーペアは、K J 8 7 3 のように上述の役が1つも成立しない手である。

ハイカード同士の強弱は、個々のカードを強い順に比較することで決定される。

ハイカードは、「K-ハイ」「A-Q-ハイ」のように上位のカードによって呼ばれることがある。また、"garbage"・「ブタ」といった否定的な言葉で呼ばれることもある。

ルール上最も弱い手は、7 5 4 3 2 のような 7-5-4-3-2 の組み合わせである。6以下のみの組み合わせの場合、6 5 4 3 2 のようなストレートになるか 6 5 4 3 A のようなAを含む手になる。

52枚から5枚を選ぶ2598960通りの組み合わせのうち、1302540通りがハイカードになる。この確率は以下のようになる。

 

確率編集

5枚のときの確率編集

各項であげた確率を再掲する。

組み合わせ 確率
ストレートフラッシュ 36+4 000.0015%
フォー・オブ・ア・カインド 624 000.024%
フルハウス 3744 000.14%
フラッシュ 5108 000.20%
ストレート 10200 000.39%
スリー・オブ・ア・カインド 54912 002.1%
ツーペア 123552 004.75%
ワンペア 1098240 042.25%
ハイカード 1302540 050%

ワイルドカードを含む場合の確率編集

ワイルドカードを含む場合、高い手ができる確率が上がる。

ここでは、ジョーカーをワイルドカードとして使用したときの確率を2つあげる。

ジョーカー1枚を含む53枚から5枚を取る組み合わせは2869685通りである。

ファイブ・オブ・ア・カインドは、同じ数字4枚とワイルドカードで構成される役である。この役の組み合わせ総数は13通りであり、ストレートフラッシュよりも難度が高い。この役ができる確率は 0.00045% である。この役はストレートフラッシュより上位の役となるが、ジョーカー抜きのロイヤルストレートフラッシュをその上に設定することもある。

ジョーカーの入ったツーペアは、通常存在しない。「ペア2組+ジョーカー」はフルハウスであり、「ペアと異なった数字2枚+ジョーカー」はスリー・オブ・ア・カインドとみなされるからである。後者の組み合わせ総数は82368通りあり、これを加味するとスリー・オブ・ア・カインドができる確率(4.8%)がツーペアができる確率(4.3%)を上回ってしまう。

7枚のときの確率編集

セブンカード・スタッドテキサス・ホールデムのように、7枚のカードから5枚を選ぶ場合の確率は以下のようになる。

組み合わせ 確率
ストレートフラッシュ 4324+37260 000.031%
フォー・オブ・ア・カインド 224848 000.17%
フルハウス 3473184 002.6%
フラッシュ 4047644 003.0%
ストレート 6180020 004.6%
スリー・オブ・ア・カインド 6461620 004.8%
ツーペア 31433400 023.5%
ワンペア 58627800 043.8%
ハイカード 23294460 017.4%
合計 133784560 100%

脚注編集

  1. ^ テキサス・ホールデムのように、5枚以上のカードから5枚を選ぶ場合この確率は上昇する。
  1. ^ Glossary”. PokerTips.com. 2011年8月21日閲覧。
  2. ^ Glossary”. PokerTips.com. 2011年8月21日閲覧。
  3. ^ Glossary”. PokerTips.com. 2011年8月21日閲覧。
  4. ^ Sklansky, David. Small Stakes Hold 'Em (1 ed.). p. 127. 

関連項目編集