ポークン・パームアン

ポークン・パームアン(Pho Khun Pha Muang、พ่อขุนผาเมือง)はタイ王国の歴史上の人物。ポークン・バーンクラーンターオと共同でスコータイ王朝を建て、バーンクラーンターオを王位につけ自分は摂政になったとされる。しかし不明な点が多く、ポークン・バーンクラーンターオ(シーインタラーティット)と同一視する説もある。

ポークン・パームアン

詳しくはスコータイ王朝シーインタラーティット王参照。

参考文献編集

  • ポークン・パームアン - ラート国・ペッチャブーン県の猛将外伝 - タイ国を建てた男/ディレーク・トゥンファン著/ISBN 974-914-570-4