メインメニューを開く

ポーツマスの旗』(ポーツマスのはた)は、吉村昭の小説。副題に『外相・小村寿太郎』とあるように、小村寿太郎を中心として、日露戦争後のポーツマス条約締結までの交渉を描いている。1979年12月に新潮社から書き下ろしで単行本が刊行された。

1981年NHKでテレビドラマ化された。

書誌情報編集

テレビドラマ編集

ポーツマスの旗』は、1981年12月5日12月12日NHK総合テレビジョンで放送された。

日露講和会議に焦点を置いた人間ドラマ。日本全権の小村寿太郎の目を通じて外交の意義、情報の重要さ、個人と国家の関係などをテーマとしてとらえ、近代日本史を描いた作品。

スタッフ編集

キャスト編集

サブタイトル編集

各話 サブタイトル 放映年月日 放映時間
第一部 戦争と平和 1981年12月5日 20:00 - 21:30
第二部 バラと謀略 1981年12月5日 21:45 - 23:10
第三部 武器なき戦い 1981年12月12日 20:00 - 21:25
第四部 愛の旅立ち 1981年12月12日 21:40 - 23:15

外部リンク編集