ポート・ケベック (特設機雷敷設艦)

ポート・ケベックHMS Port Quebec, M59)はイギリス海軍の特設機雷敷設艦。元はポート・ライン英語版が建造中であった商船ポート・ケベックSS Port Quebec)であった。後に工作艦に改装された。

HMS ポート・ケベック
第二次世界大戦中のポート・ケベック
第二次世界大戦中のポート・ケベック
基本情報
運用者  イギリス海軍
艦種 特設機雷敷設艦
工作艦
艦歴
起工 1939年[1]
進水 1939年8月17日[1]
竣工 1939年11月[1]
就役 1940年[2]
退役 1947年[2]
最期 1947年に民間に売却後[2]1968年解体[1]
改名 ポート・ケベック → ディア・サウンド
1944年[2]
要目
排水量 5,936 GRT[1]
全長 468 ft 0 in(142.65 m)[1]
59 ft 8 in(18.2 m)[1]
吃水 26 ft 6 in(8.1 m)[1]
機関 ウィリアム・ダックスフォード&サンズ英語版ディーゼル機関、1軸推進[1]
速力 14.5 ノット (26.9 km/h; 16.7 mph)[3]
兵装 4インチ単装高角砲英語版×2門[2]
2ポンド ポンポン砲×2門[2]
エリコン20mm機銃×13門[2]
機雷×550個[3]
その他 ペナントナンバー M59(特設機雷敷設艦)[2]
F99(工作艦)[2]
テンプレートを表示

艦歴編集

本艦はポート・ラインの冷凍船としてJ・L・トンプソン&サンズ英語版1939年に起工し同年8月17日に進水、建造中に海軍本部に徴用され、1939年11月に竣工後は[1]イギリス海軍の特設機雷敷設艦ポート・ケベックとして就役した[3]

就役後は第1機雷敷設戦隊(1st Minelaying Squadron)所属となり、カイル・オブ・ロカルシュ英語版(ZA港)を基地として北方機雷礁英語版の敷設活動に従事した[3]1943年10月に敷設活動が終了した後、ポート・ケベックは1944年航空機工作艦へ改装され、ディア・サウンドHMS Deer Sound, F99)と改名[2]。さらに翌1945年には工作艦へ再改装されている。ディア・サウンドは1945年1月1日付けで購入に切り替えられた[1]

戦後の1946年にディア・サウンドは本来の冷凍船へ戻され旧名のポート・ケベックへ復し[1]1947年10月24日に本来の所有者であったポート・ラインに買い戻されて民間船として活躍した[2]。ポート・ケベックは1968年2月23日に廃棄となり、台湾高雄市のChou's Iron & Steel Co. Ltd.で同年12月から解体が開始された[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m PORT QUEBEC”. Wear Built Ships. 2020年5月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k Lenton & Colledge, pp.306, 308 & 348
  3. ^ a b c d Mason, Geoffrey B.. “ROYAL NAVY MINELAYING OPERATIONS”. naval-history.net. 2020年5月10日閲覧。

参考文献編集

  • Lenton, H.T.; Colledge, J.J. (1968). British and Dominion Warships of World War II. Garden City, New York: Doubleday and Company 
  • Rohwer, Jürgen (2005). Chronology of the War at Sea 1939–1945: The Naval History of World War Two (Third Revised ed.). Annapolis, Maryland: Naval Institute Press. ISBN 1-59114-119-2