メインメニューを開く

ポーラーエアカーゴ

アメリカの貨物航空会社

歴史編集

同社は1993年にサザン・エア・トランスポートとGEキャピタル・アビエーション・サービス(GECAS)の合弁企業として設立された。同年6月にチャーター貨物便の運航を開始し、後に定期貨物便の運航も開始した。 1994年に連邦航空局(FAA)から不定期航空運送事業者として、アメリカ合衆国運輸省から貨物専門航空会社としての認可を受けた。のちに同社はGECASによって残りの株式も買収され、合弁が解消された。

2001年11月、 アトラス航空の親会社であるアトラスエア・ワールドワイド・ホールディングス(AAWW)に買収され、アトラス航空にボーイング747貨物型をウェットリースしていたポーラーエアカーゴはAAWWの定期貨物便運行会社となった。 2006年10月にはドイツのDHLがポーラー社の株式のうち49%を取得する旨が発表され、株式取得が実際に行われたが[1]、ポーラー社の株式は現在もAAWWが過半数の51%を保有している。

かつてのコールサインは「POLAR TIGER (ポーラタイガー)」であった[2]が、現在は「POLAR (ポーラ)」に変更されている[3]

就航地編集

定期便編集

同社はシンナシティアンカレッジをはじめとするアメリカ各地から東京/成田名古屋/中部上海/浦東ソウル/仁川などのアジア、ヨーロッパおよび中東の各地を結ぶ便など世界各地で定期便を運航している。

日本における定期便編集

2015年12月現在、東京/成田名古屋/中部へ定期便を就航させている。

チャーター便編集

特殊な取り扱いを要したり、輸送に際して時間制限のある貨物を輸送するために、同社はチャーター便も運航している。これまでに馬や牛、レースカー、ヘリコプター、災害被災者のための救援物資、ロックバンドのグリーン・デイのコンサート機材を輸送した実績がある。また、同社と親会社であるアトラス航空はアメリカ空軍航空機動軍団(AMC)向けの大規模な輸送業務も実施する。 日本においては関西国際空港福岡空港などでチャーター便としての就航実績があり、中部国際空港にはF1日本グランプリ開催前になるとレース車両輸送のためのチャーター便が飛来する。

機材編集

2012年現在の保有数

同社所属機に加え、DHL所有の機材(ボーイング767-300Fなど)を利用して運行される便もある。

受賞歴編集

2005年エア・カーゴ・エクセレンス賞(ACE Award)をチャーター貨物航空カテゴリーで受賞した[4]

関連項目編集

  • フライング・タイガー・ライン - ポーラーエアカーゴの機材の垂直尾翼に描かれた「サークルP」デザインはかつてのフライングタイガーの「サークルT」デザインを踏襲したものとなっている。

脚注編集

  1. ^ http://info.hktdc.com/shippers/vol29_6/vol29_6_aircargo01.htm
  2. ^ 航空会社リンク”. www.rainbow-island.jp. 2019年9月8日閲覧。
  3. ^ 航空会社C/S” (日本語). 航空無線Handbook. 2019年9月8日閲覧。
  4. ^ Fact Sheet(ポーラーエアカーゴ公式サイトより)(英語)

外部リンク編集