ポーリン・ケント

ポーリン ケント(ぽーりん けんと、1960年-2015年6月30日)は、日本の社会学者。英国出身。研究テーマはルース・ベネディクト研究。

2015年6月30日午後8時ごろ、乳がんのため京都市内の自宅で死去、55歳。

略歴編集

  • 1986年:千葉大学文学部行動科学科社会学専攻卒業
  • 1989年:大阪大学人間科学研究科修了
  • 同大学大学院博士後期課程退学
  • 1989年:国際日本文化研究センター研究部助手
  • 1996年:龍谷大学国際文化学部助教授として着任
  • 2006年:同大学国際文化学部教授に就任
  • 2005年:同大学アフラシア平和開発研究センター事務局長
  • 2006年;同大学国際文化学部教授
  • 2008年:同大学アフラシア平和開発研究センター長
  • 2010年:同大学国際文化学部長[1]

著作編集

脚注編集

外部リンク編集