ポール・アンカ(Paul Anka, 1941年7月30日 - )は、カナダ出身の歌手、シンガーソングライター。「ダイアナ」などのヒットで世界的に知られる。

ポール・アンカ
Paul Anka
Paul Anka 1961.JPG
1961年
基本情報
出生名 Paul Albert Anka
生誕 (1941-07-30) 1941年7月30日(78歳)
出身地 カナダの旗 カナダオンタリオ州オタワ
ジャンル ポップ、ジャズ、ロック
職業 歌手、シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル、ピアノ
活動期間 1955年 -

人物・来歴編集

レバノン正教徒移民の子としてオタワで生まれた。1990年にアメリカ市民権を得ている。ニール・セダカデル・シャノンと共に、ポップスの草創期を代表するシンガーソングライターであり、その草分け的存在でもある。

1957年に自分の弟のベビーシッターへの片思いを綴った自作曲「ダイアナ」でデビューする。この曲はいきなり、Billboard Hot 100の1位にランクインした。その後、「君は我が運命」、「ロンリー・ボーイ英語版などのヒットを飛ばす。

1960年代半ばからはヒット曲に恵まれず低迷するが、70年代にはトム・ジョーンズに「シーズ・ア・レイディ」を提供した。また1968年にフランク・シナトラにスタンダード「マイ・ウェイ」を提供する。これは、アンカがとあるシャンソンの曲(Comme d'habitude)の歌詞を英詞で書き直したものである。また、自身も1974年にオディア・コーツとのデュエット曲である「二人のきずな英語版」を、Billboardの1位にチャートインさせ、カム・バックした。

2002年にはドラマ「ゴールデンボウル」の主題歌に「君は我が運命」が起用され、劇中でもアンカの楽曲が何曲も使用された。

2005年、ハードロックグランジソウルなどの曲をジャズのアレンジでカヴァーしたCD『ロック・スウィングス』を発表した。

現在もラスベガスを代表するスターとして活躍している。

エピソード編集

  • アンカにはAmelia、Anthea、Alicia、Amanda、Alexandra の5人の娘がいる。娘達のイニシャルはすべてA.A.である。
  • 2008年9月26日『とくダネ!』(フジテレビ系)のコーナー「週刊!エンタ☆マイスター」に生出演し、「ダイアナ」他2曲を50'sメドレーとして歌った。

マイケル・ジャクソンとの共作編集

1983年に楽曲を共同制作していたが、『スリラー』の大ヒットでマイケルが多忙になりレコーディングは中止になった。その時に制作されていたのが、マイケルの遺作となる「THIS IS IT」である。アルバム『Xscape』に収録される「Love Never Felt So Good」も同時期に制作されていた。

ディスコグラフィ編集

シングル編集

アルバム編集

楽曲提供編集

日本公演編集

6月20日,21日 日本武道館、23日 名古屋市公会堂、27日,28日 フェスティバルホール、29日 福岡市九電記念体育館、30日 北海道厚生年金会館、7月1日 NHKホール
6月30日 アクロス福岡シンフォニーホール、7月2日 フェスティバルホール、3日 広島郵便貯金会館、4日 香川県民ホール、6日 静岡市民文化会館、7日 愛知県芸術劇場、8日 長野県松本文化会館、10日 仙台サンプラザホール、11日,12日,13日 Bunkamuraオーチャードホール

関連項目編集

外部リンク編集