メインメニューを開く

ポール・スウィージー

ポール・スウィージー(Paul Marlor Sweezy, 1910年4月10日 - 2004年2月27日)は、アメリカ経済学者
ポール・A・バランと並ぶ、アメリカでは希少なマルクス経済学者政治活動家であり、長寿雑誌マンスリー・レビューの発行者、編集者だった。生涯の研究テーマは独占恐慌マルクス経済学に傾倒する以前は、特にヨーゼフ・シュンペーターに強く期待された一流の理論経済学者として目され、ミクロ経済学複占寡占における屈折需要曲線の命名などの業績をあげた。金沢京都に来日したことがある。

ポール・スウィージー
ネオマルクス経済学
生誕 1910年4月10日
ニューヨーク州,ニューヨークシティ
死没 (2004-02-27) 2004年2月27日(93歳没)
ニューヨーク州, ラーチモント
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 ハーバード大学
研究分野 マルクス経済学による独占恐慌の研究
母校 ハーバード大学 
影響を
受けた人物
カール・マルクスローザ・ルクセンブルクミハウ・カレツキLadislaus Bortkiewicz
影響を
与えた人物
イマニュエル・ウォーラーステインRobin HahnelRichard D. Wolffジョン・ベラミー・フォスターヤニス・バルファキス
実績 ミクロ経済学複占寡占における屈折需要曲線の命名(マルクス経済学傾倒以前に確立した概念)
テンプレートを表示


目次

略歴編集

著書編集

単著編集

  • Monopoly and Competition in the English Coal Trade, 1550-1850, (Harvard University Press, 1938).
  • The Theory of Capitalist Development: Principles of Marxian Political Economy, (Oxford University Press, 1942).
中村金治訳『資本主義発展の理論』(日本評論社, 1951年)
都留重人訳『資本主義発展の理論』(新評論, 1967年)
  • Socialism, (McGraw-Hill, 1949).
野々村一雄訳『社會主義』(岩波書店, 1951年)
  • The Present as History: Essays and Reviews on Capitalism and Socialism, (Monthly Review Press, 1953).
都留重人監訳『歴史としての現代――資本主義・社會主義に關する論攷』(岩波書店, 1954年)
  • Marxian Socialism: Power Elite or Ruling Class?, (Monthly Review Press, 1956).
  • Modern Capitalism and Other Essays, (Monthly Review Press, 1972).
畠山次郎訳『現代資本主義』(岩波書店, 1974年)
  • Post-Revolutionary Society: Essays, (Monthly Review Press, 1980).
伊藤誠訳『革命後の社会』(TBSブリタニカ, 1980年/社会評論社, 1990年)
  • Four Lectures on Marxism, (Monthly Review Press, 1981).
柴田徳衛訳『マルクス主義と現代』(岩波書店, 1982年)

共著編集

  • Socialism is the Only Answer, with Leo Huberman, (Monthly Review Press, 1951).
  • The Transition from Feudalism to Capitalism: A Symposium, with Maurice Dobb, H. K. Takahashi, Rodney Hilton and Christopher Hill, (Science and Society, 1954).
大阪経済法科大学経済研究所訳『封建制から資本主義への移行』(柘植書房, 1982年)
  • What You Should Know about Suez, with Leo Huberman, (Monthly Review Press, 1956).
  • The Theory of U. S. Foreign Policy, with Leo Huberman, (Monthly Review Press, 1960).
  • Cuba: Anatomy of a Revolution, with Leo Huberman, (Monthly Review Press, 1960).
池上幹徳訳『キューバ――一つの革命の解剖』(岩波書店[岩波新書], 1960年/増補版, 1961年)
  • Monopoly Capital: An Essay on the American Economic and Social Order, with Paul A. Baran, (Monthly Review Press, 1966).
小原敬士訳『独占資本――アメリカの経済・社会秩序にかんする試論』(岩波書店, 1967年)
  • Introduction to Socialism, with Leo Huberman, (Monthly Review Press, 1968).
西岡幸泰訳『社会主義とはなにか』(紀伊国屋書店, 1970年)
  • Socialism in Cuba, with Leo Huberman, (Monthly Review Press, 1969).
柴田徳衛訳『キューバの社会主義(上・下)』(岩波書店[岩波新書], 1969年)
  • Vietnam, the Endless War: from Monthly Review, 1954-1970, with Leo Huberman and Harry Magdoff, (Monthly Review Press, 1970).
  • On the Transition to Socialism, with Charles Bettelheim, (Monthly Review Press, 1971).
  • The Dynamics of U.S. Capitalism: Corporate Structure, Inflation, Credit, Gold, and the Dollar, with Harry Magdof, (Monthly Review Press, 1972).
岸本重陳訳『アメリカ資本主義の動態』(岩波書店, 1978年)
  • The End of Prosperity: the American Economy in the 1970s, with Harry Magdoff, (Monthly Review Press, 1977).
堀江忠男監訳『アメリカの繁栄は終った!』(新評論, 1980年)
  • The Deepening Crisis of U.S. Capitalism, with Harry Magdoff, (Monthly Review Press, 1981).
伊藤誠訳『アメリカ資本主義の危機』(TBSブリタニカ, 1982年)
  • Stagnation and the Financial Explosion, with Harry Magdoff, (Monthly Review Press, 1987).
  • The Irreversible Crisis: Five Essays, with Harry Magdoff, (Monthly Review Press, 1988).

共編著編集

  • F. O. Matthiessen (1902-1950): A Collective Portrait, co-edited with Leo Huberman, (Henry Schuman, 1950).
  • Paul A. Baran (1910-1964): A Collective Portrait, co-edited with Leo Huberman, (Monthly Revies Press, 1965).
  • Regis Debray and the Latin American Revolution: A Collection of Essays, co-edited with Leo Huberman, (Monthly Review Press, 1968).
  • Lenin Today: Eight Essays, on the Hundredth Anniversary of Lenin's Birth, co-edited with Harry Magdoff, (Monthly Review Press, 1970).
坂井秀夫岡俊孝訳『現代とレーニン』(福村出版, 1972年)
  • Revolution and Counter-Revolution in Chile, co-edited with Harry Magdoff, (Monthly Review Press, 1974).

関連項目編集

参考編集