メインメニューを開く

ポール・セリュジエ(Paul Sérusier, 1864年11月9日 - 1927年10月7日)は、フランスパリ出身のポスト印象派の画家。ナビ派の一員として知られている。

ポール・セリュジエ
Serusier-picture.jpg
生誕 Paul Sérusier
(1864-11-09) 1864年11月9日
フランスの旗 フランス帝国パリ
死没 1927年10月7日(1927-10-07)(62歳)
フランスの旗 フランス共和国モルレー
国籍 フランスの旗 フランス
運動・動向

ナビ派

ポン=タヴェン派
タリスマン(1888年) オルセー美術館蔵)

生涯編集

パリに生まれた。父親は香水作りの会社を経営する実業家で、パリの名門高校で哲学や古典語などを学んだ。しばらく父親の友人の会社で働いた後、1885年にパリの私立の美術学校、アカデミー・ジュリアンに入学し、陽気な性格は教師や学生たちに愛された。後にナビ派のメンバーとなる画家、モーリス・ドニ(1870-1943)とはこの学生時代から友人となった。

1888年の夏をブルターニュの芸術家村、ポン=タヴァンで過ごした。当時ポン=タヴァンには、エミール・ベルナールポール・ゴーギャンを中心とする画家のグループがいた。セリュジエはゴーギャンの指導を受けた。パリに戻り、ゴーギャンの指導を受けて描いた「タリスマン」という絵画を示し、ゴーギャンから学んだアイデアについて友人たちと熱心に議論した。1889年の夏にもポン=タヴァンに滞在し、セリュジエのとまったPouldu村の宿屋は「ポン=タヴァン派」の拠点となった。

ピエール・ボナールモーリス・ドニアンリ=ガブリエル・イベルスポール・ランソンとともに「ナビ派」と呼ばれる画家のグループが作られ、後にアルマン・セガンエドゥアール・ヴュイヤールケル・グザヴィエ・ルーセルらが加わった。1891年にゴーギャンがタヒチに移った後、グループの結束は緩み、それぞれの画家が独自の画風にかわっていくことになった。1892年にはセリュジエもポン=タヴァンへは行かず、ブルターニュのユエルゴアで過ごした。その後パリで俳優で演出家のリュニェ=ポー(Lugné-Poe)の舞台美術の仕事もした。

外部リンク編集