メインメニューを開く

クロード・ポール・タファネル(Claude Paul Taffanel, 1844年9月16日 ボルドー - 1908年11月22日 パリ)は、フランスフルート奏者、作曲家。フルートのフランス楽派の創始者であり、20世紀におけるフルートの演奏指導において主流となる教本を上梓した。 また、指揮者としても活躍した。

クロード・ポール・タファネル
Père-Lachaise - Division 44 - Taffanel 01.jpg
ペール・ラシェーズ墓地のタファネルの墓
基本情報
生誕 (1844-09-16) 1844年9月16日
出身地 フランスの旗 フランスボルドー
死没 (1908-11-22) 1908年11月22日(64歳没)
学歴 パリ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 フルート奏者、作曲家
担当楽器 ヴァイオリン

略歴編集

ポール・タファネルは、9歳で父からフルートの手ほどきを受け、その翌年にはコンサートを開くに至った。パリ音楽院でルイ・ドリュの指導のもとに学び、1860年に卒業した。16歳で演奏コンクールで優勝し、以来30年にわたってソリストとして活躍した。作曲家としては音楽で国民性を表現しようとした世代(国民楽派)に属している。

タファネルは遺作となる『17のメカニズム日課大練習』を残し、死後に2人の弟子、ルイ・フルーリフィリップ・ゴーベールによって完成された。この教本は、今日までフルートの最も有名な教本として世界中で使われている。

脚注編集