メインメニューを開く

ポール・トルトゥリエ

ポール・トルトゥリエ(Paul Tortelier ,1914年3月21日 - 1990年12月18日)はフランスチェロ奏者、作曲家指揮者。チェロ演奏では卓越した技巧、芯の太い音色の上に、真摯で深い精神性を湛えた表現で名高い。作曲家としても、『イスラエル交響曲』やチェロ作品など優れた作品を残した。

ポール・トルトゥリエ
Paul Tortelier by Reginald Gray.jpg
レジナルド・グレイによる肖像画(1970年代)
基本情報
生誕 (1914-03-21) 1914年3月21日
出身地 フランスの旗 フランスパリ
死没 (1990-12-18) 1990年12月18日(76歳没)
学歴 パリ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 チェロ奏者、作曲家指揮者
担当楽器 チェロ

目次

略歴編集

  • パリ生まれ。6歳よりチェロを始め、パリ音楽院でチェロをジェラール・エッカンに師事、作曲和声も学ぶ。インタビュー形式の自伝『ポール・トルトゥリエ チェリストの自画像』(音楽之友社 ISBN 978-4-276-20368-6)によれば、長年にわたる母親の熱心な励ましがトルトゥリエを支えたという。
  • 1930年、16歳でパリ音楽院チェロ科を1位で卒業。同年12月にはデビュー・リサイタルを開く。
パブロ・カザルスに師事したとよく書物等に書かれるが、影響は多分に受けたが直接習った事は無いことがトルトゥリエ自身によって語られている。

作品編集

  • 組曲ニ短調 - チェロ独奏のための(1944)
  • 二重協奏曲 - 2台のチェロとオーケストラのための(1950)
  • 弦楽のための捧げ物(1970)

録音編集

EMIレーベルにバッハ無伴奏チェロ組曲を2回録音、ガブリエル・フォーレチェロソナタ集(ジャン・ユボー、エリック・ハイドシェックと2回録音)、リヒャルト・シュトラウスドン・キホーテ』(ルドルフ・ケンペ指揮シュターツカペレ・ドレスデン)などが代表的。

教育者として編集

トルトゥリエは教育者としても知られ、ジャクリーヌ・デュ・プレアルト・ノラス、日本人チェリストの倉田澄子らが彼に師事している。

トルトゥリエ・エンドピンエンドピンが途中から折れ曲がっており、チェロ本体が水平の状態に近付く)を考案するなど、奏法についても研究、著書に『現代チェロ奏法 私の演奏法・教授法』(全音楽譜出版社 ISBN 4-11-336010-3)がある。

音楽一家編集

トルトゥリエの妻モード・マルタンも優れたチェロ奏者であり、長男ヤン・パスカルはヴァイオリニストを経て指揮者、長女マリア・ド・ラ・パオはピアニスト、次女のロマーナはチェリストである。トルトゥリエは、子供たちと演奏する室内楽を無上の喜びとしていたという。

文献編集

  • Marc Vignal, Dictionnaire de la Musique, éditions Larousse.
  • Article Paul Tortelier par Alain Pâris de l'Encyclopédie Universalis.

脚注編集