ポール・アレクサンドル・ベルモンドPaul Alexandre Belmondo, 1963年4月23日 - )は、フランスの元レーシングドライバー

ポール・ベルモンド
ポール・ベルモンド(2013年)
基本情報
フルネーム Paul Alexandre Belmondo
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・ブローニュ=ビヤンクール
生年月日 (1963-04-23) 1963年4月23日(60歳)
F1での経歴
活動時期 1992,1994
所属チーム '92 マーチ
'94 パシフィック
出走回数 27 (7スタート)
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1992年南アフリカGP
最終戦 1994年オーストラリアGP
テンプレートを表示

経歴 編集

生い立ち 編集

フランスを代表する人気俳優ジャン=ポール・ベルモンドの息子としてパリ郊外のブローニュ=ビヤンクールで生まれる。1981年にモナコステファニー王女恋人であるとして報道された。

レースデビュー 編集

1979年にレーシングカートを経て、1982年にフォーミュラ・ルノーに参戦し、1984年にはフランスF3選手権にステップアップしランキング4位に入る。1987年から国際F3000選手権にステップアップ。F3000には5年間フル参戦しポイント獲得は2回、決勝最高位は5位1回であった。

F1 編集

1990年夏に、翌年から2カー体制へと規模拡大してのF1参戦を希望していたイタリアの小チーム・オゼッラからオファーがあり、1991年のオプション契約を結んだ。しかしF3000の実績で入賞回数が少なかったため、ベルモンドへのスーパーライセンス発給が認められるか不確実だとチームが判断しレギュラーシート契約は見送られた[1]

1992年 編集

前年までレイトンハウスF1チームとして参戦していたマーチのセカンドドライバーとしてF1シートを得た。しかし年間全戦の契約ではなく、マーチに持ち込むスポンサー資金による8月までの契約だった。

開幕戦から同じマシンに乗るカール・ヴェンドリンガーの予選ラップタイムより2.4秒離され、第10戦まで予選成績全敗、6度の予選落ちを喫するなど苦戦。第11戦ハンガリーGPで初めて予選でヴェンドリンガーに勝ち、決勝レースも9位で完走したが、同年の国際F3000選手権で4連勝を記録しタイトル争い中のエマニュエル・ナスペッティが新スポンサー持参でマーチと交渉し契約、ベルモンドのマーチでの参戦は終了となった。ハンガリーGPでの9位完走は結果としてベルモンドのF1キャリアハイとなった。

1993年 編集

シーズン開幕前にはドライバー発表が遅れていたラルースのテストドライブを担当し、92年型のマシンに93年仕様ランボルギーニV12エンジンを搭載したマシンで潤滑システム評価などを担った[2]。しかし正ドライバーには選ばれず、1993年はレースシートを得られなかった。

1994年 編集

 
1994年イギリスGPでのベルモンド

1994年からF1にステップアップしたパシフィックのセカンドドライバーとしてF1に戻った。

しかし、同チームのシャシーは1991年にシャーシコンストラクターのレイナードがF1参戦を計画した際にロリー・バーンパット・シモンズが設計した図面をベースとしており、新たにパシフィック・PR01と名付けられてはいたがすでに3年落ちとなる古い設計コンセプトだった。エンジンも前年ザウバーが使用していたイルモアの型落ちエンジンを搭載しており、チームには元々の設計図面や開発のための風洞研究設備も無く戦闘力に乏しかった。チームメイトのベルトラン・ガショーと2台そろって予選を通過できたのは、カール・ヴェンドリンガーのクラッシュの影響でザウバーの2台が欠場したモナコGPと、金曜フリー走行でシムテックアンドレア・モンテルミーニがクラッシュし予選以降を欠場したスペインGPで、この年ベルモンドが決勝レースに進出したのはこの2レースだけで完走は無かった。ファーストドライバーのガショーも決勝進出は5レースだけで完走は無く、パシフィックの2台は以後最終戦まで予選不通過を続けた。この年F1に参戦した全13チームの中での13番目のチームとして1年を過ごしたパシフィックは翌年に向けて参戦が困難となったチーム・ロータスとの合併を模索していたが、ベルモンドに契約延長オファーは無くF1シートを失った。

その後 編集

フォーミュラカーからは撤退し、1999年からはFIA GT選手権に「ポール・ベルモンド・レーシング」のオーナー兼ドライバーとしてクライスラー・バイパー GTS-Rで参戦を開始、ル・マン24時間レースにもティアゴ・モンテイロとともに参戦する。ル・マンにはドライバーとしては2005年まで参戦、チームとしては2006年まで参戦した。このほかパリ・ダカールラリーや、2004年にはワールドシリーズ・バイ・ニッサン[3]にフランスF3チャンピオンの福田良を起用し参戦した。

2007年のFIA GT2カップへのスポット参戦を最後にドライバーとしての参戦を引退したが、7年のブランクを経て2014年のル・マン・クラシックにフォード・GT40で参加、以後ゲストドライバーとして不定期に2017 GT4 European Series Southern CupなどのGTレースに参加している[4]

レーサーとして一線を退いて以後は、名優である父の後を追い演劇界に進み、俳優としてテレビドラマ映画に出演するほか、劇場支配人などもしているという[5]

レース戦績 編集

マカオグランプリF3 編集

チーム シャーシー/エンジン 予選 レース1 レース2 総合順位
1984年   オレカ マルティーニ・Mk42 アルファロメオ 27位 14位 17位 14位

国際F3000選手権 編集

所属チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1987年 GDBAモータースポーツフランス語版 ローラ・T87/50 コスワース DFV SIL
18
VLL
16
SPA
11
PAU
5
DON
15
PER
Ret
BRH
12
BIR
12
IMO
DNQ
BUG
Ret
JAR
11
18位 2
1988年 ローラ・モータースポーツ ローラ・T88/50 JER
Ret
VLL
14
PAU
Ret
SIL
DNQ
MNZ
8
PER
DNQ
BRH
DNQ
BIR
9
BUG
8
ZOL
Ret
DIJ
11
NC 0
1989年 CDMモータースポーツ レイナード・89D SIL
13
VLL
Ret
PAU
Ret
JER
Ret
PER
Ret
BRH
12
BIR
Ret
SPA
10
BUG
Ret
DIJ
18
NC 0
1990年 スーパーパワー・エンジニアリング レイナード・90D 無限・MF308 DON
Ret
SIL
DNQ
PAU
DNQ
JER
Ret
MNZ
Ret
PER
DNQ
HOC
11
BRH
Ret
BIR
Ret
BUG
6
NOG
Ret
22位 1
1991年 アポマトクス レイナード・91D コスワース DFV VLL
14
PAU
Ret
JER
14
MUG
13
PER
Ret
HOC
Ret
BRH
DNQ
SPA
12
BUG
Ret
NOG
Ret
NC 0

F1 編集

チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1992年 マーチ CG911 RSA
DNQ
MEX
DNQ
BRA
DNQ
ESP
12
SMR
13
MON
DNQ
CAN
14
FRA
DNQ
GBR
DNQ
GER
13
HUN
9
BEL ITA POR JPN AUS 26位 0
1994年 パシフィック PR01 BRA
DNQ
PAC
DNQ
SMR
DNQ
MON
Ret
ESP
Ret
CAN
DNQ
FRA
DNQ
GBR
DNQ
GER
DNQ
HUN
DNQ
BEL
DNQ
ITA
DNQ
POR
DNQ
EUR
DNQ
JPN
DNQ
AUS
DNQ
NC 0

ル・マン24時間レース 編集

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 総合順位 クラス順位
1985年   ニューマン・ヨースト・レーシング   マウリシオ・デ・ナルバエス
  ケンパー・ミラー
ポルシェ・956 C1 277 DNF DNF
1987年   ブルン・モータースポーツ   ミシェル・トロレ
  ピア・デ・トワジ
ポルシェ・962C C1 88 DNF DNF
1988年   クラージュ・コンペティション   フランソワ・ミゴール
  片山右京
クラージュ・C22-ポルシェ C1 66 DNF DNF
1989年   オーバーマイヤー レーシング
  プリマガス コンペティション
  ユルゲン・レーシグ
  ピエール・イベール
ポルシェ・962C C1 61 DNF DNF
1993年   TWR ジャガー レーシング   ジェイ・コックラン
  アンドレアス・フックス
ジャガー・XJ220 GT 176 DNF DNF
1995年   ヴェンチュリー オートモビル SA   ジャン=マルク・グーノン
  アルノー・トレビシオル
ヴェンチュリー・600LM GT1 193 NC NC
1996年   Ennea SRL Igol   ジャン=マルク・グーノン
  エリック・ベルナール
フェラーリ・F40 GTE GT1 40 DNF DNF
1999年   ポール ベルモンド レーシング   ティアゴ・モンテイロ
  マーク・ロスタン
クライスラー・バイパー GTS-R GTS 299 17th 6th
2004年   クロード=イヴ・ゴセリン
  マルコ・サビオッツィ
クラージュ・C65-JPX LMP2 80 DNF DNF
2005年   ディディエ・アンドレ
  リック・サザーランド
クラージュ・C65-フォード LMP2 294 22位 3位

全日本GT選手権 編集

チーム 使用車両 コ.ドライバー クラス 1 2 3 4 5 6 順位 ポイント
1997年 POWER CRAFT トヨタ・スープラ   ベルトラン・ガショー GT500 SUZ
11
FSW
Ret
15位 12
RYOWA HOUSE Pacific TEAM CERUMO SEN
8
FSW
5
MIN
Ret
SUG
11

脚注 編集

  1. ^ J-P.ベルモンドの息子ポール、オゼッラとオプション契約 グランプリ・エクスプレス 1990イタリアGP号 38頁 山海堂 1990年9月28日発行
  2. ^ ベルモンドがラルースでテスト F1速報 テスト情報号 33頁 ニューズ出版 1993年2月12日発行
  3. ^ Paul Belmondo Racing Motorsport Magazine
  4. ^ Paul Belmondo DriverDatabese.com
  5. ^ 【あなたは何しに?】フランスの名俳優ジャン=ポール・ベルモンドの血を引く元F1ドライバーに遭遇 Carview 2019年7月11日

関連項目 編集