マイクロコードは、本来はプロセッサを実装する際の方法論のひとつであるマイクロプログラム方式や、その方式で書かれたプログラム(コード)を指す。特にCISCのプロセッサで採用されている。

広義にはファームウェアとほぼ同義で、ソフトウェアであるプログラムを、ハードウェア化したもの。

関連項目編集