メインメニューを開く

マイク・コンリー (バスケットボール)

マイケル・アレックス・コンリー・ジュニアMichael Alex Conley, Jr., 1987年10月11日 - )は、アメリカ合衆国アーカンソー州フェイエットビル出身のバスケットボール選手。NBAユタ・ジャズに所属している。ポジションはポイントガード。185cm、79kg。父はバルセロナオリンピック男子三段跳の金メダリストのマイク・コンリー

マイク・コンリー
Mike Conley
ユタ・ジャズ  No.11
ポジション PG
背番号 11
身長 185cm (6 ft 1 in)
体重 79kg (174 lb)
ウィングスパン 197cm  (6 ft 6 in)[1]
シュート
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Michael Alex Conley, Jr.
愛称 Money Make
ラテン文字 Mike Conley
誕生日 (1987-10-11) 1987年10月11日(32歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アーカンソー州の旗 アーカンソー州フェイエットビル
出身 オハイオ州立大学
ドラフト 2007年 全体4位  MEM  
選手経歴
2007-2019
2019-
 MEM  メンフィス・グリズリーズ
 UTA  ユタ・ジャズ
受賞歴

経歴編集

生い立ち編集

三段跳び金メダリストの父と元NFL選手のスティーブ・コンリーを叔父に持つスポーツ一家で育った。少年時代は父の指導のもと、後に高校と大学をともにするグレッグ・オデンとともにバスケットボールに励んだ。

高校はローレンスノース高校に進学。オデンとコンリー擁するローレンスノース高校はインディアナ州を代表する強豪校となり、2004年から3年連続で同州のタイトルを獲得、彼らが在学中の4年間の戦績は103勝7敗で2006年にはインディアナ州のチームとしては初めてUSAトゥデイ紙のランキング1位にランクされた。コンリー個人は最終学年には16.5得点4アシストのアベレージを残し、オデンとともにマクドナルド選出のオールアメリカンチームに選ばれた。

大学はオハイオ州立大学に進学。1年生ながら39試合全てで先発に起用され、11.3得点6.1アシスト2.2スティールのアベレージでオデンとともにチームを牽引。コンリーはビッグ・テン・カンファレンスのファーストチームに選ばれた。NCAAトーナメントでは決勝まで勝ち進むが、フロリダ大学のまえに敗退した。シーズン終了後NBA入りか進級か最後まで迷ったが、父を代理人に立て、2007年のNBAドラフトアーリーエントリーした。なお、オデンもコンリーの父と代理人の契約を結んだ[2]

NBA編集

ドラフトではメンフィス・グリズリーズから1巡目4位指名を受けてNBA入りを果たす(オデンは全体1位指名を受けた)。1年目の2007-08シーズンは積極的に先発に起用され、9.4得点4.2アシストと上位指名ルーキーとしてはまずまずの成績を残したが、29試合を欠場している。翌2008-09シーズンは開幕から調子が上がらず、一時はトレード話も流れたが、シーズン後半からようやく調子が上がり始め、20得点以上の試合を連発するなどして成績を10.9得点4.3アシストまで持ち直させた。

その後も順調に成績を伸ばし、マーク・ガソルと並ぶグリズリーズのフランチャイズ・プレイヤーとして君臨。2016年7月2日には5年1億5300万ドルのマックス契約でグリズリーズと延長契約を結んだ[3]。しかし、新契約を結んで挑んだ2016年11月28日のシャーロット・ホーネッツ戦で脊髄を骨折する重傷を負った[4][5]

プレースタイル編集

学生時代からディフェンスには定評があり、スティールの能力に長けている。オフェンスの方も年々向上しており、サウスポーの利点を活かして積極的にゴール前に切り込む。試合の重要な場面のショットを任されることも増え、今やリーグ屈指のクラッチシューターとして名を馳せている。

個人成績編集

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン

レギュラーシーズン編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2007–08 MEM 53 46 26.1 .428 .330 .732 2.6 4.2 .8 .0 1.7 9.4
2008–09 82 61 30.6 .442 .406 .817 3.4 4.3 1.1 .1 1.7 10.9
2009–10 80 80 32.1 .445 .387 .743 2.4 5.3 1.4 .2 2.1 12.0
2010–11 81 81 35.5 .444 .369 .733 3.0 6.5 1.8 .2 2.2 13.7
2011–12 62 61 35.1 .433 .377 .861 2.5 6.5 2.2 .2 2.0 12.7
2012–13 80 80 34.5 .440 .362 .830 2.8 6.1 2.2 .3 2.4 14.6
2013–14 73 73 33.5 .450 .361 .815 2.9 6.0 1.5 .2 2.1 17.2
2014–15 70 70 31.8 .446 .386 .859 3.0 5.4 1.3 .2 2.2 15.8
2015–16 56 56 31.4 .422 .363 .834 2.9 6.1 1.2 .3 1.5 15.3
2016–17 69 68 33.2 .460 .408 .859 3.5 6.3 1.3 .3 2.3 20.5
2017–18 12 12 31.1 .381 .312 .803 2.3 4.1 1.0 .3 1.5 17.1
2018–19 70 70 33.5 .438 .364 .845 3.4 6.4 1.3 .3 1.9 21.1
通算:12年 788 758 32.6 .441 .375 .819 3.0 5.7 1.5 .2 2.0 14.9

プレーオフ編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2011 MEM 13 13 39.0 .388 .297 .830 3.8 6.4 1.1 .2 2.3 15.2
2012 7 7 39.6 .421 .500 .750 3.3 7.1 .9 .0 2.3 14.1
2013 15 15 38.3 .384 .281 .763 4.7 7.1 1.7 .3 2.3 17.0
2014 7 7 38.1 .431 .111 .769 4.6 7.9 2.0 .1 2.1 15.9
2015 8 8 30.4 .427 .303 .821 1.1 5.0 1.4 .0 1.5 14.4
2017 6 6 37.3 .485 .447 .838 3.3 7.0 1.7 .5 2.0 24.7
出場:6回 56 56 37.4 .414 .317 .792 3.7 6.7 1.4 .2 2.1 16.5

脚注編集

外部リンク編集