マイケル・グリーン (脚本家)

マイケル・グリーンMichael Green)は、アメリカ合衆国のテレビ・映画・コミックの脚本家である。

マイケル・グリーン
Michael Green
Michael Green
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 脚本家・プロデューサー
テンプレートを表示

生い立ち編集

ユダヤ系の家庭に生まれ[1]ニューヨーク州ママロネック英語版で育つ。

キャリア編集

映画及びテレビ編集

1990年代後半よりテレビシリーズの脚本家として活動しており、『エバーウッド 遥かなるコロラド』、『ヤング・スーパーマン』、『セックス・アンド・ザ・シティ』などのエピソードを手掛けた。

2007年には『HEROES』の脚本・プロデュースを務めたことによりエミー賞全米脚本家組合賞にノミネートされた。

2017年にはジェームズ・マンゴールドの『LOGAN/ローガン』、リドリー・スコットの『エイリアン: コヴェナント』、ドゥニ・ヴィルヌーヴの『ブレードランナー 2049』、ケネス・ブラナーの『オリエント急行殺人事件』と脚本映画が4本公開される[2][3][4]。また同年にはニール・ゲイマンの同名小説を原作とし、ブライアン・フラーと共に脚本・製作総指揮を務めたテレビシリーズ『アメリカン・ゴッズ』の放送が始まった。

コミック編集

グリーンが初めてコミックの脚本を手がけたのはDCコミックスの『バットマン: ラバーズ&マッドメン』であった。その後グリーンは月刊誌『スーパーマン/バットマン英語版』の第44号からライターに就任した。直後からマイク・ジョンソンが共著者となり、2人は第63号まで担当を続けた。

グリーンとジョンソンは2011年にリランチされた『スーパーガール』(第0-12号)でも共同した。

主なフィルモグラフィ編集

テレビシリーズ編集

映画編集

ビブリオグラフィ編集

  • バットマン: ラバーズ&マッドメン Batman: Lovers and Madmen (2008)
  • Superman/Batman: The Search for Kryptonite (2008)
  • Superman/Batman: Finest Worlds (2009)

参考文献編集

外部リンク編集