メインメニューを開く

マイケル・シファー (政治学者)

マイケル・シファー

マイケル・シファー(Michael Schiffer)は、アメリカ合衆国政治家政治学者

生涯編集

ジョージタウン大学で学士号を取得[1]ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスおよびニューヨーク大学で修士号を取得[1]

1995年から2004年までダイアン・ファインスタイン上院議員(民主党、カリフォルニア州選出)の議員スタッフとして勤務[1]。国家安全保障担当の上級顧問および立法担当責任者を務めた[1]

2004年から2005年まで米外交問題評議会の日立国際問題研究員として、日本の防衛研究所に在籍[1][2][3]。東アジアの安全保障問題を中心に研究生活を送った[4]

2006年から2009年まで外交シンクタンクのスタンリー財団英語版に所属し、アジア関連の政策分析や政治対話の計画調整を担当[1]。アメリカの国家安全保障や国際安全保障の課題を扱った[1]2008年の大統領選挙ではバラク・オバマ候補の対日政策顧問団メンバーとして、対アジア政策および対日政策の企画立案に深く関与した[5][6]。またアイオワ大学アジア太平洋研究センターの研究員も兼務し[6]、国際安全保障問題や政治問題、メディア問題など広範な領域で執筆活動を展開した[1]

2009年4月から、国防次官補室(アジア太平洋安全保障担当)にて国防次官補代理(東アジア担当)として勤務[1]。担当する東アジア政策の戦略立案・実施を目的として、国防総省の上層部に対して助言を提供[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j Defense.gov Biography: Michael Schiffer” (英語). アメリカ合衆国国防総省. 2010年11月9日閲覧。
  2. ^ 新時代の日米担う人脈” (日本語). 朝日新聞 (2009年1月12日). 2010年11月9日閲覧。
  3. ^ ジェトロ海外調査部北米課 (2008年11月5日). “優先は「景気」「金融危機」など国内問題、通商の位置づけは低く~米国オバマ新政権の経済・通商政策、産業への影響を展望~” (日本語). 日本貿易振興機構. 2010年11月9日閲覧。
  4. ^ 久保文明; 足立正彦 (2009年9月28日). “オバマ政権の主要高官人事分析” (日本語). 東京財団. 2010年11月9日閲覧。
  5. ^ マイケル・シファー氏との意見交換会” (日本語). 東京財団 (2008年10月20日). 2010年11月9日閲覧。
  6. ^ a b 現代アメリカ研究プロジェクト (2008年4月7日). “2008年米国大統領選挙主要候補者の選対本部・政策アドバイザー人名録” (日本語). 東京財団. 2010年11月9日閲覧。