マイケル・ジャイルズ

マイケル・ジャイルズMichael Rex Giles1942年3月1日 - )は、イギリス出身のドラマー。ロック・バンドのキング・クリムゾンの創設メンバーの一人。

マイケル・ジャイルズ
Michael Giles
出生名 Michael Rex Giles
生誕 (1942-03-01) 1942年3月1日(80歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド
ハンプシャー州 ウォータールーヴィル
ジャンル ロックプログレッシブ・ロックジャズ
職業 ドラマー
担当楽器 ドラムスボーカル
活動期間 1962年 - 現在
共同作業者 ジャイルズ・ジャイルズ&フリップ
キング・クリムゾン
マクドナルド・アンド・ジャイルズ
他多数

ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のドラマー」において49位。

経歴編集

活動開始期の足跡編集

ドーセット最大の都市のボーンマスの郊外で育った[1]。10代の時からドラマーとして活動を始め、1961年11月、ダウランド兄弟をフィーチャーしたザ・ダウランド・ブラザーズのバック・バンドに、ベーシストである弟のピーター・ジャイルズと共に参加して、初のレコーディングを経験した。1964年にはプロ活動に専念する為、兄弟揃ってビート・バンドのトレンドセッターズ・リミテッドに加入して、シングルの制作やヒット歌手のイギリス公演のバック演奏など数多くの経験を積んだ[2]

GG&Fからキング・クリムゾンへ編集

イギリスのミュージック・シーンの主流がビート・バンドからアート・ロックに切り替わった1967年春に、ジャイルス兄弟はトレンドセッターズ・リミテッド改めザ・ブレインを脱退。二人は新聞に歌えるオルガニストの募集広告を載せたが、結局ドーセット出身の歌えないギタリストのロバート・フリップを迎え、同年8月にジャイルズ・ジャイルズ&フリップ(以下GG&F)を結成した[3]

GG&Fは1968年9月13日にアルバム『チアフル・インサニティ・オブ・ジャイルズ・ジャイルズ&フリップ』を発表。そしてイアン・マクドナルド[注釈 1](サキソフォン、フルート、キーボード)、脱退した弟ピーター[注釈 2][4]の後任としてグレッグ・レイク[注釈 3](ベース・ギター、ボーカル)、マクドナルドの曲の作詞を担当していたピート・シンフィールドらを迎えて、1969年1月22日にGG&Fはキング・クリムゾンとなり[5]1969年10月にデビュー・アルバム『クリムゾン・キングの宮殿』を発表した。

キング・クリムゾンからの脱退とその余波編集

キング・クリムゾンは『クリムゾン・キングの宮殿』の発表の直後にアメリカ・ツアーを開始したが、ジャイルスとマクドナルドはリーダーのフリップとの溝を深めていった。その上、ツアーの過酷な日程がもたらした心身の疲労に加えてプライベートの事情が重なった結果、二人は同年12月に脱退を表明。オリジナル・メンバーのキング・クリムゾンはわずかアルバム1作を発表しただけで終焉を迎えた[注釈 4][6]

1970年、ジャイルスはフリップの依頼[注釈 5]でキング・クリムゾンのセカンド・アルバム『ポセイドンのめざめ』に客演した後、マクドナルドとの共作アルバム『マクドナルド・アンド・ジャイルズ』を制作して翌1971年1月に発表した。弟のピーターも全面参加した本作は一部評論家からは高い評価を得たが、商業的成功を得ることはできなかった。

ジャイルスはキング・クリムゾンのアメリカ・ツアーでアメリカ人の音楽に対する柔軟性に触れ、自らの創作活動に迷いを感じるようになっていた。一方、マクドナルドは『マクドナルド・アンド・ジャイルズ』のレコーディングに時間と費用がかかり過ぎたのでラフ・ミックスの状態で発表せざるをえなかったという不満を抱いており[7]、ジャイルスとのプロジェクトを継続する意欲を失いつつあった。さらに彼は恋人[注釈 6]との関係が終焉してセラピーを受けるために渡米したので[8]、結局マクドナルド・アンド・ジャイルズもアルバム1作のみで消滅した。

セッション・ドラマーとして編集

ジャイルスはマクドナルド・アンド・ジャイルズの後、セッション・ミュージシャンとしての性格を強めていく。元ザ・ナイスリー・ジャクソンが結成したジャクソン・ハイツの一連の作品[注釈 7][9]ケヴィン・エアーズの『夢博士の告白』、元ファミリーロジャー・チャップマンとチャーリー・ホイットニーによる『ストリートウォーカーズ』などの他、ロジャー・グローヴァーアンソニー・フィリップスグラハム・ボネットレオ・セイヤーペンギン・カフェ・オーケストラブライアン・フェリー、グレッグ・レイクらの作品に参加した。

1978年、弟のピーター、デイヴ・マクレエ、元キャラヴァンジョン・G・ペリージェフリー・リチャードソン[注釈 8]を迎えて、ソロ作品を録音。この作品は2002年にソロ・アルバム『プログレス』として発表され、25年後に日の目を見た[10]

ジャズ映画音楽の分野でも活動し、1983年にはデヴィッド・カニンガムジェイミー・ミューアらとともに、ケン・マクマラン監督の映画 "Ghost Dance" のサウンドトラックを制作した。この作品のCDは1995年に発売された[11]

旧友との交流とソロ活動編集

1999年にはマクドナルドの初のソロ・アルバム『ドライヴァーズ・アイズ』の制作に参加。

2002年には、マクドナルドと共同で『マクドナルド・アンド・ジャイルズ』のリマスター作業を行なった。そしてマクドナルド、弟ピーター、マクドナルドの後任として1970年から1972年までキング・クリムゾンに在籍したメル・コリンズ、ジャイルスの娘婿でレベル42ロング・ハローで活動したジャッコ・ジャクジクと「21stセンチュリー・スキッツォイド・バンド」を結成して、かつてのキング・クリムゾン・サウンドを回顧するかのごとき演奏活動を行った。彼らのコンサートでは、キング・クリムゾンの1972年までの作品を中心に、『マクドナルド・アンド・ジャイルス』の収録曲やマクドナルドやジャクジクのソロ作品も披露された。しかし、ジャイルズは2002年の日本公演の後で21stセンチュリー・スキッツォイド・バンドを脱退した[10]

2008年、Adrian Chivers(ホーン)、Daniel Pennie(ギター)と「マイケル・ジャイルズ・マッド・バンド」を結成。このトリオは過去のクリムゾン・サウンドとは一線を画するアヴァンギャルドな作風を持っている。2009年にスタジオ・アルバム "The Adventures Of The Michael Giles MAD BAND" 、2011年キース・ティペットを迎えたライブ・アルバム "In The Moment” を発表した

2019年の時点で、出版を目標に心理学の本の原稿を執筆していた[12]

主なディスコグラフィ編集

ジャイルズ・ジャイルズ&フリップ編集

  • 『チアフル・インサニティ・オブ・ジャイルズ・ジャイルズ&フリップ』 - The Cheerful Insanity of Giles, Giles and Fripp (1968年)
  • "One in a Million / Newly Weds" (1968年) ※シングル
  • "Thursday Morning / Elephant Song" (1968年) ※シングル
  • Metaphormosis (2001年)
  • 『ザ・ブロンデスベリー・テープス』 - The Brondesbury Tapes (2001年)

キング・クリムゾン編集

マクドナルド・アンド・ジャイルズ編集

ルーサー・グローヴナー編集

  • Under open skies (1971年)

マレー・ヘッド編集

  • Nigel Lived (1972年)

ジャクソン・ハイツ編集

  • 『フィフス・アヴェニュー・バス』 - The Fifth Avenue Bus (1972年)
  • 『ラガマフィンズ・フール』 - Ragamuffins Fool (1972年)
  • 『バンプ・ン・グラインド』 - Bump n' Grind (1973年)

レオ・セイヤー編集

  • 『シルバー・バード』 - Silverbird (1973年)
  • 『ジャスト・ア・ボーイ』 - Just a Boy (1974年)
  • 『アナザー・イヤー』 - Another year (1975年)

ケヴィン・エアーズ編集

  • 『夢博士の告白』 - The Confessions of Dr. Dream and Other Stories (1974年)

ジョン・G. ペリー編集

  • 『サンセット・ウェイディング』 - Sunset Wading (1976年)
  • Seabird (1995年)

アンソニー・フィリップス編集

イアン・マクドナルド編集

  • 『ドライヴァーズ・アイズ』 - Drivers Eyes (1999年)

21stセンチュリー・スキッツォイド・バンド編集

  • 『オフィシャル・ブートレグ Vol.1』 - Official Bootleg V.1 (2002年)
  • 『ライヴ・イン・ジャパン 2002』 - Live in Japan (2003年) ※CD+DVD

ソロ編集

  • 『プログレス』 - Progress (2002年) ※1978年録音

サウンドトラック編集

マイケル・ジャイルズ・マッド・バンド編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ Smith (2019), p. 9.
  2. ^ Smith (2019), p. 11-12.
  3. ^ Smith (2019), p. 17.
  4. ^ Smith (2019), p. 30-32.
  5. ^ Smith (2019), p. 35.
  6. ^ Smith (2019), p. 63-70.
  7. ^ Smith (2019), p. 87.
  8. ^ 『クリムゾン・キングの宮殿 ~風に語りて~』(ストレンジ・デイズ)より
  9. ^ Smith (2019), p. 62.
  10. ^ a b Smith (2019), p. 375.
  11. ^ Smith (2019), p. 374-375.
  12. ^ Smith (2019), p. 376.

注釈編集

  1. ^ フェアポート・コンヴェンションのボーカリストだったガールフレンドのジュディ・ダイブルと共に加入したが、彼女はマクドナルドと別れたので脱退した。
  2. ^ 音楽についてフリップと対立した。
  3. ^ ギタリストであったが、キング・クリムゾンでは脱退したピーターの後任としてベース・ギターを担当した。
  4. ^ レイクもツアーの途中で知り合ったザ・ナイスキース・エマーソンと意気投合して、エマーソンとバンドを結成する為にキング・クリムゾンを脱退することにした。かくして、ツアーが終わった時には、キング・クリムゾンはフリップとシンフィールドの二人だけになってしまった。
  5. ^ ジャイルスの後任のドラマーが制作に参加できなかった。
  6. ^ 本作のジャケットでマクドナルドと一緒に写っているシャーロット・ベイツ。
  7. ^ ジャクソン・ハイツはデビュー・アルバムを発表した後、ジャクソン以外のメンバーが一新されて、ドラマーが不在のトリオとなった。
  8. ^ トレンドセッターズ・リミテッド時代の同僚で、『マクドナルド・アンド・ジャイルス』にも客演したトロンボーン奏者のマイケル・ブレイクスリーも参加した。

参考文献編集

  • 『キング・クリムゾン』北村昌士著 シンコー・ミュージック
  • 『レコード・コレクターズ』1989年3月号、ミュージック・マガジン社
  • 『MARQEE 別冊 キング・クリムゾン』(マーキームーン社、1995年)
  • 『レコード・コレクターズ』2000年1月号、ミュージック・マガジン社
  • 『レコード・コレクターズ』2002年3月号、ミュージック・マガジン社
  • 『クリムゾン・キングの宮殿 〜風に語りて〜』シド・スミス著 ストレンジ・デイズ
  • en:Michael Giles (UTC: 19:14, 20 February 2012)
  • Smith, Sid (2019), In the Court of King Crimson: An Observation over Fifty Years, Panegyric, ISBN 978-1916153004