マイケル・チャンドラー

マイケル・チャンドラーMichael Chandler1986年4月24日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家ミズーリ州ハイリッジ出身。サンフォードMMA所属。元Bellator世界ライト級王者。UFC世界ライト級ランキング5位[1]

マイケル・チャンドラー
Michael Chandler at MTV Movie Awards 2012.jpg
本名マイケル・チャンドラー・ジュニア
(Michael Chandler Jr.)
生年月日 (1986-04-24) 1986年4月24日(35歳)
出身地ミズーリ州ハイリッジ
通称アイアン
(Iron)
居住テネシー州ナッシュビル
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長173 cm (5 ft 8 in)
体重70 kg (154 lb)
階級ウェルター級 (2010年 - 2011年)
ライト級 (2011年 - )
リーチ180 cm (71 in)
拠点フロリダ州ボカラトン
チームサンフォードMMA
レスリングNCAAディビジョン1 (オールアメリカン)
現役期間2009年 -
総合格闘技記録
試合数29
勝利22
ノックアウト10
タップアウト7
判定5
敗戦7
ノックアウト4
判定3
大学ミズーリ大学
ウェブサイトhttp://www.michaelchandler.com/
総合格闘技記録 - SHERDOG
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カレッジレスリング
ビッグ12チャンピオンシップ
2008 リンカーン 157lb級
2009 リンカーン 157lb級

来歴編集

高校時代はレスリングとアメリカンフットボールに励み、アメリカンフットボールではレター表彰を3度受賞した。また成績優秀者名簿に載るほど学業でも優秀だった。ミズーリ大学時代はレスリング部のキャプテンとして、NCAAディヴィジョン1レスラーとして活躍。通算戦績100勝以上を誇り、オールアメリカンにも選出された[2]

大学卒業後、元チームメイトのベン・アスクレンタイロン・ウッドリーが総合格闘家として活躍する姿に影響されてエクストリーム・クートゥアで総合格闘技の練習を始め、2009年にプロ総合格闘家デビュー。

Bellator編集

2010年9月30日、Bellator初参戦となったBellator 31でスコット・スタップと対戦し、1RTKO勝ち。

2011年3月12日、Bellatorシーズン4ライト級トーナメントに参戦。Bellator 36のトーナメント準決勝でマルチン・ヘルドと対戦し、肩固めで1R一本勝ち。続くBellator 40のトーナメント準決勝でロイド・ウッダードと対戦し、3-0の判定勝ち。続くBellator 44のトーナメント決勝戦でパトリッキー・フレイレと対戦し、3-0の判定勝ち。トーナメント優勝を果たし、Bellator世界ライト級王座への挑戦権を獲得した。

Bellator世界王座獲得編集

2011年11月19日、Bellato 58のBellator世界ライト級タイトルマッチで王者エディ・アルバレスに挑戦。一進一退の激闘を繰り広げ、4Rにリアネイキドチョークで一本勝ち。王座獲得に成功した。なお、この試合はYahoo! Sportsのファイト・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

2012年5月4日、Bellator 67のノンタイトルマッチで郷野聡寛と対戦し、右ストレートでダウンを奪いパウンドで開始56秒のTKO勝ち。

2013年1月17日、Bellator 85のBellator世界ライト級タイトルマッチで挑戦者リック・ホーンと対戦し、リアネイキドチョークで2R一本勝ち。王座の初防衛に成功した。

2013年7月31日、Bellator 97のBellator世界ライト級タイトルマッチで挑戦者デヴィッド・リッケルスと対戦。右ストレートでダウンを奪い、立ち上がったリッケルスに追撃の右フックで再びダウンを奪い追撃のパウンドで開始44秒のKO勝ち。2度目の王座防衛に成功した。

世界王座陥落 編集

2013年11月2日、Bellator 106のBellator世界ライト級王座の防衛戦で前王者のエディ・アルバレスと再戦。前戦同様に一進一退の攻防を繰り広げたものの、1-2の5R判定負け。王座から陥落し、キャリア13戦目で初黒星を喫した。

2014年5月17日、Bellator 120のBellator世界ライト級暫定王座決定戦でウィル・ブルックスと対戦し、1-2の5R判定負け。暫定王座獲得に失敗した。当初はダイレクトリマッチでエディ・アルバレスに挑戦予定であったが、アルバレスの負傷欠場によりブルックスとの暫定王座決定戦に変更となった。

2014年11月15日、Bellator 131のBellator世界ライト級王座決定戦でウィル・ブルックスと再戦し、スタンドパンチ連打で4RTKO負け。王座獲得に失敗し、3連敗となった。

2度目の世界王座獲得から陥落編集

2016年6月24日、Bellator 157のBellator世界ライト級王座決定戦でパトリッキー・フレイレと再戦し、1Rに右ストレート一発で失神KO勝ち。王座再獲得に成功した。

2016年11月19日、Bellator 165のBellator世界ライト級王座の防衛戦で元UFC世界ライト級王者のベンソン・ヘンダーソンと対戦し、2-1の5R判定勝ち。王座の初防衛に成功した。

2017年6月24日、Bellator NYCのBellator世界ライト級タイトルマッチで挑戦者ブレント・プリムスと対戦し、足首の負傷によるドクターストップで1RTKO負け。王座から陥落した。チャンドラーはこのストップに納得がいかないと語り、試合後に再戦を希望した。

2018年1月20日、Bellator 192でゴイチ・ヤマウチと対戦し、3-0の判定勝ち。同年4月13日のBellator 197でブランドン・ガーツと対戦し、肩固めで1R一本勝ち。

3度目の世界王座獲得から陥落編集

2018年12月14日、Bellator 212のBellator世界ライト級タイトルマッチで王者ブレント・プリムスと再戦。終始圧倒し続けて3-0の5R判定勝ち。王座奪還に成功し、リベンジを果たした。

2019年5月11日、Bellator 221のBellator世界ライト級タイトルマッチで1階級下のフェザー級王者パトリシオ・ピットブルと対戦し、右フックでダウンを奪われパウンドで1RTKO負け。王座から陥落した。

2019年12月29日、Bellator JAPANでシドニー・アウトローと対戦し、右ストレートで1RTKO勝ち。当初は同大会でベンソン・ヘンダーソンと再戦予定であったが、ヘンダーソンの負傷欠場によりアウトローとの対戦に変更された。

2020年8月7日、Bellator 243でベンソン・ヘンダーソンと再戦し、左ストレートで1RKO勝ち。この試合を最後に長年所属し続けたBellatorから離脱した。

UFC編集

2020年9月18日、UFCと正式に契約[3]

2021年1月24日、UFC初参戦となったUFC 257でライト級ランキング6位のダン・フッカーと対戦し、左フックでダウンを奪いパウンドで1RTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2021年5月15日、UFC 262のUFC世界ライト級王座決定戦でライト級ランキング3位のチャールズ・オリベイラと対戦。1Rに右ストレートを効かせパウンドで追い詰めるのの、2R序盤に左フックでダウンを奪われ、立ち上がったところに追撃の左フックで再びダウンを奪われてパウンドでTKO負け。王座獲得に失敗した。

2021年11月6日、UFC 268でライト級ランキング2位のジャスティン・ゲイジーと対戦。2Rに右アッパーでダウンを奪われるピンチを凌ぎ、終始激しい打撃戦を繰り広げたものの0-3の判定負け。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

人物・エピソード編集

  • Bellatorライト級史上最多である3度の王座獲得に成功している。また、パトリシオ・ピットブルに次いでBellator史上2番目となるタイトルマッチの勝利数「6」を保持している。
  • 2014年に結婚し、2018年には黒人の男児を養子として受け取っている。

戦績編集

総合格闘技 戦績
29 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
22 10 7 5 0 0 0
7 4 0 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ジャスティン・ゲイジー 5分3R終了 判定0-3 UFC 268: Usman vs. Covington 2 2021年11月6日
× チャールズ・オリベイラ 2R 0:19 TKO(左フック→パウンド) UFC 262: Oliveira vs. Chandler
【UFC世界ライト級王座決定戦】
2021年5月15日
ダン・フッカー 1R 2:30 TKO(左フック→パウンド) UFC 257: Poirier vs. McGregor 2 2021年1月24日
ベン・ヘンダーソン 1R 2:09 KO(左ストレート→パウンド) Bellator 243: Chandler vs. Henderson 2 2020年8月7日
シドニー・アウトロー 1R 2:59 KO(右ストレート) Bellator JAPAN 2019年12月29日
× パトリシオ・ピットブル 1R 1:01 TKO(右フック→パウンド) Bellator 221: Chandler vs. Pitbull
【Bellator世界ライト級タイトルマッチ】
2019年5月11日
ブレント・プリムス 5分5R終了 判定3-0 Bellator 212: Primus vs. Chandler 2
【Bellator世界ライト級タイトルマッチ】
2018年12月14日
ブランドン・ガーツ 1R 4:00 肩固め Bellator 197: Chandler vs. Girtz 2018年4月13日
ゴイチ・ヤマウチ 5分3R終了 判定3-0 Bellator 192: Rampage vs. Sonnen 2018年1月20日
× ブレント・プリムス 1R 2:22 TKO(足首の負傷) Bellator NYC: Sonnen vs. Silva
【Bellator世界ライト級タイトルマッチ】
2017年6月24日
ベン・ヘンダーソン 5分5R終了 判定2-1 Bellator 165: Chandler vs. Henderson
【Bellator世界ライト級タイトルマッチ】
2016年11月19日
パトリッキー・フレイレ 1R 2:14 KO(右ストレート) Bellator 157: Dynamite 2
【Bellator世界ライト級王座決定戦】
2016年6月24日
デヴィッド・リッケルズ 2R 3:05 TKO(パウンド) Bellator 145: With a Vengeance 2015年11月6日
デレク・カンポス 1R 2:17 リアネイキドチョーク Bellator 138: Kimbo vs. Shamrock 2015年6月19日
× ウィル・ブルックス 4R 3:48 TKO(スタンドパンチ連打) Bellator 131: Tito vs. Bonnar
【Bellator世界ライト級王座決定戦】
2014年11月15日
× ウィル・ブルックス 5分5R終了 判定1-2 Bellator 120
【Bellator世界ライト級暫定王座決定戦】
2014年5月17日
× エディ・アルバレス 5分5R終了 判定1-2 Bellator 106
【Bellator世界ライト級タイトルマッチ】
2013年11月2日
デヴィッド・リッケルス 1R 0:44 KO(右フック→パウンド) Bellator 97
【Bellator世界ライト級タイトルマッチ】
2013年7月31日
リック・ホーン 2R 3:07 リアネイキドチョーク Bellator 85
【Bellator世界ライト級タイトルマッチ】
2013年1月17日
郷野聡寛 1R 0:56 TKO(右ストレート→パウンド) Bellator 67 2012年5月4日
エディ・アルバレス 4R 3:06 リアネイキドチョーク Bellator 58
【Bellator世界ライト級タイトルマッチ】
2011年11月19日
パトリッキー・フレイレ 5分3R終了 判定3-0 Bellator 44
【ライト級トーナメント 決勝】
2011年5月14日
ロイド・ウッダード 5分3R終了 判定3-0 Bellator 40
【ライト級トーナメント 準決勝】
2011年4月9日
マルチン・ヘルド 1R 3:56 肩固め Bellator 36
【ライト級トーナメント 1回戦】
2011年3月12日
クリス・ペイジ 1R 0:57 ギロチンチョーク Bellator 32 2010年10月14日
スコット・スタップ 1R 1:57 TKO Bellator 31 2010年9月30日
サル・ウッズ 1R 0:59 リアネイキドチョーク Strikeforce: Heavy Artillery 2010年5月15日
リチャード・ブッパーヌウォング 2R 2:07 TKO Strikeforce Challengers 5 2009年11月21日
カイル・スワッドリー 1R 3:30 TKO First Blood 2009年8月8日

獲得タイトル編集

  • Bellatorシーズン4 ライト級トーナメント 優勝(2011年)
  • 第2代Bellator世界ライト級王座(2011年)
  • 第5代Bellator世界ライト級王座(2016年)
  • 第7代Bellator世界ライト級王座(2018年)

表彰編集

  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(1回)
  • UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(1回)
  • レスリングNCAAディヴィジョン1 オールアメリカン(2009年)
  • SHERDOG ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー(2011年)
  • Yahoo! Sports ファイト・オブ・ザ・イヤー(2011年/エディ・アルバレス戦)

ペイ・パー・ビュー販売件数編集

開催年月日 イベント 販売件数 備考
2021年05/15_5月15日 UFC 262: チャールズ・オリベイラ vs. マイケル・チャンドラー 030_30万件 ESPN+
米国内[4]

脚注編集

  1. ^ [1] UFC公式サイト
  2. ^ Micheal Chandler MIZZOU TIGERS
  3. ^ Michael Chandler signs with UFC, to back up title fight ESPN 2020年9月18日
  4. ^ How many PPV buys did UFC 262 sell? sportskeeda 2021年5月20日

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
エディ・アルバレス
第2代Bellator世界ライト級王者

2011年11月19日 - 2013年11月2日

次王者
エディ・アルバレス
空位
前タイトル保持者
ウィル・ブルックス
第5代Bellator世界ライト級王者

2016年6月24日 - 2017年6月24日

次王者
ブレント・プリムス
前王者
ブレント・プリムス
第7代Bellator世界ライト級王者

2018年12月14日 - 2019年5月11日

次王者
パトリシオ・ピットブル