メインメニューを開く

マイケル・ブース(Michael Booth)は、イギリスのフード・ジャーナリスト、トラベル・ジャーナリスト。サセックス生まれで、現在はコペンハーゲン在住。2010年「ギルド・オブ・フードライター賞」受賞。

パリの有名料理学校ル・コルドン・ブルーにおける1年間の修業と、ミシュラン三ツ星レストラン、ジョエル・ロブションの“ラトリエ”での経験をつづったSacré Cordon Bleu(邦訳『英国一家、フランスを食べる』)がベストセラーとなった。

デンマーク人の妻リスン、長男アスガー、次男エミルと共に家族で日本に滞在し、日本料理を食べた記録Sushi & Beyond: What the Japanese Know About Cookingは、『英国一家、日本を食べる』『英国一家、ますます日本を食べる』として翻訳され(後者は、日本版独自の追加内容あり)、2015年にはNHKでアニメーション化され放送されている。

2015年の来日時にはMBSの『水野真紀の魔法のレストランR』に出演し、関西の食文化を取材した[1]

著書編集

  • Just As Well I'm Leaving: To the Orient with Hans Christian Andersen (2005)
  • 『英国一家、フランスを食べる』Sacré Cordon Bleu: What the French Know About Cooking (2008)(ペーパーバック版改題 Doing without Delia: Tales of Triumph and Disaster in a French Kitchen [2009])
  • 英国一家、日本を食べる』『英国一家、ますます日本を食べる』 Sushi and Beyond: What the Japanese Know About Cooking (2010)
  • Eat, Pray, Eat: One Man's Accidental Search for Equanimity, Equilibrium and Enlightenment'" (2011)
  • The Almost Nearly Perfect People: The Truth About the Nordic Miracle (2014)
  • 『英国一家、インドで危機一髪』(KADOKAWA、2016年)
  • 『限りなく完璧に近い人々』(KADOKAWA、2016年)
  • 『ありのままのアンデルセン』(晶文社、2017年)
  • 『英国一家、日本を食べる』上・下(KADOKAWA、2018年)
  • 『英国一家、日本をおかわり』(KADOKAWA、2018年)

出典編集

外部リンク編集